« あの人が... | Main | GWが空けて »

May 06, 2007

アッジェのTV番組

昨日のTV番組「美の巨人たち」は、アッジェの特集(ウジューヌ・アッジェ「巴里の街角」)だったんで、夕食を取りながら見てました。
自らを単なる「記録者」と呼び、生前には自らの写真に対して名前を明かすことは無かったという逸話は、先月購入した本でも書かれていたのですが、1900年の万国博覧会以降に大きく変貌していくパリの街を避けて、古き時代を写真に収めたという番組の解釈が面白かったです。
また、後年になると写真の中から人を排して、純粋な「街の表情」のみを捉えようとしているのも興味深かったですね。自分の街の写真では、その逆にだんだん人が写り込むようになってきたんだけどね。
そういえば、この番組のスポンサーが変わっているのに今まで気づきませんでした...(ちゃんと見ていない証拠か?)

この番組やエリオット・アーウィットの写真展の影響で、久しぶりのモノクロ写真(デジタルではなくフィルムで)が撮りたくなりましたよ。

« あの人が... | Main | GWが空けて »