« 京都の近代住宅建築 | Main | 日曜日はピン? »

February 25, 2007

土曜日は森美術館へ

昨日(2/24)は、森美術館へ。
途中、横浜駅前のYバシカメラで、デジカメ用のレンズフィルタとピンホールレンズを購入。
レンズフィルタは、明るい場所でも低速のシャッタースピードとするための減光用を購入しました。うちの「ゆらゆら」写真を撮る際、絞りとフィルム感度を調整してやってるんだけど、もっと低速にしてみたかったんで。
ピンホールレンズは、この前の卒制・最終プレゼンで久しぶりにお会いしたM本さんに教えて頂いたもの。35mmの一眼レフカメラで、通常のレンズに替わりに取り付けると、ピンホール写真が取れるそうな。

横浜からはJRで浜松町まで移動。
湘南新宿ラインに載れれば恵比寿を経由する予定だったけど、電車の時間が合わなかったんで。
実は、日頃の運動不足を解消するため、恵比寿から六本木まで歩くつもりだった。天気が良いときには何度かやっているだし、途中でコーヒー飲んで、なんで考えていたんだけど。なんで、今回は浜松町から歩いてみる事にした。
浜松町の駅からは、増上寺〜愛宕タワー〜城山トラストタワー〜泉ガーデンタワーと経由して、六本木通りに入り六本木ヒルズへ。途中でコーヒー飲んで一休みしてたんで、1時間ちょっとの行程でした。(浜松町15時頃〜六本木16時頃着)
地図とか持って出かけなかったんで、高いビルを目安に、以前自分が通った事があるところ選んで進んでいきました。なんで、非効率的なルートなのかな。

森美術館では「日本美術が笑う」と「笑い展」を併設開催中。新旧の笑いの比較というのも企画の一つらしい。
でも、「笑い」をテーマにするのは難しいですね...
特に「笑い展」の方は、現代アート作品がメインの展示なんで、作品の表現方法も様々であることから、まずはその部分が上手く受け入れて貰えないと、その次の「笑い」を引き出すという部分まで到達できないように思える。
どっちかというと、「日本美術が笑う」の方が好きかな。「笑い展」も個人的には気にいった作品もあったけど、「日本美術が笑う」の作品には、クス、っと笑ってしまうようなものが多かったし。でも、「笑い展」の方で幾つかあった、「バカバカしいことを一生懸命やっている」みたいな作品も結構好きなんだけどね。

森美術館のあとは、青山ブックセンタの六本木店に立ち寄り。
以前からシンディ・シャーマンの"Untitled Film Stills"が載っている写真集が欲しいなとおもってたんで、「デザイン本の本」(秋田寛著/ピエブックス)とともに購入。ホントはもう一冊欲しい本があったけど、ここでは我慢...

この時点で既に19時過ぎてたんで、日比谷線で日比谷まで移動、日比谷から新橋まで歩いて、夕食(飲み屋で一杯とも言う)を取って帰ってきました。

移動や見学中で歩いていたんで、運動不足解消と脳の刺激にはなったのかな?

« 京都の近代住宅建築 | Main | 日曜日はピン? »