« 新年度のスタート | Main | アートの聖地? »

April 06, 2008

お花見

今日は、午後から近所(と言っても歩いて20分くらいかかるけど)の大岡川の桜祭りを見てきました。
川沿いに並んでいる桜並木を見ながら下流へと散策していると、既に葉桜が混じり始めてましたが、満開状態できれいでしたね。桜の時期の楽しみということで、途中の露天で生ビールをいただきました。
直接日差しを浴びると暑いくらいの一日だったんで、たまには真っ昼間から飲んでもいいでしょ(苦笑)
大岡川沿いというと、少し前まではある区画は治安面でいろいろあったんですが、地元住民と県警の協力で変わってきました。今回も、地元青年会などの露天に混じって、アーティストのワークショップも参加してました。Bankartの出店(?)もここにあるんですよね。(ちなみに、桜荘では野点、近くでは町内会が餅つきしてました!!)

一時間程のお花見を楽しんだ後は、東京駅まで。
東京駅隣の大丸にある大丸ミュージアムで『「写真」とは何か〜20世紀の巨匠たち』という写真の展覧会を観てきました。
さらっと観て退去するつもりだったけど、大阪芸術大学教授の犬伏雅一氏のギャラリートークがあったんで、1時間ほどそれを聞きながら作品を観て回ってみました。そういう視点で作品を観てないなあ、とちょっと反省してみたりして...(苦笑)

そのあとは、ちょっと疲労感を覚えたんで、大丸の一階で甘いものを買おうかなと思って、フロアをふらふらしてみたけど、一人ものが購入するには量が多いし、何よりも日曜日の夕方だったせいか、人が多いんで、辞めました(笑)
改装前はスイーツの類いは地下フロアだったけど、1階に移ったせいで、新幹線の利用客がなだれ込むようになったのかなあ?

大丸を後にしたあとは、丸の内側に移動して新丸の内ビルディングの7階で開催中の「ニュートーキョーコンテンポラリーズ」というアートイベンドを観ました。これは、7階の(marunouchi)HOUSE内の随所に、現代美術のギャラリーに所属する現代アーティストの作品が置かれているということで、チラシを頼りにふらふらと観て廻るという感じ。7階はアートスペースではなく、飲食フロアなんで、作場合によっては、作品が掲載されている場所がテーブル近くだったり、トイレに入り口だったり。
そういう展示場所を限定しないのも現代アートぽいのかなあ〜
とりあえず無料だったんで、先の大丸の写真展とは違って、気負い無く楽しんだと言う感じです。

こんなふうに、気分をリラックスさせたり、刺激を与えたり、と足掻いてますが、肝心の企画書が形になるまではまだまだみたいです...

080406_125801

« 新年度のスタート | Main | アートの聖地? »