« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

October 27, 2007

植田正治氏の本

今日は朝から雨でした。
台風接近中とのことだったけど、月曜日締め切りの作業があったんで(それを知ったのは金曜日の夜)、同じ作業をやっている人と内容を擦り合わせのために休日出勤しました。(悲)

で、出勤途中でまたまた本屋さんに寄ってみたら、こんな本を発見!!

■ 「植田正治の世界」 (コロナ・ブックス 136) (植田正治事務所著/平凡社)

「生涯アマチュア写真家」、あるいは「中央に出ずに山陰の自然とともに」という姿勢が素敵ですが、それにも増して気になったのは「カメラを持って写真を撮ると言う行為は、不可避的に現実を変容させる、つまり演出をしてしまうものである」という、植田氏の作品へのコメント。
写真というものの本質を考えさせられてしまいます。
でも、そのような難しいことは別として植田氏の作品は好きなんですよねえ〜
植田氏の故郷である鳥取には植田正治写真美術館があるんですが、写真コースのスクーリングでは、ここと鳥取砂丘に行くらしいですね。羨ましい!!
私も機会はあれば行ってみたいです。ついでに境港で鬼太郎ロードを見たりしてね。(笑)

タイポグラフィの本

先週、スクーリングで京都に行ったとき、久しぶりに四条通りのジュンク堂書店へ。
もしかしたら、ここが一番好きな書店かもしれない...
専門書の多さは勿論のこと、新刊だけでなくてちょっと前の本も置いてあって、しかも全てのフロアの本の会計が1階レジでの集中精算というのが嬉しいですね。本を纏め買いするときにカードで精算、っていうケースもあるんで。
大規模書店だと複数フロア構成のところがあるけど、各階にレジがあるような状況だと、毎回(毎階!?)カード精算と言うのは面倒な訳なんですよね...

と言うことで、京都のジュンク堂書店ではこんな本を購入しました。

■ 「Typographic Systems〜美しい文字レイアウト、8つのシステム」(Kimberly Elam著/今井 ゆう子訳、BNN)

タイポグラフィ、つまり文字をメインとしたグラフィックデザインでは、8つの基本形があるということで、その基本形を事例とともに解説した本です。タイポグラフィの最初のスクーリングで、文字見本帳の表紙を作成する課題があるけど、この課題の参考になりそうですね。と言っても、この本で挙げられているパターンはあくまでも基本形ですから、そこから発展させるのは自分の力量なのかな?って、私は欠如してますねえ...(苦笑)

October 25, 2007

こんな時期になったか...

来月の頭から卒制着手申請期間となります。
とうとうこの時期になってしまったか...
現状では、着手条件に対して、専門のテキスト課題の合格だけが到達していない状況なんで、年度内で合格出来るという前提で申し込んでおくか、最初から諦めてもう一年じっくりと卒制への充電期間にするか、ちょっと悩んでます。確かに焦って卒業する理由も無いんですよねえ...
日々の授業を受けるうちに、否応無しに課題を突きつけられる通学生と、自分達で授業を選択したことで生じた課題を自発的に取り組む通信生では「違い」があるんですよね。
でも、結局はフルタイムで授業を受けられる通学生のほうが、課題への取り組む時間が長い分、蓄積が多いんじゃないかなあ、なんで思ってしまう次第です。
通信だと、数ヶ月のうちの数日(かなり抽象的だなあ)を集中的に取り組んでも、それがどれだけの蓄積として転化されるんだろう、なんて悩んでみたりします。
これって、あくまでも個人的な意見ですが...
大学に長居すると金銭的なことも大変ですが、それは別としてですよ(苦笑)

October 24, 2007

最近の専門課題の結果について

昨日の夜(正確には10/23の1時頃)、ここに記事を書こうとしてたら途中で強烈な眠気に襲われたんで、メモとして保存して、また後に書くことにしました。
で、そのメモを昨日見返してみたら、自分でも意味不明な一文が載ってましたよ...
以下がそのメモ書き。

-----------------------------------------

「情報デザイン基礎2」の演習課題(地図)が返ってきました。
一言で言い表すと、「独自の視点の欠如」ということかな?
これは「情報デザイン基礎1」の演習課題でも言われていたことなんですよが...
つまりは、自分なりの「オリジナリティ」を見つけるように、と言う難しい課題をムハ
ンマド(弟龍デユゥーに頂いて、その近道として、提起されたんだけど、この視点って
、去年度の最終プレゼン対応として放出してしまったモノと同じかもしれません。(苦
笑)

-----------------------------------------

「オリジナリティ」については、最終プレゼンに至る課程で散々言われたことなんですよね。だから、最終プレゼンで、ある程度の形を作り出してしまったんで、その後は放心状態にあることは歪めないですねえ...
この点は素直に反省しないといけないですね。

でも、「ムハンマド(弟龍デユゥーに頂いて、その近道として、提起された...」という文章については、自分でもよく判んないです。かなり強烈な眠気の中でキーボードを叩いていたとは思うけど、何を考えてたら、こんな文章ができるんだろう???
まぁ、そんな不可思議なことは置いておいて、「独自な視点」を持つということは、かなり重要なことであると再認識しているところです...

October 22, 2007

京都から戻ってきました

三日間の「世界単位研究:イスラーム」のスクーリングが終わりました。
今回は、初めての総合科目の座学系スクーリングでしたが、まあまあ楽しめました。
ちょっと疲れが出て(前日の呑み会のせいか!?)、眠気に耐える場面がありましたが、完全に寝入ることはなく何とか耐えてました...
興味深かったのは、やっぱり現代のイスラームに関する部分かなあ?
イスラーム原理主義ってのが、何なのか知ることができたし。
でも、もう少し突っ込んだ話が聞きたかったと言う気持ちもあるけどね。
本当は、イスラームで一番気になっているのは建築の分野でドームやミナレットという特徴的な形式についての話や、建物を覆う装飾の話なんか聞きたかったけど、さすがに建築が専門の先生では無いんで、今回の講義ではさらっと流されてしまいました。まあ、普通そうですよねえ...(苦笑)

専門のスクーリングの終了時間より早く終わったんで、予約した新幹線の時間を変更して、いつもより1時間以上早く帰宅できました。でも、帰宅したら、既に再提出結果が出ていた課題がポストに入り切らずも郵便局へ持ち帰られてたんで、荷物を置いて、ついでに溜まっていた洗濯物を洗濯機に押し込んで、それから夜の街へ自転車を繰り出して郵便局まで行ってきました。ちょっと面倒。しかも、横浜も夜風が冷たくなって来たし...(って、それは気持ちか?)

と言うことで、帰宅早々バタバタしてます。持ち帰った課題の評価についての話題は又の機会で。

October 19, 2007

初めての座学系スクーリング

今日から総合科目のスクーリング「世界単位研究:イスラーム」で、朝に京都入りしました。
入学して初めて座学系スクーリングです。過去に受講の機会は有ったのに、ことごとくキャンセルしてたんで、4年目にして初めてです。

ところがですよ...
仮眠程度でと一眠りするつもりが完全に寝入ってしまって、スクーリングを遅刻してしまいました(悲)
出席カードを集めるまでに教室に入室できたんで、何とかなったみたいですが...

そんなととんでもない一日のスタートとなってしまいましたが、スクーリング自体は居眠りせずに聴講出来てます(笑)
滅茶苦茶に楽しいという訳ではないですが、ちょっと横道に逸れての軽い話を織り交ぜたり、途中で関連グッズが回覧されてきたり、とそれなりに楽しめている講義です。でも、総合科目初めての座学系スクーリングの参加なんで、他のスクーリングと比較が出来ないんですけどね。

スクーリングの後は、学習会仲間のFさんと二人で懇親会(ただの呑み会!?)を。
場所は、かつて一度だけ入ったことが有る四条の「笑い屋」さん。美味しかったです!!

そうそう、朝の移動でタクシーを使ったら、運転手のオヤジさんが暫くメータを倒すのを忘れてて、料金がちょっと安くなりました。
遅刻(寝坊)というトラブルがありましたが、ちょっとだけラッキーでした(笑)

こんな時間に...

仕事の調整がついて、この金曜日から京都でのスクーリングに出席できる状況になったけど、休暇を取る前に終わらせておかなければいけないアイテムが何点かあって、帰宅したのは午前様(25時ちょっと前)。
帰ってから夕食を採るという状況だったけど、食後直ぐに寝てしまうと翌朝が腹痛になる可能性が大きいんで、Macの前でちょこちょこと作業してたらこんな時間になってしまいました。(苦笑)
朝一の新幹線で移動することになるんだけど、ちゃんと起きれるのかなあ...

October 17, 2007

週末はスクーリングだけど

私はスクーリング(の予定)なんで参加できませんが、今週末の土曜日は、東京サテキャンでゆるゆる学習会です!
専門課題に行き詰まっている私には、一般のスクーリングより学習会で情報入手した方がいいかもしれない…
でも、いまからキャンセルしてもお金が戻らないし、仕事中心の日常にメリハリが付くかなぁ〜
それに京都での交流会と重なっているんで、精神的なリフレッシュになるかな?
と、あくまでも金曜日に休暇が取れたら、ですね。
だから最初の文章で「予定」だったりして(苦笑)

October 14, 2007

土曜はこんなふうに

この土曜日は当初休日出勤で考えてたけど、日曜日の方が天気が悪そうなんで、カメラを持って出かけられそうな土曜日を休みにして、日曜日を出勤にすることにしました。
と言うことで、都内の展覧会情報をウェブでチェックしてみたけど、美術館で印象派の作品を観るのもいいけど、そんなに行く機会も無いし、土曜日で無いと開いていない(通常、日曜日は閉館)銀座のギャラリーに行ってみることにしました。
結局行ってみたのはコンテンポラリーアートの展示をしている3箇所くらい。
Live&Morisギャラリー現Gallery銀座一丁目
あとは外から様子見という感じかなあ〜
途中、ニコンサロン銀座を見つけたんで、1階のサロンで展示されていた小林伸一郎展を観てきました。
ここでは、最近出版された「最終工場」のなかから幾つかの作品が展示されてました。
作者の視点が面白いです。機器や施設が使われないままに時間を経ることで、本来の姿からオブジェへと変化してしまったのが伺えます。そうそう、ニコン+ポーターのバックが気になりました!!
Img_0252a


銀座のあとは、六本木に移動して、国立新美術館で「安齊重男の“私・写・録(パーソナル フォト アーカイブス)”1970-2006」を観てきました。
これ、面白かったです!!
単なる写真の展覧会ではなく、1970年以降の日本の現代美術の変遷を垣間みることができる、まさにアーカイブですね。
本学の関係者では、藤本由紀夫氏、束芋氏、ヤノベケンジ氏のポートレイトが展示されてました。
直接の本学関係者では無いですが、小本章氏のポートレイトもありました。(はて、この繋がりを知る人はどのくらい?)
六本木では、ABCに寄って本を物色して、そのあとは夜道を歩いて浜松町までふらふらと。
明るい日中しか歩いたことが無かったんで、ちょっと楽しめました。

Img_0338a

Img_0366a


しっかりと計画していれば、もうちょっと違った楽しみ方があったかもしれないけど、今日は良しとしましょうね。

October 13, 2007

リメイク作品

昨日、某新聞の映画レビューのコーナーで「ヘアスプレー」という作品が紹介されてました。

なんか懐かしい...
そうなんですよ。
この「ヘアスプレー」は、1980年代に初めて映画で登場したあと、ブロードウェイ・ミュージカルとして成功し、それを受けて映画としてリメイクされた作品なんですね。
と言っても、最初の映画を実際に観たことは無くて、雑誌やチラシ、予告編でしか知らないんですが、主演のディヴァイン(女装をする男優...)のインパクトと、監督がジョン・ウォーターズだったということで、この映画の事は印象が強いんですよ。
今回のリメイク版では、「あの」クリストファー・ウォーケンのダンスシーンがあったり、ジョン・トラヴォルタ が以外な役で出ていたりするみたい。それが気になって、観たくなってきました。ああ、気になる...

ところで、建築家の黒川紀章氏が他界されたとのこと。
今年になってからの活動をみると、なんで政治の世界に、という感じがあったけど、自分の死期を悟った上で世の中に警鐘を鳴らさなければ、という行為の現れだったんでしょうかね...
この辺り、どんなふうに捉えればいいのか、ちょっと考えてみますかねえ。

October 12, 2007

藤本氏

この前の連休に、SHUGOARTSへ藤本由紀夫氏(本学の先生でもあるけど、ここではアーティストとして扱わせて頂きます)の「静/聴」展を観に行ったことは記事として書いたけど、JDN(Japan Design Net)のウェブ内のコーナーで、現代の人気アーティストとして紹介されてました。
ヴェネツィア・ビエンナーレの個展を含めて、今年は既に5つの展覧会を開催されているとのことで、その精力的な活動は目を見張るものがあります。
で、それに刺激されたのか、SHUGOARTSに行ったとき、衝動的に大阪の国立国際美術館での「+/−」展の展覧会カタログを購入してしまいました。と言うことで、このカタログを読みながら、「自分もそろそろ何とかしなきゃなあ」と漠然と考えているところですよ(苦笑)
自分には想像力も実行力も無し、と反省しつつ、これから先を悩んでいる、って感じですねえ...

October 08, 2007

日曜日

昨日、日曜日は、昼から2時間程横浜市の中央図書館で調べ物。
運よくPCを使える机を確保できたけど、30分位は文献探しをしてたんで、PCでの作業まで辿り着けませんでした...
調査対象が自分の中で絞り込めていないため、いろんなコーナーを巡り歩いたという感じですねえ。効率があがりそうもないんで、とりあえず、その時点で参考になりそうな本の一部をコピーして帰ることにしました。

そのあとは、図書館のある野毛山から競馬ファンが溢れる野毛・桜木町(場外売り場があるんで)を通過して、みなとみらいの横浜美術館まで。
ここでは、「シュルレアリスムと美術-イメージとリアリティーをめぐって」という展覧会が開催中です。
そんなに混雑してなかったけど、じっと立ち止まって観ていると邪魔になりそうだったんで、流れに任せてさーっと観てきました。会期が長いんで、時間が出来たら、また見に行くかもね。

そうそう、この土日は横濱JAZZ PROMENADEの開催中ということで、横浜美術館の前でも街角ライブしてましたね~

October 07, 2007

連休初日は都内散歩

10月の三連休の初日である土曜日は、当初は仕事にしようと思ってたけど、連休終盤になるにつれて天気が悪くなるという予報だったんで、カメラを持って出かけたかったんで、土日は休みにして、月曜日を休日出勤にすることにしました。
で、土曜日の午前は遅く起きて、さて、午後は何をしようかなあ、と思ってインターネットで会期中の美術館で面白い展示がしていないかと検索しようとしたら、学習会仲間のFujiさんから、「シュウゴアーツの場所は?」というメールが。
シュウゴアーツでは、本学情Dのスクーリングを担当されている藤本由紀夫先生の展覧会が行われているとのことで、都内に出かけようと思っていた私も合流させて頂くことにしました。
人形町で待ち合わせして、シュウゴアーツのある清洲橋近くまで徒歩で移動しましたが、途中で隅田川の風景を見たりしながらの「お散歩モード」を楽しむことができましたね。
会社へ入社した頃に、墨田区/隅田川沿いを散策したことを思い出してしまいましたよ。
そのあとは、日本橋のギャラリーショウでコンテンポラリーアートを観てみたり。コンテンポラリーアートより、藤本先生のコンセプトのほうが好きかなあ...
東京駅地下街のスタバでFujiさんとお茶をしながらお互いの制作の悩み事を話をし、別れた後は新橋まで徒歩で移動し、新橋で食事をしてから帰宅しました。
新橋の呑み屋では、青とうがらしの醤油漬けを頼んだら、一発目が「当たり」で大変な目にあいました!?店員が辛いですよ、と注意してくれたのに...(苦笑)
でも、他の食事メニューは美味しかったですよ!

Img_5115

Img_5116

Img_5123


October 04, 2007

1月のスクーリング

「来年のことを言うと鬼が笑う」と言いますが、
いくらなんでも年が明けたら休暇を取る余裕が出来るよなあ、と思って、1月の総合科目スクーリングのうち1科目を申し込んでみることにしました。この科目であれば、土日に加えて1日だけ平日の休みを取れれば、受講できますからね。
そうそう、写真演習のスクーリングの日程が新たに追加になったけど、平日火曜日から木曜日の3日間では、さすがに受講できそうもないです...
来年度に期待ですかねえ。

そうそう近場では、横浜Bankartでオープンセミナーが開講されているんで、一度参加してみたいと思っているけど、こっちは今のところは無理そう。来年度で卒業制作に着手できず、土曜日に面白そうな講座があれば考えてみようかな。

■ 追伸
今年8月の記事「今年度最初のレポート課題の評価結果」で、課題文献として挙げた「イメージを読む」(ちくま学芸文庫)の著者、若桑みどり氏が亡くなられたという新聞記事を読みました。
新聞では、ジェンダーと美術との関係を研究された方と紹介されていますが、人類が時代を作っていくうえで、美術という存在が重要であり、そして、美術が日常生活からかけ離れたものでは無いというような、「美術という世界の入り口」を指し示してくれたという印象が強いです。
ご冥福をお祈りいたします。

October 02, 2007

10月に突入!!

上半期が終わり、とうとう10月になってしまいました。
「そろそろ課題に本腰を...」と言っているうちに、残り4ヶ月...
再提出多いし、大丈夫かなあ?

ところで、今月は仕事の都合がつけば、久しぶりに京都でのスクーリング(10/19〜21)に参加できそうです。
しかも、初めて一般科目の座学スクーリングに出席することになりますね。折角の機会なんで、なんとか出席したいんですが、はてさて...
で、このスクーリング期間中の10/20には、情デの第二回交流会(京都編)が開催されるとか。
スクーリングが終わった後の時間帯なんで、こちらにも参加できるかなあ?

なお、10/20は東京サテキャンで、うちの学習会メンバによる「ゆるゆる学習会」をやってますんで、京都で交流会に参加出来ない方は、東京に集合、ってのも如何ですか?
夜の部(呑み会)を開催する可能性も大!?

« September 2007 | Main | November 2007 »

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ