« 「プロダクト2」の二日め | Main | 一週間振りに帰宅 »

August 26, 2005

「イラスト1」のスクーリングの話

京都に台風が直撃するかも、ということで、先生含めてヒヤヒヤしていたのですが、京都市内は全然大丈夫でした。
そのかわり自宅のある関東に直撃しそう...
戸締まり大丈夫だよなあ。

さて、先日、今年入学した人と話をする機会があり、「イラストレーション1」のスクーリングを受けるけど、「自分は絵がちょっと...」という話をされてました。
確かに、絵が上手いほうが良いのですが、このスクーリングは、「平面上での表現」を最終課題としています。
私が受けたときには、「平面作品」と許容されるものであれば、どんな表現方法を使っても構わないと言われました。

私の場合、アクリル絵の具は、表現力が多彩という先生のアドバイスもあって(先生が持ってきた画材の参考資料がアクリル絵の具の本だった)、初めてアクリル絵の具を使いました。絵がヘタで、絵の具の技法も全然知らないという状況ですが、初めてだからこそ、やってみるかという感じでした。(どこかで使うしかないという状況に陥るかもしれないので。)

でも、同じスクーリングでは、ワープロで文字だけを使って表現した方や、デジカメのプリントアウトを組み合わせた方が居ましたので、絵の具にこだわる必要は無いです。
私も講評のときに、絵の具だけではなく、色紙やアルミホイルを使っても良かったかも、というコメントを頂きました。実は毛糸を使う考えはあったのですが、購入に走る気力が無かったんですよね。

なので、(乏しい私が言うと説得力無いですが、)このスクーリングのキモは、構想/発想力なのかもしれません。

« 「プロダクト2」の二日め | Main | 一週間振りに帰宅 »