« 今年度最後の課題評価結果 | Main | 今日もトライ »

March 04, 2007

林芙美子記念館へ

昨日の土曜日。
外に出たら、日差しは弱いけど、気温は高めであたたかい。
でも、喉がイマイチなのは相変わらずで、加えて、ちょっと咳をするようになった。
それでも、寝込むほどの状況でも無く、逆に暇を持て余しそうだったんで、昼過ぎにウチを出ました。

まずは床屋さんへ。
ここのご主人は写真が趣味で、しかもフィルム一辺倒とか。
帰り際、他のお客が居なかったこともあり、写真の話になった。私もフィルム使いますよ、と答えたら、「どんなフィルム使っているんですか」、と言うような有りがちな質問を受けたり。
けれど、そのあたり、あんまりこだわって無いんですよねぇ...(そういえば、F社のフィルムが多いかも?)

そのあとは、銀座方面と新宿方面のどちらに行こうか悩んで、結局、新宿方面へ。以前から行きたいと思っていた「林芙美子記念館」を目的地としました。
途中、電車の中で読む雑誌でも買おうかと思って本屋さんに寄ったら、

■ 「東京建築ガイドマップ 明治 大正 昭和」(倉方俊輔、斉藤理監修・執筆/エクスナレッジ)

という本を発見!!
丁度、目的地周辺の建築物も紹介されたので、早速、購入しました。
でも、中野/杉並/練馬と分類された該当エリアでは、主要建築物が広範囲に点在しており、「林芙美子記念館」はそのエリアでは一番東にあるんで、時間的にも他の建築物を見るのは難しそうなので、今回は「林芙美子記念館」だけを見ることにしました。

途中、JR新宿駅から都営地下鉄大江戸線の新宿駅に向かう途中、新宿サザンテラスで一休み(と言うか、写真撮影...)をしてから目的地へ。
大江戸線の中井駅の辺りはさすがに雑然としてましたが、「林芙美子記念館」の辺りは住宅密集地という感じではなく、周囲も静かなところでした。
この記念館、元々は林芙美子の邸宅で、今は、東京都が選定する歴史的建造物の一つとなんですよね。
途中で一休みしてしまったせいで、入館受付時間の16時をちょっと過ぎていたけど、「良いですよ」という言葉に安心して、閉館までの30分弱見て廻りました。
と、いっても一般家屋なんで、これだけの時間があれば十分かも。
数寄屋造りらしいですが、木造家屋の暖かみや、落ち着きを感じさせてくれました。
台所のシンクが石だったのを見て、昔田舎では、そんな家があったよなあ、というノスタルジアも。

Img_2558


その日の夜は飲むことになってたんで、JRの川崎まで。
いつも、京急川崎駅とJR川崎駅との間を移動するときしか駅周辺を歩かないんで(つまり東口側のみ)、待ち合わせまでの時間を使って、ちょっと西口側を見てみることにしたんですが、その変貌振りに驚いてしまいましたね。
T芝の跡地はこんな姿に...

Img_2604


今回はほんの少ししか見れなかったんで、またの機会に見てみようかなと思ってます。
写真は、MUZA川崎の前にある広場での一コマです。

Img_2636

« 今年度最後の課題評価結果 | Main | 今日もトライ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ