« 7月の学習 | Main | 最近のデザイン本 »

July 19, 2005

三連休

この三連休は実家に帰省しておりました。

お墓参りをする8/13は土曜日なので、それに合わせて帰省することもできたのですが、スクーリングの開始が8/20であり、また、翌週(8/22の週)は平日に休暇を取る必要があるので、改めて休暇を取る必要がない三連休ということで帰ってきました。
一目母親に元気な顔を見せれば、帰省する用事の大半は終了するということで、三日間で問題無いでしょう。(さすがに土日のみはキツイ)
マイレージで一往復分の特典航空券が使える状態でもあったというのもチャンスでしたね。

北東北に位置する秋田ですが、夏は暑いです。(実家のある町は、今年は秋田県で一番最初に気温が30度を越えたそうで)
ただ、湿度が東京・横浜より低いですし、夜は気温が下がるので、まだマシですね。熱帯夜になることも少ないですし。

帰省している間は仕事と学習は離れて、流れゆくままに過ごしてみました。
移動も車がメインで、夜は食べて飲んで。お陰で体重が少々増加...

なので、先日購入した「現代建築のパースペクティブ」という本を持参したのですが、全体の1/5程しか読みませんでした。
読んだ部分まででは、同じ東北である仙台市で2002年以降に立てられた建築物や、金沢の21世紀美術館が気になりました。
ですが、一番に気になったのが、

里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ。

ここは、新潟県で2003年夏に開催された「大地の芸術祭 アートトリエンナーレ」で作られた建築物の一つというです。
ちなみに「キョロロ」とは、「アカショウビン」というカワセミの仲間の鳴き声から付けられたニックネームとのこと。
名前がインパクト有りですが、構造的にもインパクト有り。
山中にあるので、移動が大変そう...

ところで、2003年といえば学校に入学する前の年なので、芸術祭の開催とかには、ほとんど関心が無かったなあ...

« 7月の学習 | Main | 最近のデザイン本 »