« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 30, 2008

この土日は

この週末のスクーリングをキャンセルしたけど、土日はしっかり休めるんで、火曜日に急遽決めた計画通りに金沢に行くことに。
電車で直ぐに行ける、シーパラの有るところでは無いですよ〜(笑)

で、土曜日の午前はクリーニングを出して、部屋掃除してと雑用を片付けて、午後から石川県金沢市へ。
自宅を出るのが遅れて(電車も数分遅延)、空港でバタバタしたけど、夕方に到着しました。
ホテルにチェックインする前に近江町市場に寄って、気分高揚!?
再開発でビル建設中なのにはビックリしました!

081129_165201

夜は香林坊のお店で。
金沢に来ると、いつも同じお店(「香林坊いたる」というお店)に行くけど、18時前にはほとんど満席だったんで、別のお店に。
店の名前を忘れたけど、多分ココみたい...
と言っても、下調べして無いんで、外からの雰囲気で決めましたですけどね。
香箱蟹、鱈白子天ぷら、ノドグロの塩焼きを食べましたが、良い選択だったみたいで、美味しかったですよ〜。

日曜日は21世紀美術館で、杉本博司展とコレクション展を観て、その後は市内各所で展開中の「金沢アートプラットホーム2008」のうちの幾つかを観てきました。
日曜日はずっと雨だったんで、歩きは厳しかったけど、刺激的な作品もありましたね。
詳しくは又の機会に書こうと思います。

November 28, 2008

案の定…

本来であれば、今日から京都で総合科目のスクーリングだったけど、先日中間プレゼンで京都に行った際にキャンセルしました。

月末なんで仕事でバタバタしそうな気がしたのと、この週にスクーリング入れると二週間後にテーマ相談で京都に行くんで、卒制の準備がどうなるかと言う感じだったんで。
スクーリング代をケチったと言う話しもあるけれど。(笑)

で、案の定昨日から飛び込みの仕事が入って、休める感じではありませんでしたね~
休んでたとしても、間違いなく電話がかかってきたでしょう…(苦笑)

まぁ、今日対応した分、土日はちゃんと休める状況にはなったけどね。

でも、コレが最後のスクーリングの予定だったんで、ちょっと残念です。(しかも京町屋だったのに!?)

November 27, 2008

卒制への模索

最近悩んでいるのは(それだけではないですが...)、卒制の制作スタンスですね。
と言うのは、中間プレゼンの後の個別相談で言われた言葉が引っかかってるんですよ。
簡単に言うと、卒制と言うは個人でテーマが決められる自由度があるけど、大学に居るうちは自分で選んだ「情報デザイン」という括りの中で制作してもいいのでは無いかということ。
卒業したら、何の縛りもなく制作できるんで、「在学中だけは自分の選択した範囲で制作を進めてみるのはどうですか」というような問いかけを貰いました。
多分、卒制担当の先生達の半分以上はその想いが強いんじゃないかなあ〜
その辺りの捉え方は人それぞれだと思うけど、自分としては興味持って入学した「デザイン」という観点にどれだけ歩み寄った形で最終形態とするかを模索したいと思ってます。
でも、これって難しいよねえ...

November 24, 2008

三連休(二日目&三日目途中)

三連休の二日目は、最終日の天気が下り坂ということと、夕方から学習生活メンバとの飲み会(プチ忘年会)があるということで都内に展覧会を観に行ってきました。

まずは、渋谷Nanzuka Undergroundで開催中の『田名網敬一 「COLORFUL」』を観てきました。
60年代から70年代初めに制作された作品を再構築するという趣旨の作品展でしたが、リアルタイムに作品を観ていない私には懐かしいようでありながらも、新鮮な感じがありましたね。で、サイン本を衝動買い!!
そう言えば、「生」の田名網氏は、一度だけ卒制プレゼンで見たことが有ったような記憶が...

そのあとは、徒歩で恵比寿の写美まで移動して、「日本の新進作家展vol.7 オン・ユア・ボディ」を。「これは!!」と思わせる作品は少なかったけど、それぞれの独自の視点や表現方法を観ることが出来て参考になりました。やっぱり、作品を作り続けるには自分なりの世界観が無いとダメだよね...
写美では「写真新世紀東京展2008」を開催してたんで、こちらもサーッと観てきました。
こちらも作者の世界観、というか作品を作り出すというパワーを感じましたね。特に「白夜夜行」の世界観が好きですね〜
ときおり、力の抜けたスルーボールみたいなのがあって、逆に「オッ」とさせるもののありましたが。
アナログの手仕事が入った作品もあり、いろんな広がりも有りました。
でも、この辺り、ゲスト審査員の榎本了壱氏(先週生の姿を見たばかり...)のこの写真展のパンフレットにも書かれていた、現在の写真が置かれている状況が「混乱しているように思います」という言葉とリンクしているようにも感じました。はて、今年はグランプリ出るんですかね〜(去年は該当無し)

恵比寿で作品鑑賞したあとは、人形町のサテキャン待ち合わせで、学習会メンバとの飲み会。
仕事の都合がつかなかった方や体調不良でキャンセルとなった方も居たけど、7名(+1名)が参加してワイワイと楽しみました。今回出れなかった皆様、次回はよろしくね!!

で、三日目ですが、昼前に横浜駅前のYバシカメラへ買い物に。
実は昨日、カメラのレンズキャップを落としてしまいまして...(苦笑)
多分、人形町の十字路で通行人を顧みず、皆で写真撮影(!?)してたときでしょうね。
なんで、雨が降りだす前にレンズキャップを買って戻ってくるつもりだったけど、天気予報通りに午後から雨が降ってきました。ちょっとお腹の具合が今イチなせいもあり、気分的にも下降線です。
とりあえず、外に出る気にはならないんで、先日購入した出力用紙で最近撮った写真を出力してみてます。インクジェットプリンタ用のミ・タント紙にモノクロで出力してみるという感じで。

Img_7474a


卒制とは一歩離れて、気分転換してるつもりなんだけど、どうだか...

PS.
「情デ課題部屋」ですが、現在、下記のテキスト課題を掲載してます。

■ 情報デザイン演習2-1(第2課題)イラストレーション2
■ 情報デザイン演習2-2(第2課題)プロダクトコミュニケーション2
■ 情報デザイン基礎1「架空のパビリオン」
■ 情報デザイン基礎2「地図をめぐる編集」
■ 情報デザイン演習3-1B(第1課題)「スクラップブック」
■ 情報デザイン演習3-2(第1課題:C )「WEBショッピングサイト企画」
■ 情報デザイン演習4(第1課題)「卒業制作テーマプレゼンテーション企画書」
■ 情報デザイン演習4(第2課題)「ポートフォリオ」

スクーリング「プロダクトコミュニケーション:フィールドワーク」や「アートディレクション:広告企画」、三年次最終プレゼンテーションなども掲載しました。
サイバーキャンパスの「情Dの○ラシマさん」でも丁寧なアドバイスが掲載されてますが、実例が知りたいという方の参考になれば幸いです。
ただし、受講して時間が経ってますので、課題内容が変わっているものがあるかもしれませんので、注意してください。

November 23, 2008

三連休初日(11/22)

三連休の初日の土曜日。
中間プレゼンの提示作品が戻ってくる日だったんで、それを受け取ったあとは、Bankart NYKで開催中の横浜トリエンナーレで、マシュー・バーニーの作品を観に行ったり、横浜駅近くのYバシカメラに卒制試作品の出力用紙を買いにいったり、本屋さんに行ってみたり、という感じでダラダラと過ごしてみました。
マシュー・バーニーは以前から気になる作家だったけど、実際の作品を観るのは初めてだったんで、かなり期待してましたが、期待が大きすぎたのか、ちょっと消化不良状態です...(苦笑)
でも、いろんな「問いかけ」をしてくる作品だったし、40分以上という長さだったけど、飽きさせない作品の魅力がありましたね。後になってから反芻して考えてみようと感じさせるものでした。
Yバシカメラでは、半光沢の印画紙タイプ、越前和紙タイプ、そして画材用紙タイプの三種類の出力用紙を購入しました。ケチってA3サイズにしたけど、結構な出費となりましたね。
紙よりも内容なんだけどね〜(苦笑)

で、この土曜日に撮ってみた写真からのピックアップしてみました。
情報デザインの観点での「メッセージ」を抜きにして、写真から放出される「面白さ」を提示してみただけのものですが...

Img_6233a

Img_6437a

充電期間で「突破口」が見つかるよう、頑張ります!?

November 22, 2008

さて、連休はどうするか...

仕事では札幌への出張、学業では東京でのスクーリングと京都での中間プレゼンテーションとその事前準備など、最近はバタバタとしてたんですが、この三連休はのんびり出来そうです。
と言っても、学習会仲間との飲み会(ちょっと気の早い忘年会)や12月のテーマ相談の準備があるけどね...
卒制も闇雲に進める訳にはいかないんで、この前の相談を踏まえて方向性を詰めないと。
この三連休で展覧会とか観に行って脳に刺激を与えるか、はたまた自宅で溜め込んでいる写真を眺めながら構想高めるか...
展覧会なら、オペラシティの蜷川実花展か、国立西洋美術館のハンマースホイ展が良いなあ〜
いずれにしろ、11月の残りは充電期間したいですね!!

November 19, 2008

情デ演習3-2の正式結果

再提出になった情報デザイン演習3-2「webショップ課題」ですが、先日の「広告企画」スクーリングの際に、添削担当のU原先生に合格と言われたのに、なかなか正式な評価結果がサイバーキャンパスに掲示されなかったんだけど、この19日に正式な結果が掲示されてました。
なんと、最近の専門テキスト課題では珍しく"A"となってましたよ!?
初回提出までは制作だけでなく下調べにも時間がかかり、再提出時にも見直しで手間がかかって、トータルで結構な時間がかかった課題だったけど、その時間が報われた感もあるんで、素直に嬉しいなあ〜
見直し内容を口頭で説明したのも良かったかな?(笑)

そうそう、提出した制作物を「情デ課題部屋」に格納しました。
情デ演習3-2では、絵本のようなスクーリングと直結する課題を選択する方が多いと思いますが、この「webショップ企画」は、単にショップ作りのアイデア以外の多角的な見方が出来て面白いですよ。
この演習課題で、どれを選択しようかと考えている人の参考になればいいですね〜

November 18, 2008

中間プレゼン終了

京都から帰ってきました。
中間プレゼン三日間の最終日は先生達との相談会。
いつものテーマ相談では学生側から相談したい先生に希望を出しているけど、今回は先生達から学生を指名するという形式でした。と言うことで、最低限、二人の先生から指名されての相談があり、その後は、いつものように学生側から先生を指定しての相談となりました。
二人の先生と話をして、方向性は何となく見えてきたけど、相談中に浮かんだ二つの案のうちのどちらを選択するかが決まってませんね...

ところで、中間プレゼンが終了しましたが、今回からは、今までの一対一での相談だけでなく、他の先生や卒制着手生を交えて雑談しながら意見交換することが活発化してきました。
思ったよりも和気あいあいの状態かも!?
途中、我が家のわんこ自慢になってたりしてますからね〜(笑)
私自身は悩みモードになって、他の方々とは何歩か交替している感じなんで、早く糸口を掴みたいです。某先生から、「今は楽しい時期」と言われましたが、なかなか厳しいです...

November 16, 2008

卒制中間プレゼンテーション

今日11/16は卒業制作中間プレゼンテーションの本番でした。
開始前に卒制着手者11名のうちの一人が辞退すると言う激震が走り、体調不良で大幅に遅刻する者や、プレゼンの時間が通常の倍となった作品や、加えて聴講生がプレゼンテーション中の学生にコメントを発言するというプレゼン史上初の出来事もありましたが、A佐美の弊習生の3人を加えた13作品のプレゼン二対する先生達のコメントは想定内の辛口度だったかな?
平均点で発表された評価点数もちょっと甘め?
E本先生の点数が甘めだったせいか???(本人の弁...、笑)

個々の作品に対するコメントは又の機会に掲載するとして、今回は最後の総評でのコメントを掲載しますね。卒制作業全般に関するコメントではありますが、三年次中間プレゼンのコメントに繋がるものもあるかもしれないんで、参考になったら良いですけど。

■ E木先生
  目標の達成や、やろうとする意識が希薄ではないか。自分の力を十分に発揮して欲しい。
  他者の意見を謙虚に受け止めて、全力を出すこと。

■ N之本先生
  中間プレゼンのあってもある程度以上の完成度の状態で持ってきて欲しい。
  今はすでに根本から直す時期では無い。
  入学の目的は卒業をするだけではないはず。ここへ来た理由ももう一度考え直して欲しい。
  また、制作の苦しみも楽しみに変わる時があるはず。

■ M嶽先生
  自分自身の方法論を探ること。それが見つかれば卒業後も続けられてるはず。
  自分を起点として客観的に見ること。

■ H先生
  コンセプトがぶれているものがある。今のうちに足固めが必要。

■ S藤先生
  そんなに考えなくても良いから、考えついたアイデアを最高の形で出すようにした欲しい。
  アイデアを説明するのに高尚な言葉で無くても良い。
  ※ これ以外は個人へのコメントだったため今回は割愛
 
■ F原先生
  プレゼンを楽しませてもらう場にして欲しい。
  ※ これ以外は個人へのコメントだったため今回は割愛

■ U原先生
  自分自身で決めたコンセプトに浸かることは良いが、見る側・使う側に立って考えてみて欲しい。
  受け手の側を考えてみること。

■ N山先生
  他者を考えてみること。今は自分のことで精一杯になっている。
  例えば、人に作品をあげることをイメージしてみること。

他の人へのコメントは別の記事でいずれ掲載したいと思いますが、S藤先生とF原先生から私に対しては、「ニュアンスだけ見せられているので、写真の物質的な強さを見せるような展開を考えること」と「テーマの言葉が曖昧(な定義)なので、写真も曖昧な雰囲気にする必要があるのか」とのコメントを貰いました。うーん...

Img_6153

November 15, 2008

いよいよ中間プレゼン

ちょっと更新の間が空いてしまいましたが、
札幌での業務が金曜日に終了、その日の夜に帰宅し、荷造りし直しして、この土曜日の午前から京都入りしました。
金曜日の帰宅が23時半頃になったんで、いろいろとしているうちに(会社にもメール入れておかないといけなかったんで...)寝たのは3時近くになっちゃいました。(苦笑)
学校への集合時間が13時だったんで、いつのもスクーリングよりゆっくり移動出来たけど、早朝の新幹線だったら起きれなかったかもしれないな〜
で、中間プレゼンの初日は三日間の日程説明と諸注意、そして事前準備のみ。準備が完了したら早く帰っても良いとのことだったけど、折角なんで、N山&U原の両先生に相談したり。今更ですけどね...
まあ、中間プレゼンは途中経過報告なんで、今後を考えての相談はアリでしょう。
中間プレゼン準備の方は、印刷業者に発注したB2サイズ作品の4枚のうち3枚を使用することにし、加えて持参したA3サイズのプリントアウトのうち3枚を急遽ハレパネに貼って展示することにしました。
あとは、プレゼンの席上で何を話すか...
N山先生への相談で質問されそうな項目が見えてきたけど、回答が準備出来てない状態ですね...
発表順序は昼休み前の中締め。さてさて、どうなるんでしょうね〜(泣)

November 12, 2008

カウントダウン

中間プレゼンのカウント中ですが、当日何を話すか、「ゴールのイメージ」を含めて模索してます...
プレゼンの相手(=先生達)に理解を得られる説明ができるのか。
と言うことで、今更ながらH報堂の執行役が書かれたプレゼンの本を読んでみたりして...

■「プロフェッショナルプレゼン。 ~相手の納得をつくるプレゼンテーションの戦い方。」(小沢正光著/インプレスジャパン)

付け焼刃なんですが、まあ気休めになればと。
如何に自分の考えに自身が持てるかというのもポイントかなあ?
一杯引っ掛けてからいけば、度胸が付いて大丈夫という話もありますが...(笑)

November 11, 2008

プレゼン対応

この火曜日の夕方から札幌出張です。
予定は最終プレゼン前日の金曜日まで。
この日程だと、金曜日の夜に自宅に戻ってきて、土曜日の朝に京都に向かうと言うタイトな状況ではあるけど、集合時間が13時なんで多分大丈夫かと。
でも、今週になって浮上したのが、来週も札幌での対応が必要では無いかと言うこと。
私では無くて他のメンバーが出張しても、それなりのフォローが必要ではないかと言うのが上司からのコメント。と言うことは、中間プレゼン最終日の月曜日は会社に出勤???
中間プレゼンで何を話すかだけでなく、三日間しっかり受けることができるかが不安になってきましたよ...
あっ、勿論、プレゼン内容の方が優先度が一番高い問題点ですね!?

November 09, 2008

一週間前なのに

今度の週末には卒制中間プレゼンがあるんで、この土日は、業者に頼んでいた出力を受け取ったり、出力結果が今ひとつだった場合(なんせ、お試し出力が出来ない一発勝負だったんで)に備えて、自宅のプリンタで幾つか出力してみたり。
プリンタのインク切れで何度も買い出しに行ったのと、降ったり止んだりの天候は誤算でしたね。
余裕があれば、サテキャンへ相談に行くとか、あるいは展覧会を観に行って、頭と気持ちの整理を付けるのもアリだったけど、なんだかんだしてるうちに終わっちゃいましたね〜

実のある週末だったかは、今度の週末で決まる訳ですかね...(苦笑)

081109_112201

あっ、「情デ課題部屋」の掲載課題を増やしました!!
実は載せたくない課題なんですが...(苦笑)

November 08, 2008

プレゼン準備

この土曜日は久しぶりにのんびりと。
と言いながらも、卒制中間プレゼンが来週に迫ってるんで、じたばたしてます。
実際には、プレゼンで提示する作品は外部の業者に頼んでるんで、仕上がりを待つ状態なんだけど、納品したブツが思惑通りでは無いときにどうしようか、と悩んでしまう訳ですよ...
加えて、プレゼンテーションの席上で、歴戦の先生達の前で何を話せばよいのか???
前回のテーマ相談で討ち死に状態だったんで、頭を整理しないといけないのは判っているけど、上手く纏まらないんですよねえ...
来週も中盤から中間プレゼンの直前まで出張なんで、この週末で頭を整理したいんですが、出張から自宅に戻って来た「谷間」なんで、気持ちがちょっと解放状態になってます。
卒制仲間のパワーを貰って頑張んないと!!

November 06, 2008

卒制中間プレゼンの準備

先週に引き続き今週も札幌に出張なんで、卒制作業が滞ってます...
とは言え、何もしない訳には行かないんで、中間プレゼン用の作品をweb上で出力サービス依頼しました。
ホテルのインターネット経由で、深夜にアクセスして入稿でしたね。
でも、こういう業者さんを使うのは初めてだし、どんな紙に、どのくらいの品質で出力するかが固まってない状態での依頼なんで、一発勝負の状態ですね(苦笑)
納入を日曜日にしたんで、最悪はそのまま学校に作品を送付することになってしまうかも...
ホントはいろんな紙に出力して、作品との調和を考えたうえで、提出作品を決めたかったんだけどね〜
和紙とか使いたかったな〜

November 04, 2008

スクーリング結果

仕事で札幌出張中です。
朝、ホテルの窓から見たら、雲の谷間から青空がのぞいてたんで、雨続きの先週よりラクに過ごせるかな〜と思ってたら、雪が降ってました!?
札幌での初雪だったそうです...
15時位まで降ったり、止んだりという感じでしたが、結局は積もることなく、ホッとしてます。
でも、寒いのには違いがないけどね〜(苦笑)

さてさて、出張となったせいで、卒制中間プレゼンの制作活動は停滞中ですね〜
制作の対象とする作品も決まってなくて、加えて制作を外に出すか、自分で出力するかも決めかねてます。自分でやると作品のサイズがA3ノビより大きくならないんで、制約が入っちゃうし...
ファイナルじゃないけど、やれるところまでやりたい気持ちと、今の状態では難しいという気持ちの半々です。

あっ、この週末で受けた「プランニング・アートディレクション3-広告企画」、早々と合格という結果がサイバーキャンバスに載ってました!!
「楽しくなければ...」というU原先生の言葉通り、楽しめたスクーリングだったと思うんで、結果は二の次と言いたいんですが、何よりも結果が伴って良かったかな。
この結果が卒制に繋がればいいけどね〜(苦笑)

学習会での課外授業(11/3)

連休最終日の11/3は、ヨコトリ(横浜トリエンナーレ)での「ゆるゆる学習会」の課外授業でした。
総勢11名が参加することになり、幅広い入学年度に渡る交流の場となりましたね〜
現代アートの祭典と言うことで、ちょっと頭を捻って考えないといけない感じをあったけど、普段のスクーリングや学習会とは違った、「大人の遠足」と言った趣きがありましたね。
結構立ち続けたんで、腰に響きそうになりましたけど...(笑)
個人的にはマシュー・バーニーが見たかったけど、時間が無かったのと、行列が出来てたんで(数人ですが...)、今回の観賞はパスしました。今回購入したチケットでもう一度見れるんで、機会があれば又行こうと思います!!
ヨコトリについては、機会があれば書きたいと思います。
下記は展示作品から。

Img_5977a

ところで、この記事は札幌で書いてます。
この火曜日(11/4)からの顧客での作業で前日移動です。
中間プレゼンの準備が進んでないんで、今週の出張中で作業方針決めて、実作業したいと考えてるんですが、さてさて、どうなるのやら...(苦笑)

November 02, 2008

個人面談!?

昨日は、スクーリングの後、U原先生と先月提出した情デ演習課題「Webショップ企画」の添削結果について話をしました。
前回の指摘事項を今回どう落とし込んだかを補足説明したり、先生から私の得手・不得手についてコメントを貰ったり。
まだ改善の余地があれば再提出します、と話したら、その必要は無いとのこと。
と言うことで、OKとなりました!
これで必修のテキスト課題は全て終了です!(^^)

その後は二週間後にプレゼンがある卒制についての相談を。
以前に比べてテーマや作品のブレ幅が収束してきたとのことで、ちょっと安心。
あとは、今回の中間プレゼンではストレートに作品を展示しようと思っているんで、出力作業について相談に乗って頂きました。
大判で出したいけど、やっぱり時間が無いなぁ…

20分ほど話したけど、和やかなムードの中(テーマ相談時の「どんより」とした雰囲気がない!?(^^;)、楽しい会話となりました。
その後はロック会メンバがメインの飲み会に合流。
久しぶり会えた方も居て、楽しい時間でした!

スクーリング初日(11/1)

「広告企画」スクーリングの初日です。
先の記事に書いたように睡眠不足(事前準備で2時間しか眠れなかった...)と言う不安があったけど、平穏に終了しました。凄く良いところもなく、極めて悪いところもなく、と言った感じ。
後半部分の広告企画部分の展開が今イチで、面白みにかけたことが指摘されたことだけど、自分でもそれを感じつつもアイデアを発展できなかったのが反省点です。これでは前回の教訓が活かされていない...(苦笑)
車内広告の制作では何とか巻き返しをしたいですね〜

ところで、先日の出張の際、飛行機の機内誌に掲載されていた、こんな本が気になりました。

■ 「 表紙omote−gami」吉増剛造著(思想社)

現代詩は疎いし、氏が詩人と言われてもピンとこないような私が、何故この本が気になるかというと、時間も場所もかけ離れた瞬間を多重露光を用いて一つの写真に収めたときに、その画面の中に広がる世界についての共感というような寸評が載っていたから。
いろいろと調べてたら、「エクリチュール(筆記行為)」という言葉も気になりましたね。

November 01, 2008

三連休突入

三連休突入ですが、土日はスクーリングで、月曜日は学習会の課外授業と言う感じで、何気に学業絡みの三日間ですね~
卒制関係は進んでないけど…(苦笑)

そうそう、結局は来週も北海道出張となりました。
金曜日の夜に戻ってくるんで、この次の土日がじっくり制作出来るラストチャンスかなぁ…(苦笑)

« October 2008 | Main | December 2008 »