« 聴講に行けそう | Main | 2007年度卒制最終プレゼン »

February 10, 2008

パビリオン課題の振り返り

今年度の振り返りです。

まずは、情報デザイン基礎1(第1課題)の「架空のパビリオン」です。
初回の提出時には「独創性がない」、再提出時には「統一感がない」と酷評された課題でしたが、まあ何とかスレスレで通過しました。
この課題で感じたのは、一度形として完成させてしまうと、それを解体して、更に再構築するということは難しいということですね。この行為には、決断、踏ん切り、そしてパワーが必要です。私にはその力量はまだまだです。と言うか、一度作ってしまうと手直しが面倒になってしまいます(苦笑)

また、何通り、あるいは何十通りのプロトタイプを作り、その中から選別していくというデザインワークがプロの紹介本などに見られますが、私の場合は、作品制作にかける時間が少ないんで、1つの完成形ができてしまったら、その作品だけで善し悪しを判断することになってしまい、そこから派生していく広がりがなく、しかも十分に練れていないものになってしまうんですよねえ。
まあ、そのように反省点がいろいろあるものですが、いつものように反面教師として見てやってください(笑)

P01

P02

P03

P04

P05

P06

P07

P08

P09

P10

P11

P12

P13

P14

« 聴講に行けそう | Main | 2007年度卒制最終プレゼン »