« 「師走」その2 | Main | 「地域文化演習」の二日目 »

December 06, 2005

「地域文化演習」の初日

この土日は、「地域文化演習f」ということで、鎌倉まで。

初日の12/3(土)は午後からスクーリング開始。
まずは北鎌倉の東慶寺から。
ここでは、ご住職から、時折、ユーモア(御本人は、寒くなるギャグと言われてましたが)を交えて、東慶寺の成り立ちや、本堂や書院にある仏像や書に対するお話を聴かせて頂きました。
東慶寺と言えば、昔は縁切寺だったことで有名ですが、駆け込んできた女性を養うために、幕府から高利貸し業を営む許可が出ていたこと、そしてそれがY銀行(私の学費振込の口座が有る)の前身となったということは知りませんでした。
また、徳川幕府公認の縁切寺は、2つ(鎌倉と群馬)しか無かったとのこと。これも、今回、初めて知りました。
東慶寺では、墓地に眠る鎌倉文人達のお墓へ。ここには、岩波書店の創設者や小林秀雄のお墓とか有るんです。

東慶寺の見学が一通り完了したあと、今回の学習のテーマがK先生から伝えられました。
それは、「女神信仰と鎌倉を支えた女性という観点」で体験すること。
日本で初めて幕府という「男社会」が築かれた鎌倉で、それを支えた女性(あるいは女神)を体感してほしいとのことでした。(ちなみに、東慶寺は、豊臣秀頼の側室の息女の言葉によって、縁切寺として徳川幕府に承認されたそうです)

東慶寺の後は、徒歩で鶴岡八幡宮へ。
今回の参加者は、学生53名とK先生、事務ということで55名の大所帯。
東慶寺から鶴岡八幡宮までの約20分、誰が学生で誰が一般の観光客だか全然判らない...

鶴岡八幡宮では、まずは参拝。
初めて公式な形での参拝を経験しました。(玉ぐしの奉納とか、巫女さんの舞とかの儀式が加わる)
そのあと、宮司さんより、宝物館や境内にある若宮や白旗神社、そして流鏑馬の会場(この鶴岡八幡は毎年9月に流鏑馬が開催される)を案内されました。

初日の最後は、同じ鶴岡八幡宮の境内にある、神奈川近代美術館へ。
閉館30分前に入場となったので、駆け足で見学となった次第。

さて、初日のK先生の「法螺貝」登場は2回でした。
一回目は東慶寺のご本尊で、二回目は白旗神社で。白旗神社では、外人さん達、何事かとびっくりしたのかなあ。
あと、東慶寺の鈴木大拙のお墓の前で、笛の演奏も有り。これって、鎮魂の曲だったのかな。

ところで、この日は、朝にアラレが降ったり、乗ろうとした電車が車両点検で遅れて集合時間ギリギリになったり、ついでに、今シーズン一番の冷え込みということで、スクーリングの途中から鼻水が出てたり..(失礼)
ということで、いろいろあった初日でした。ちなみに、この日は誕生日でした。(ビミョ〜な年齢になってきた)

« 「師走」その2 | Main | 「地域文化演習」の二日目 »