« スクーリングの合評の振り返り | Main | 交流会&ワークショップin横須賀 »

November 09, 2007

振り返ったら「勝手に広告」

「勝手に広告」(中村至男+佐藤雅彦著/マガジンハウス) という本があります。
以前、銀座のgggでも、この本に掲載されている作品の展覧会をやっていたんで、観に行ったんですが、いろんな企業の広告イメージをモチーフにして、単なるパロディとしてではなく、如何にもその企業がやりこうな新たな広告をグラフィカルに表現していて面白かったです。本の紹介文では、「企業の広告要素を使った最高のアート表現」と書かれてましたが、まさにその感がありました。

でも、ここでは、そんな「アート」な話ではなくて、単に前回のスクーリングで「コンビニ等で置いている既成のソフトドリンクの広告をする」というのが課題だったんで、これは「みんなで勝手に広告をつくってあげたぞ〜」、と思ったからなんですが...
私たちは初回と言うことで先生も含めて手探りの部分もあったけど、来年度からは、実際の広告より面白い作品や企画が出てきてくれることを期待してますよ。

で、私がスクーリングで造った車内広告の中吊りポスターがこんな作品でした。
U先生からいろいろと(ありがたい)指摘を頂きましたが、色づかいや文字を女性向けらしくしようとして、全体的に印象の弱い、伝えたいポイントがぼやけた作品になってしまいましたね。

ちなみに、ここでは、
■ 20〜40歳代の働く女性をターゲットに
■ 心のリラックスを与えてくれる
■ ちょっと高級感のある
■ 京都宇治の老舗茶餔による緑茶
というコンセプトを設定してます。
ちなみにここに挙げた写真は自達です...

1a

で、写真の活かし方や文字の扱いについて指摘を頂いたんで、それを反芻しながら、スクーリング後にさらっと造ってみたのが、下の作品。

5a

文字の扱いは改善ポイントがあるけど、写真の使い方や各構成要素の扱い(メリハリ)が改善されていることで、情報を伝える点については良くなったとのコメントをU原先生に頂きました。
スクーリングではマイナス点しか貰えなかったように記憶しているんで、素直に嬉しいです!!

で、ちょっと味をしめて(ワルノリ?)して、もう一つ中吊りポスター案を造ってみました。

6a

こんなことに時間を費やしていないで「再提出の課題をしろ」と言われそうですが、こういうところから少しずつモチベーションを高めて行きたいなあ、と思っているとことです。って、言い訳かな...(苦笑)

« スクーリングの合評の振り返り | Main | 交流会&ワークショップin横須賀 »