« 一週間振りに帰宅 | Main | スクーリングで滞在中に »

August 28, 2005

たまには美術館へ

やなぎみわ氏の展覧会が開催されているということで、品川の原美術館へ行ってきました。
関西以北では初めての個展だそうです。
今回は、「無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語」と題された展覧会でしたが、予想通り、ちょっと不思議な世界でした。

やなぎみわ氏といえば、本学の身体デザイン論のテキストにも載っている「エレベーター・ガール」シリーズとか、「Grandmothers」シリーズとありますが、今回の「寓話」シリーズでは、「Grand...」でも使用している特殊メイクを加えることで、オリジナルのストーリー(グリム童話など)に更なる毒を与えていました。(「シンデレラ」という作品は、まさに無慈悲な少女。無表情な少女が怖いなあ...)

また、このなかで「砂女」(あるいはテント女)という新たなキャラクターも想像されていて、このキャラクターによって、今後新たな作品の展開が生まれそうで面白いですね。

追記:やなぎみわ氏は本学の客員教授です。(一応説明...)

« 一週間振りに帰宅 | Main | スクーリングで滞在中に »