« 週末は京都へ(その2)〜卒展見学 | Main | 壊れた... »

March 20, 2008

週末は京都へ(その3)〜学習絡み

卒展を観に行ったら、U原先生が展示作品の写真撮影に立ち会ってたんで、ちょっと話をさせてもらいました。
テキスト課題(情報デザイン演習3−2)の中身が変わったということで、それに関する話を。
この課題、2007年度で着手できなかったものですが、内容的にはF原先生かU原先生の課題のどっちかを選択したかったんですよ、ということを話したら、課題が受かりやすいからという理由ではなく、本当にやってみたいことをえらんでください、という「当たり前」のコメントを頂きました。(こういうところはU原先生らしい...)
最近アートよりの部分があったんで、グラフィックデザインか、デザインのためのディレクションという課題をしてみたかったんで、そういうのを加味して二つの課題のいずれか一つにしようと思ったんですよね。
でも、2008年度のシラバスを読んだら、2007年度課題とちょっと内容が変わっている部分があったんで、どれにするかは再度検討し直すことにしました。F原先生の課題は、スクーリングと連動の課題ではないけど、スクーリングに出ていた方が有利らしい...

そのあと、入学説明会を担当されていたN山先生も情デの展示室に顔を出されたので、ちょっと談笑させてもらいました。通学生の留学の対応で渡米されていたため、通信部関係の仕事が何も出来ていないだけでなく、近々開催予定のギャリルオーブで開催予定の教員の作品展の準備も出来ていないということでした。(対策案はあるとのことですが、ネタバレになるので内緒です...)
この日の入学説明会は4回あって、そのうちの2回まで終わってから休憩に入ったとのこと。同じ内容だけど、回数が多いんで結構大変とのことでした。「代わりにやりますか?」と言われたんで、役として任命してくれれば、と流しておきましたが...(笑)
で、N山先生からは学習(と言うか卒制)のアドバイスとして、「苦しんで作ると、その苦しみが作品に見えて来てしまうんで、楽しんで作ってください」とのことでした。
前日の土曜日にN原先生(現在は通学部の担当)からも「一年間を楽しんでね」と言われたんで、正に同じアドバイスを頂く事になりましたね。

なんで、今年のキーワードは「楽しんで作る」でしょうかね!?(笑)

« 週末は京都へ(その2)〜卒展見学 | Main | 壊れた... »