« 今日は情デ「全員集合!!」 | Main | 9/15の「ゆるゆる学習会」 »

September 14, 2008

情デ交流会

昨日は、六本木で開催された情報デザインコースの2008年度交流会第一弾「情報デザインコース大集合」に参加してきました!!

集合時間が15時と言うことで、まずは新宿へ。
当初は、学習会仲間のF田さんと合流してランチを食べる予定だったけど、仕事が片付かないとのことで、交流会で合流することにして、私の方はT急ハンズで課題(ポートフォリオ)用の材料を買って、昼ご飯を食べたあと、初台の東京オペラシティのアートギャラリーに行きました。
ここでは、開催中の「トレース・エレメンツ〜日豪の写真メディアにおける精神と記憶」展を観てきました。
最近の卒制相談でのキーワードが「気配」や「雰囲気」というのは、以前の記事にも書いたけど、この展覧会のテーマの一つが「痕跡」。展覧会のカタログを読んでみると、ここでの「痕跡」とは、写真がコンテクストが一部を切り取るという特殊な保存のことであり、例えると、会話としている内容の一部だけを後になってから取り出して読んでも、会話というのはその流れのなかで成立しているものなので、同じように意味を捉えることができないはずなのに、それを写真は強制的に行っているので、いろいろな解釈ができてしまうということかな?
この展覧会カタログ、「写真メディア」としての意味を考察した文章が幾つか載っており、その中では、ベンジャミンの論説など「写真」というメディアに関する議論がいろいろと引用されてて、最近提出した「メディア論」レポートをネタになりそうなものがありましたね。今更ながら、レポート内容の貧弱さに後悔してます...(苦笑)
これだ!、という凄いインパクトのある作品は無かったですが、幾つか気になる作品があり、参考になりました。

そのあとは、新宿から六本木へ大江戸線で移動。時間を読み間違えたんで、遅刻するかなと思ったけど、交流会の集合時間にギリギリセーフできました。
今回は参加者は20人ほどでしたが、半数は知らない方でしたね〜
2007〜2008年度生はスクーリングで会う機会がほとんど無いんで、仕方無いですね。

今回の交流会は、六本木ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「祈りの痕跡」展の見学と、その後の交歓会というメニュー。
奇しくも、先の展覧会と同じ「痕跡」というテーマの展示でした。と言っても、こちらはアートディレクター(兼地球文字研究家)の浅葉克己氏による文字という刻印(痕)に関する展示で、浅葉氏の作品のみならず、著名なデザイナーの作品も含めた展示内容で、前半はアート作品、後半はバリバリのデザイン作品というような感じでした。
ここでは、李禹煥の作品が気になりました。線の緊張感と線と線との間の対比が良いです。
また、民族と文字という観点は面白いです。深くやりすぎると学術的な部分だけ強くなるんで、デザインという要素から俯瞰したくらいの内容がちょうど良かったかもしれませんね。
ところで、ちょうどSIGHTの総合ディレクターである三宅一生氏と浅葉克己氏が海外の方を対応してて、間近で姿を拝見することができたのは、ちょっとしたサプライズでした。(50センチくらいの距離で通り過ぎて行きましたよ〜)

その後は、森美術館で「アネット・メサジュ:聖と俗の使者たち」展をハシゴする予定だったけど、待ち時間が30〜40分かかるとのことで(と言うか、一部はすでに飲むことしか考えてなかったかも!?)、早々に交歓会場へ。
忍者風居酒屋で忍者に囲まれながら、約4時間楽しい時間を過ごしました!
人見知りなんで、初対面の方々のテーブルには行かなかったけど、学習会のO田さんが勧誘活動してくれました。学習会のときに新たに来られる方がいれば、フォローしたいと思います!!

« 今日は情デ「全員集合!!」 | Main | 9/15の「ゆるゆる学習会」 »