« 現在開催中の展覧会 | Main | 本に散財!? »

April 22, 2007

サテキャンに行ってきました

この日曜日は人形町のサテキャンへ行って「情報デザイン概論」を聴講してきました。

勿論、聴講なんで、単位が付く訳では無いんですが、春休み(は無いけど)開けで、ピリッとしない学習生活に対して、学習意識や意欲を与えてくれるとともに、前年度との変更点などが把握できるんで有意義だったかな。特に、今年度から来年度にかけては、スクーリング/テキスト課題とも内容が変革して行く時期なんで、その変更点が確認できて、良かったかな。
ついでに、自分としては、残っている専門のスクーリングとテキスト課題だけを淡々とこなせば卒業条件をクリアすることも再確認出来ました。でも、折角の学生生活なんで、興味がある課題は進めて行こうと思ってます。
在学中でないと、経験できないこともあるはずですからね!!

聴講が終わった後、他の在校生とともにN山先生を捕まえて、個々の課題やスクーリングに関する変更点を再チェックしました。
条件がキツくなっているものもあるみたい。やっぱり、大学なんで簡単には卒業させてくれませんねえ(苦笑)
と言うことで、今年度の学習生活も、少しづつエンジンがかかり始めましたよ。

サテキャンの後は、大手町の丸善本店へ。
洋書のアートコーナーに寄ってみたら、うちの学習会の総長が進めていた、お台場・ノルディック美術館で開催されているグレゴリー・コルベールの「ashes and snow」の公式パンフレット(写真集)とDVDが置かれていたので、早速写真集をチェック。
これ、凄くイイ!!でも高い...
と言うことで、DVDを購入しました。冒頭部分だけ観てみましたが、こちらもイイですよ!
そのあと、こんな本も購入。

■ 「京都の平熱 哲学者の都市案内」(鷲田清一著/講談社)

市バスの206系統で通る地域に対して、著者の体験/記憶を元に、独自の観点で京都を言う都市を論じたという本ですかね。氏の本は読み易いですし(本学のテキストの執筆者もされている)、観光地京都という視点では無く、ちょっと違った視点で京都を観てみたいという方にはお勧めかも。

« 現在開催中の展覧会 | Main | 本に散財!? »