« 卒制最終プレゼンのこと | Main | 地図の振り返り(その2) »

February 16, 2008

地図の振り返り(その1)

今度は、情報デザイン基礎2(第1課題)の「新しい地図」の振り返りです。

情報デザイン基礎1(第1課題)が再提出となったあと、気分を変えようと先に「地図」の課題を提出したんだけど、あえなく玉砕してしまいました。
初回に提出したときに指摘されたことは、「音楽の好みを図式化することは面白い試みだと思います。しかし、今回の地図は、既に"iPod"が所有する機能を図式的に表したものになっています」ということでした。
初回の提出時には、iPodが持っている過去の再生回数や、記録しているアーティストの情報と言う、iPodの中から把握できる要素を抽出して図式化するというアプローチで作品を作ってみました。
なので、先生達の意図する「地図でなければ見えてこないモノやコトを構造化し、それを編集し、めぐる法則をつくり、見る側に体験させて見えなかったモノやコトを認識させる」という部分と乖離してしまったんですよね...
主観を客観化するという作業において、ちょっと(かなり!?)片手落ちになってました。
ちなみに提出した作品の一部がこれでした。

092301a


それの状態から、どう打破していくかと言うことで、また悩んじゃったんですよね...
と言う訳で、再提出したものについては次の記事で。

« 卒制最終プレゼンのこと | Main | 地図の振り返り(その2) »