« 夏スクの結果 | Main | 「デザイン文化論」の課題 »

October 06, 2005

昨日の衝動買い

「造型論」の参考のために、クリムトの本はどうかな、と会社帰りに書店へ物色に行ったのですが、なぜか「茶室とインテリア」という本と「黒澤明、宮崎駿、北野武〜日本の三人の演出家」という本を買ってしまいました。
いや、書店にあったクリムトの本には、望んでいた作品が掲載されていなかったんですよね。

この2冊のうち、前者は最近出版された空間デザインの本で、日本独特のデザイン要素を日常空間にどのように反映して行くのか、ということをメインに据えた本みたいです。自分としては、デザイン文化論の延長にあるものとの意識かな。
後者は、実はレポート課題「空間論」の参考文献としてシラバスに掲載されている本です。でも、この本は、初版が出版されてから10年以上経っているんですよね。

杉本博司氏の本、「苔のむすまで」(新潮社刊)も半分しか読んでないのに、本増やしてどうする、っという感じですけど。(自業自得...)

« 夏スクの結果 | Main | 「デザイン文化論」の課題 »