« 京都の一日 | Main | 補足:テーマプレゼン質問集? »

April 29, 2008

テーマプレゼンのまとめ!?

今回の「卒業制作:テーマプレゼンテーション」の総括です。

他の卒制関係のプレゼンテーションと違って、今回のテーマプレゼンは、他の在校生には公開されない場なんで、どの程度の内容・レベルでやるのか不明確なせいもあって、単に「こんなテーマを考えてます」と説明する場と捉えていましたが、それはちょっと甘かったですね。
テーマ説明に留まらず、そのテーマから導き出した着地点(最終形態)も結構具体化して持ってこないとダメみたいです。まあ、テーマがうまく伝わってないのに作品の形態の話をしてもしょうがないという部分もありますが...

なので、企画書だけを持っていくのではなく、制作途中のものとか、ラフスケッチとか、作品のイメージが具体的に伝わるものを準備しておいた方がベターでしたね。プレゼン後のテーマ相談でも、M嶽先生からは、作品の傾向や人物像を把握したいので「過去の作品とか見せて」と言われましたし。

で、プレゼン後に質疑応答で取り交わされた先生たちからのコメントから拾い上げてみると、
プレゼンの目的からも当たり前ですが、「こういうものを作ります」と言うような単なる方法論の説明では駄目で、まずは「何でそれを作りたいのか」という思考・思想的意味(意図)を説明しないといけないですね。
また、テーマを表面的に捉えてしまうと、作り上げる作品も表面的なものになってしまう可能性があるんで、注意しないといけないということですね。
あと、過去の制作課題や3年次最終プレゼン作品を発展しようとする場合(私もこのパターン)には、単なる作り直しで終わらないように注意しないといけませんね。
最後は、作業の進行状況(スケジュール運営)に気をつけるということですかね。1年間通しての計画とともに、例えば、次のテーマ相談でどこまでのレベルのものを見せるか、とか短い間隔での計画も考慮する必要もあります。

現時点では、着手者11人の方向性や最終形態は結構バラバラなんで、今後の展開が楽しみですね~
自分自身は悩みまくり状態だけど...

« 京都の一日 | Main | 補足:テーマプレゼン質問集? »