« こんな時期になったか... | Main | 植田正治氏の本 »

October 27, 2007

タイポグラフィの本

先週、スクーリングで京都に行ったとき、久しぶりに四条通りのジュンク堂書店へ。
もしかしたら、ここが一番好きな書店かもしれない...
専門書の多さは勿論のこと、新刊だけでなくてちょっと前の本も置いてあって、しかも全てのフロアの本の会計が1階レジでの集中精算というのが嬉しいですね。本を纏め買いするときにカードで精算、っていうケースもあるんで。
大規模書店だと複数フロア構成のところがあるけど、各階にレジがあるような状況だと、毎回(毎階!?)カード精算と言うのは面倒な訳なんですよね...

と言うことで、京都のジュンク堂書店ではこんな本を購入しました。

■ 「Typographic Systems〜美しい文字レイアウト、8つのシステム」(Kimberly Elam著/今井 ゆう子訳、BNN)

タイポグラフィ、つまり文字をメインとしたグラフィックデザインでは、8つの基本形があるということで、その基本形を事例とともに解説した本です。タイポグラフィの最初のスクーリングで、文字見本帳の表紙を作成する課題があるけど、この課題の参考になりそうですね。と言っても、この本で挙げられているパターンはあくまでも基本形ですから、そこから発展させるのは自分の力量なのかな?って、私は欠如してますねえ...(苦笑)

« こんな時期になったか... | Main | 植田正治氏の本 »