« トリビアの種 | Main | 東京藝術大学 »

March 17, 2005

取り込んだ画像とは?

年初に、canopus社のビデオコンバータ(ADVC-55)を購入しました。
これは、アナログビデオ信号をDV信号へ変換して、Firewire(またはiLink)でPCに取り込めるようにするものです。(Win/Macの両者で使用可能)
これを購入した目的は、手持ちのデジタルカメラから動画のライブ映像をPCに取り込みたいというものでした。実際には、DVカメラを買えばこの目的を簡単に達成できるのですが、もっと安く上げる方法はないかと思案して、この方法にしてみました。
今まで動作確認してなかったのですが、久しぶりにVHSビデオを使う機会があったので、ちょっと使ってみました。
すると、ビデオコンバータのLEDが赤(停止)のままで、MacのiMovie上に全然画面が表示されないではありませんか...
後日、canopus社のWEBを見ると、iMovieのバーションが古いと誤動作するということで、iMovieをバージョンアップ(無償のver2.xからver3.0へ。これもかなり古いけど)したところ、画像が表示されるようになりました。

と、いう訳で、試しに、スクーリング科目「アニメーション2」の課題として作ったドローイングアニメーション作品を取り込んでみましたが、鉛筆の部分がかすれて、見づらい画像となっていました。
いつか、機会があれば修正したいなあ。

« トリビアの種 | Main | 東京藝術大学 »