« 2004年度振り返り:レポート編(その4) | Main | 2004年度振り返り:レポート編(その5) »

March 15, 2005

スクーリングの成果?

先日、町を歩いていたら、信号待ちになりました。そのとき、そばにあったDPE屋さんでは、写真関係のサービスとともに、名刺の印刷サービスをしていました。
そこでは、「30分程で制作します」との謳い文句で、30〜40位の見本を展示していたので、つい見入ってしまいました。というのは、2月のスクーリングは「デジタルタイポグラフィ」で、課題として名刺を作ったからです。
(絵が上手く描けない私は、タイポグラフィという分野はちょっと気になっています。)

で、それらの名刺をショーウインドウ越しに見ていたのですが、名刺全体のデザインよりも、日本語の文章と英文の文章とで行頭がバラバラだとか、”-”と数字の字間が狭すぎるとか、スペーシングやカーニングがしっかりと処理されていないのが気になってしまいました。(多分、入力したままのベタの状態なのでしょう)
これは見本だけの話で、本番ではちゃんと処理されていると思いますけど...
時間の制約等で間に合わなかったのかもしれませんが、見本だからこそ、しっかりと作って欲しいかったですね。そういう些細なことを確実にこなすことが、私のようなアマチュアとプロとの差だと思います。(偉そうなコメントでごめんなさい...)

« 2004年度振り返り:レポート編(その4) | Main | 2004年度振り返り:レポート編(その5) »