« 去年の今頃は | Main | 「空間論」の参考文献から »

December 01, 2007

アートに漬かってみる

昨日の、雨が振ったりやんだりの一日から変わって、この土曜日はそこそこ晴れて、しかも気温も暖かい感じなんで、気になっていた森美術館の展覧会を観に出掛けることにしました。
太陽の光が得られるし、暫く使ってなかったんで、フィルム一眼レフカメラも持っていくことにしました。
で、都内に出かけると言うことで、他に面白そうな展覧会が無いかと検索してみたら、渋谷で田名網先生の個展が開催されているとのこと。まずは「DAYDRAEM/田名網敬一展」(NANZUKA UNDERGRAND/渋谷)を観に行くことにしました。

以前観た展覧会では印刷出力された作品のみでしたが、今回は手書き作品の展示が主体となってました。加えて、展示枚数が多い。2007年の作品が多かったんですが、その作品制作のエネルギーとイマジネーションには脱帽します。(コース長だったら出来なかったかも)
でも、イマジネーションが強すぎて、「悪夢」と化しているような気もしますが...(苦笑)

田名網先生(まだ通学の教授なんで)の展覧会を渋谷で観た後は、森美術館で開催中の展覧会を観るために六本木まで移動しましたが、先に書いた通り、フィルムカメラを持ってたんで、日頃の運動不足解消にもなるんで、徒歩で渋谷から南青山、西麻布、と経由して六本木まで移動しました。
途中、青山にある鞄屋さん「HERZ」が気になってしまいました。
カメラ入れて街歩きするための手頃なサイズのバックが欲しかったけど、革製品は高いんで断念しました。たまには贅沢したかったけどねぇ。でも、バックを買うなら、横浜元町の「キタムラ」にします。市内の景気を良くしないと。(笑)
あっ、「LISN」行くの忘れた!!

森美術館で開催中の「六本木クロッシング2007:未来への脈動」の作品はいろいろと刺激を頂きましたね。
作家の数が少なかった感じもあったけど、途中で「巻きを入れた」割には二時間近く観てました。
無料の音声ガイドを借りたんで、その説明に合わしていたからかもしれませんが...

気になった作家/作品は、

■ 榎忠「RPM-1200」:子供の頃に描いていた未来都市を見ているかのような感じ。金属の描き出す様々な表情に時間を忘れさせられました。いつまでも見ていそうで、危険な作品です(笑)

■ 立石大河亞「FUJI HI-WAY」:消失点の逆転みたい発想が面白いなあと思いました。

■ 四谷シモン:澁澤龍彦展に続いて作品を観ましたが、作品の精密さとともに、音声ガイドのコメントにある「日本人」と言う観点が興味深かったです。

■ 中西信洋「レイヤードローイング」:去年の最終プレゼンで自分の生まれた時間を写真に取り続けると言う作品を出された方がいらっしゃいました。また、私の最終プレゼンは、二つの異なる時間や場面を一つの写真に封じ込めようとしたものです。中西氏の作品も、異なる時間を封じ込めようとしていいる作品だけど、空間を使った「インスタレーション」あるいは「立体作品」として更に深化した作品となっていて、凄いなあと思いました。(見せ方としても)
また、ポジフィルムを24枚重ねた作品が、立体的なオブジェとなって捉えられたときには素直に感動してしまいました。自分の作品(稚拙なものですが)の考えと似ているせいで、かなりシンパシィを憶えましたね。

森美術館/六本木ヒルズを出たのは17時半頃というのに、外はすっかり日が落ちてました。(なんで、東京タワーのイルミネーションがキレイ!!)
そのあとはABCの六本木店に寄って、本を物色して(本を一冊購入)、六本木からまた歩いてみました。
結局、東京タワーの下を通って、芝から北上して愛宕近くを経由して新橋まで。
新橋では、魚主体の呑み屋で独り酒です。黒ムツの刺身と鱈の白子を焼いたのを、京都のお酒「玉の光」とともに。
これぞ日本人の楽しみですね!!
ちなみにカキフライを頼んだのは失敗だったかも...
揚げ過ぎで衣が固かったような。と言うか、過大に期待しすぎていたせいかもね(苦笑)

« 去年の今頃は | Main | 「空間論」の参考文献から »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ