« 忘れてた... | Main | 「近現代美術」の第二課題 »

February 03, 2007

今日はサテキャンへ

単位修得試験を受けに行ってきました。
前日、ちょっとでも試験準備をしようと思ったのに、しっかりと寝てしまいました...
部屋が寒いんで、布団の中でテキスト読もうと思ったのに、電気点けたままで。起きたら7時前でしたよ。
と言うことで、最近帰宅が遅いのもあって、準備不足のまま試験に突入。
結果は言わずもがな...

ちなみに、今回受けた2科目の試験問題はこんな内容でした。
■ 写真芸術論
「報道写真が担う社会的役割について、具体的な事柄を取り上げて論じ、今日の報道写真に期待する方向を示してください」 
■ 近現代美術
「社会動向に鋭く反応した作品を生み出したとあなたが思う作家とその代表的作品を挙げ、社会の中で芸術の果たす役割について考えを述べてください」

試験のあとは、運動も兼ねて東京駅傍の丸善丸の内本店まで。
途中で日本橋を経由したらプロネタリウムが設置されてました。その前には屋台があって、ちょっと気になったけど素通り。(秋田の横手焼きそばがあったけど、品切れでした)

Pa0_0020_1


こっちは、焼き芋屋さんの屋台。

Pa0_0019


丸善では専門書のフロアだけで1時間以上も居座ってしまいました。試験用のテキストと参考書併せて6冊の本を抱えたままで立ち続けたんで疲れました...
今回は、ブルーノ・ムナーリの「ファンダジア」を購入。この人、絵本作家だけでなく、大学で教鞭を取っているデザイナーでもある。
で、某著名デザイナーが参考になったと言っていたが気になってたんで、今回購入。ついでに、フォトモンタージュの本も。それに加えて、危うく、高額の本(定価8千円也)を衝動買いしそうになったけど、手に取ってレジに歩き出した直後に、理性が働いて購入を踏み留まりました。
でも、会計のとき、私の隣に居た男性(30代前半)は、医学書等の専門書合計2万円以上を現金でお買い上げでした...
今回購入の本、学業オフ期間で読めるかなあ。

« 忘れてた... | Main | 「近現代美術」の第二課題 »