« 現代美術の展覧会から | Main | 土曜日は写美へ »

November 16, 2007

アートの可能性

先日のN経新聞夕刊の文化欄ではアートディレクターである北川フラム氏の談話が掲載されてました。
北川氏といえば、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」を思い浮かべますが、妻有や徳島上勝町、直島など、地域をアートで再生するという視点で記事が書かれてました。
この記事では「様々なアイデアを持った人々がぶつかり合うことから再生の芽が生まれる。だが、都市から人材を引き出すには、過疎地にも相応の魅力が必要だ。アートにはその目玉になる力を秘めている。」と述べてられてました。
話は飛びますが、本学のNやんも地方での作品制作の際に地域の住民の方々に理解を得るのに苦労したそうで、T屋の羊羹を持参して説得工作したとか。

生産性と言うものから極めて離れている「アート」ですが、人々の心に影響を与えるという意味で、モノを生産することとは違った「精神的な生産活動」が生まれ、それを契機にして人と人とのネットワークみたいなものが派生してくれば、様々な方向へと展開していく可能性があるのではないでしょうかね。
自分はアーティストではないんで、そういう展開に加われない歯痒さがありますが...
次の越後妻有トリエンナーレには行ってみたいなあ。
で、全然関係ないですが、某国営放送で放送中の「あみん」のコンサートを観てます。当時のファンではないですが、じっくりと歌を聞かせてくれる歌い手だったんだなあ、と思っちゃいました。

« 現代美術の展覧会から | Main | 土曜日は写美へ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ