« 今日から新年度 | Main | 建て替え »

April 02, 2006

東高円寺まで

今日(4/2)は東高円寺まで行ってきました。
目的地は女子大!!

いや、決して邪な事ではありません。
TDC(東京タイポディレクターズクラブ)主催のデザインフォーラム「tdcday」
が開催されるということで、女子美術大学杉並キャンパスへ。
このフォーラムは、2005年度の東京tdc賞受賞者とtdc会員、併せて7名の第一線級のデザイナ/エディタによるレクチャーと対談というものでした。
それを迎える参加者は事前登録の250名限定ということでしたが、8割以上は20歳代という感じ。
中身は、
■ 今回のtdc賞受賞者の一人である香港のレス・ソン氏(ブックデザイナであり、大学の教授)のレクチャー。フォローは祖父江慎氏。
■ 同じく今回のtdc賞受賞者の一人である塚本陽氏の話。
■ 中條正義氏と服部一成氏の対談。
■ tdc賞受賞者の一人であるイギリスのデザインユニットnon-formatのレクチャー。
■ 本年度tdcs賞のグランプリである中島英樹氏と後藤繁雄氏の対談。
という、併せて6時間に渡るもの。

レス・ソン氏の本の持つ「文体」を打破しようとする考えにインパクトを憶えました。氏の言うように、著者と読者との間をコミュニケーションするものが「本」であれば、もっといろいろなアプローチがあっていいのかも。
祖父江慎氏のキャラクターいいなあ。
non-formatは、「WIRE」という雑誌(手がけた全てのもの?)やCD/DVDに対するデザインコンセプトを紹介していましたが、資料の準備が一番しっかりしてましたね。しかもタイポフェイスの制作も手がけているという多才な面もありました。
少々発散気味の内容でしたが、中島氏と後藤氏の対談は、デザインの第一線にあるお二人の「リアルな話」が聴けました。
「アブストラクトなデザイン」、「ミニマムなデザイン」と言われる中島氏が、21世紀ではどんなスタンスでデザインを捉えて行くか?
氏は、90年代が「謎を消していくデザイン」であれば、これからは「謎を増やすデザイン」の必要性を説いていた。
まるで、謎掛けをされたような感じ。でも、デザインをするという行為の根底にある思想や葛藤を垣間みたような...

という訳で、ボケた頭になんか刺激を与えてくれたような午後でした。
今回の受賞作品は、TDC展として、銀座のgggで明日から開催されるそうです、(〜4/26)行かねば。
そうそう、帰り道に本屋に寄ったら、今回の「pen」はタイミング良く雑誌デザイン特集。
これは買うしか無いということで...

« 今日から新年度 | Main | 建て替え »

「デザイン関連」カテゴリの記事

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ