« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

January 31, 2009

依頼準備

木曜日の夜に出力依頼する作品選びが一応終わって、プリンタの機種や、プリントモード、出力用紙などを決めて、web上の依頼フォームで依頼しました。
懸念してた背面の下駄処理は、スタイロフォームの残りの再利用なら無料とのことで、それで依頼することに。
さっそく金曜日の午前中に注文を受け付けたとの返事がきました。
データのサイズが大きいので、やっぱりCDROMで送ることに。
この週末で送ってしまいますよ~!!

January 29, 2009

停滞からちょっと前進

日曜日のゆるゆる学習会の後にはアフター(飲み会)があったり、月曜日には会社にデータが入っているUSBメモリを忘れたりと、卒制作業がちょっと停滞気味でした...
手帳にUSBメモリを付けてるんだけど、最終バスぎりぎりだったんで、慌てて会社を出たせいで忘れちゃったんですよね。(苦笑)
火曜日の夜は、1/29(既に本日のことですが)に提出締め切りとなっている「卒制企画書(最終プレゼン用)」と「プレゼンテーション計画書」を作成してたんで、制作作業はできなかったし。途中で居眠りしてるような状態だったんで、とにかく提出書類だけ作成して寝ちゃいましたよ。
おかげで、締め切り前日には情デ研究室にファックスできましたけどね。

なんで、この水曜日は、ちょっと早めに帰れたこともあって、業者さんへ出力依頼するデータの準備をしましたよ〜。
帰宅してからやり始めて、2時過ぎに一通り終了したんで、作業依頼内容を整理して、再度の見積もり依頼をメールしたところです。
当初の予定では、この週末に荷物を受け取って中身をチェックして、不都合があれば再依頼するつもりだったけど、来週の前半にずれ込みそうなんで、後工程がキツくなってきました。と言っても、全く全然融通が効かない状況ではないけど...
しかし、データチェックをするたびに、セレクトを変えたくなりますね〜
どうも自分の作品に自信が持てない!?

January 26, 2009

この日曜日(1/25)は学習会

この週末の日曜日は、今年最初のサテキャンでの「ゆるゆる学習会」でした。
少し遅くまで寝ていたせいで、人形町に到着したのはお昼過ぎになっちゃいました。
しかも、天気の良い日は東京駅からサテキャン迄歩いてるんだけど、いつもと違うコースを歩いてみたら遠回りになってしまい、お昼ご飯を一緒に食べることにした他の学習会メンバを待たせることになってしまいました。(苦笑)
でも、神社ギャラリーを発見しましたよ〜!?
と言う事で、思わず「強運厄除け」に効くというこの神社にお参りしてみたりして。(笑)

肝心の学習会の方は、ゆるゆるモードでした。(苦笑)
セレクト作業中の作品の意見を聞いてみたり、展示形態(作品の並べ順など)を試行錯誤してみたけど、途中で抜け出して、銀座で写真撮ってみたり、展覧会見てみたり、有楽町でインク買ってみたりして...
あっ、途中で、空デのスクーリングに「スライディング・テーチャー・クリッド」で参加予定のN山先生が学習会に顔を出してくれたんで、暫し談笑。
この週末に開催された情デ交流会(逆学習会)や学習、通信生に関する話をしました。でも、体調不良というのに、この数日で京都/四国/東京、そして京都と多忙そうな感じ。大分調子が戻ったと言ってたけど、復調はまだまだそう。早く直してくださいね〜!!

学習会後は、いつもの如く(!?)、アフター(=飲み会!?)が開催されて、いろんな話で盛り上がりました。ついに卒業旅行ネタも出ましたね!?(笑)
こういう交流が、孤独な通信の学習作業の刺激になるんですよねえ〜。

January 23, 2009

スパート?

入学初年度(2004年度)は別として、2005年度は「イラスト:50ノート課題」(当時は50ノート×3冊)、2006年度は「プロダクト:モデル12個」、2007年度は「スクラップブック:50枚以上」と、「数もの」(!?)の課題を年度末の最終提出で何とか合格させているという状況ですね...
数があるから早めに手をつけておこうと思っているうちにノビノビになって、12月の提出日前にやり始めたけど間にあわず、年が明けてから慌てふためくというがお決まりのパターンですかね~
そんな年度末の最終提出に対するラストスパートは今年度は無いけど、良く考えてみると卒業制作のリミットは最終提出日より前になるんだよね!?
業者さんへの依頼と受領、研究室への搬出などの後作業を考慮しないと。
サイズダウンすれば、自分で出力して、パネル貼りして、作品も手持ちすれば、前日まで粘れるけど、見せ方や仕上げのクオリティを考えると、イマイチかな...
餅は餅屋にお願いするのが一番ってことで。

January 20, 2009

卒制作業中

日曜日までに作品のセレクトと出力作業を依頼する業者さんの選定がほぼ終わったんで、月曜日は依頼前の事前作業を継続中。
途中で自宅で使う2月のカレンダーを作ってみたり。相変わらず市販のカレンダーを買わずにケチってます。そのうち、お店で取り扱いがなくなるだろうから、嫌でも作んなきゃならないか...(苦笑)

事前作業としては、出力用紙の選択が問題無いかということと、今まではデジカメのJPEGデータを写真データのブラウザソフト(iPhotoの類い)からプリンタ出力してたんで、依頼用のPhotoshop形式でコンタクトプリント(一枚の出力用紙に複数枚のデータを出力する)して色のイメージ合わせをしてました。
今回依頼する業者さんは、同じE社の顔料インクプリンタ系列を使っているので、カラープロファイルが同じなら、大きな差分が無いと思うけど。
と、そんな作業をしていると、日曜日に選んだものでホントに良いかと悩み始めてしまう訳ですよね...
M嶽先生からも言われたけど、最終作品の選択は厳しいですよ〜
でも、それって特出した作品が無いせいかのかも!?(苦笑)

あと、事前準備としては、業者さんへのデータ送付の準備がありますね。
FTPで送るのがラクなんだけど、Macではフリーで有力なFTPソフトが無いんですよね。シェアウェアを購入しようかなあ...
業者さんが関西より更に西なんで、窓口に手持ち、って訳にもいかないからね〜(笑)
こんな感じで、何かと卒制作業は継続中です...

January 18, 2009

今更ですが...

年末年始の休暇明けからずっと喉の具合がイマイチだったけど、数日前から本格的な風邪の症状に移行してきました...
しかも、金曜日までは定常的な喉の違和感と、間欠的な咳と鼻水だったけど、この土曜日には少々関節の痛みと、軽い頭痛が加わりました。土曜日は昼まで寝てたんで、多少回復したように思ったけど、そんなに簡単には済まなかったようで...
そんななか、土曜日の午後から、鎌倉の鶴岡八幡宮で、半月遅れの初詣に行ってきました。
かなり時期を逸してるんで、人が少ないだろうと思ってたのに、本宮で新春(!?)の祈祷を受ける人は多くて、一時間程の待ちになってしまいました。でも、来月に迫っている「アレ」の合格祈願をしてみましたよ。ホントは、もっと望みがあるけど、ね...(笑)
帰宅してから、ちょっとだけプリントアウト作業をしてみたり、出力センタ探しをしてみたり。
体調が今ひとつなんで、テンション低いです。(苦笑)
明日又作業を続けて、業者さんの選定と、発注作業に進まないないとね...

Img_6955

January 15, 2009

卒業関係の事務処理

この15日は、卒業証書への記載事項の確認結果と、卒業制作の図録に掲載する項目を学校に提示する締め切りだったんで、昨日自宅に帰ってからは学校にメールすべく作業してました。
でも、制作物のタイトルが全然浮かばなくて。
この卒制においては、以前から「アンフラマンス」という言葉をキーワードとしてきたけど、正式な解釈がされていない(この言葉を作ったデュシャンが解釈を述べたことがないため)ために、人それぞれの解釈されてしまうという「功罪」があったんですよね。
中間プレゼンでもその辺りが指摘されたんで、いろいろと考えて、この「アンフラマンス」はタイトルから外そうと思った次第。
ただ、私が解釈した「アンフラマンス」というものが作品の根底にあるのは揺るがないですね。
そんなこんなで、タイトルについてはピタリと嵌ったわけでは無いけど、同じ卒制着手者のOさんの言葉を採用しました!!
そのあと、作品に対するキャプションを書いてみたけど、160文字に収めるのが一苦労でした...
タイトルに沿った内容にしたけど、ちょっと言葉不足の感じがします。(プレゼンで全然内容が変わっているかもしれない...苦笑)

ところで、前夜も所用があって寝たのが4時頃だったのに、この日もなんだかんだで4時近くでした。
こんなんだから風邪(喉の違和感と軽い咳)から回復しないんだろうな。今夜は早く寝たい...

January 12, 2009

プレ展示

この土日は、最後の卒制相談ということで京都に行ってました。
実は、前日の金曜日の午前に、この三連休は休日出勤して欲しいという要望が他部署から出てたけど、上司に事情を相談して土日の出勤はパスさせて貰いました。(その代わり月曜日に出勤...)
今回の卒制相談に出席しないと、卒制相談参加回数を満了しないことになるんで、参加必須だったんですよね。
ともあれ、無事に卒制相談に出席できたんで、泣いても笑っても(!?)、あとは最終プレゼンを残すのみ...(やっぱり泣き)

さて、今回の相談では、年末年始の帰省直前に、作品の絞り込みと出力をしておいたので、それを持参して、絞り込んだ表現内容で問題無いかと言うことと、展示形態について、先生達へ相談しましたよ〜
N之木先生からは、抽象的な「アンフラマンス」という言葉の縛りから離れたことで、具体性が加わり、他者に伝わる作品になってきたというようなコメントを貰いました。
ただ、伝えたい言葉はキーワードの羅列になっているので、一度文章として整理していた方が良いとのこと。確かにプレゼンまでには整理しなければならないんで、ちょっと考えてみますよ。
そのあとは、今回の相談会の目玉(?)となった、先生三人との同時相談となりました。でも、想定通り、先生達の間で意見が食い違ってるんで、先生同士での意見のやり取りになったして。(苦笑)
いろんな意見が聞けて、面白いんだけど、相談している方が混乱する事もありますね〜
初日の相談では、方向性についてはほぼ固まり、あとは、展示形態を考えるために、サイズをいろいろ変えて確認しようということになり、気持ち的にはラクに。でも、仕事のメールとか、宿に返ってから会社の仕事する必要があったんで、ちょっとブルーでした...

で、二日目は三パターンのサイズで出力して、そのなかから一つに絞り込みをしたんだけど、M嶽先生のアドバイスで、最終的な展示イメージを掴むために、実際に並べて確認してみることに。
と言う事で、今回持ち込んだ作品から8枚をセレクトして、配置(並び順)を決めて、壁に貼ってみるまでの作業をやってみました。
作品選びは大変だよ〜、というM嶽先生の言葉通り、あれも入れたい、これも入れたい、と言う感じで客観的には選べないです。しかも、同じトーンの作品を並べてしまったりして、メリハリが無かったりして。(苦笑)
ということで、人間館の3階通路が展示会場に...
こんな感じでした!?

090111_172701

ただ、あくまでも今回持ち込んだものの中からセレクトした結果なんで、これからが最終的なセレクト作業になりますね。
まだまだ作業は続きます。でも、ホント、あと残り一ヶ月です...

January 09, 2009

気になる本

水曜日のN経新聞の読書欄で、こんな作品が紹介されてました。

■ 「雪の断章」(佐々木丸美著/創元推理文庫)

懐かしい〜!!
私が高専時代に読んでいた本です!?

なぜか、うちの学校の図書館に著者の本が多数置かれてたんで、それらは全部読んだはず...
この新聞では、「メルヘン嫌いには、どうも敷居が高いかもしれない」というのが選者のコメントですが、確かにその通りかも。
リアリティは薄かった記憶がありますね。でも、その分、いつの時代でも同じようなことがあり得るという感じもあるし...
なんか、久しぶりに読んでみたくなりましたね〜
ちなみに、映画にもなりました。(リアルタイムで観たはずだけど、全然覚えてない...)
でも、著者が亡くなっていたのは、ちょっとショックでした...

January 08, 2009

銀座での写真展

某デザインサイトで紹介されていた写真家・稲越功一氏の写真展「芭蕉景」が気になります。
銀座にあるライカ銀座店のサロンで開催されているそうで。(入場無料)
上記で紹介されているのは池の中を漂う鯉の一部分を撮影したモノクロ写真なんだけど、水のぬめっとした感じが、卒制の写真で表現しようとしているものと似ている感じがするし、「余白」と「空間」、つまりは日本独特の「間」の表現が大きなキーワードとなっているんで、かなり興味がありますね~
それに対象がしっかりと写っているのに、全体の雰囲気としては抽象的で、なんか不思議な感じ。
モノクロでの表現もいいなあ~

と、また心が揺らぐ訳です...(苦笑)

January 07, 2009

この頃

部屋が乾燥しているせいか、朝起きると喉の調子がおかしいです...
日中はトローチとか口にしてるんで落ち着いているけど、就寝すると前日の朝を同じような状況で、一進一退という感じですね〜
とりあえず、悪化させないように気を付けます...

ところで、卒制の最終形態が見えてない状況なんで、現実味が薄いけど、万事上手く言ったら、2ヶ月ちょいで卒業式なんですよね〜
なんか、不思議な気持ちです。
通学生のようにフルタイムで学校に通っていたら違ってたと思うけど。
今からリタイアして卒制もう一年、な〜んて考えてみたりもするけど、来年度の卒制着手の皆さんは「剛の者」ばかりなんで、ゆるゆるの私は脱落しそう...
なんで、今年で卒業するように頑張りますかね〜(笑)

January 06, 2009

ポスターデザイン(その2)

平日なのに、既にこんな時間ですね...
寝なきゃね!?(苦笑)

ところで、先の記事ではポスターデザインに関する事を書いてみたけど、「+DESIGNING」(毎日コミュニケーションズ発行)という雑誌の2009年1月号(Vol.14)でも、過去の日本のポスターに関する特集が掲載されてて、そのなかに、デザイナーの秋田寛氏によるポスターデザインの3つのポイントというのが載ってました。
で、一番気になった言葉が「フックになる"何か"を意識すること」というもの。
実は、卒制の相談でも、N山先生から自分の作品に対して似たような言葉を言われてて、それをどのように提起すれば良いかを悩んでいる次第です。自分として「こんな感じで表現しよう」とは思っているんだけど、それが良いのか、悪いのか...
悩んでいる時期では無いけど、やっぱり悩む訳ですね〜(苦笑)

January 05, 2009

ポスターデザイン

年末年始の休暇も終わりと言う事で、実家から戻ってきました。
風呂上がりに数日振りに体重計に乗ってみましたが、去年の暮れから2キロくらい増えてました...

さて、帰省から戻って、横浜関内へプリンタ用紙や本を買いに行ってきました。
メインマシンであるPower MAC G5のハードディスク容量が少なくなってきたんで、外付けハードディスクの購入も考えているところだけど、写真データが増えなけば何とかなるでしょ。
で、関内の本屋さんでは、今年最初のデザイン本を買おうと言う事で、「1950年からのグラフィックデザイン」(ベンb&エリー・ボス著/ピエブックス刊)を購入しました。
ページ数多いんで、まだまだ序盤しか読んでませんが、濃密な内容です。
ここまでで気になってるのは、レイモン・サヴィニャックの「ポスターは視覚の略奪だ」という言葉ですね〜
自分の卒制作品を、ポスターのデザインという観点で捉えるのも面白いのかなあ、と思うこの頃だったりして...

January 03, 2009

気になる作家

去年のことですが、なおぞさんのブックマークで、現代アートの青木千絵氏のオフィシャルブログがあったんで、ちょっとチェックさせて頂きました。

以前の記事でも書いてますが、実際に彼女の作品を見たのは二回です。
最初は2007年に東京京橋のギャラリーで行われていたのに偶然入ったときでした。このときは、サテキャンで用事(学習会?)が終わった後、徒歩で人形町から銀座方面に移動している時でしたね。
人体の曲線と、その表層を覆う漆の質感(ツルッと光りつつも、漆のぬめりが同居するような感じ)との組み合わせが気になった作品でした。
「身体デザイン論」の観点が以前から気になっていたので、その点でも気になっていました。
そして、作品を見る二度目の機会となったのが、去年の11月末に金沢で観た「金沢アートプラットホーム2008」での展示です。
ここでは、ギャラリーという無機質な空間から、お寺の中という特異な空間へ作品を配することによって、「場」に「作品」が交じり合った印象深い作品が観れました。

Img_6686


ボランティアのガイドさんに撮影可否を確認して撮ったのに、撮影モードを間違えて(NDフィルタがかかってた)、荒い画像になってしまいましたね...
ちょっと気になる作家さんなんで、またの機会があれば作品を観に行きたいと思います。

ところで、先の青木千絵氏のブログを読んでたら、気になる作家/展覧会として本学のO西先生の展覧会が紹介されてましたよ!?

January 01, 2009

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。
一年の計は元旦に有り、とは言いますが、建設的・創造的な要素は無くて、ゆるゆると過ごしております。
と言いながらも、何もしないとさすがにマズいということで、本やネット検索をしながら構想をしてみたり...

卒制については、11月に行われた中間プレゼンの後、12月のテーマ相談では「自分と他者との儚い関係性」というテーマ/コンセプトをベースとした二つの方向性で写真を提示して好感触を得たので、絞り込みをしようとしてるんですが、どうも今ひとつですね...
二つの方向性とは、対象を絞り込んだ静的な画面構成のものと、長時間露光を生かした動きを軌跡として捉えようとしたものなんだけど。それらから派生して、ちょっと違った表現を模索しようとして、実は、この年末年始連休の前半3日間も下記のような写真を撮ってみたけど、難しいです。

Img_9433a

Img_9711a

Img_9769a

写真のストックを貯める時期では無く、そろそろセレクトと仕上げに向かわなければならない時期だとは思ってるのに、なかなか上手くいかないなあ〜

と言うような事を考えて、今朝ネットで展覧会情報を検索してたら、こんな展覧会が去年開催されてました。
■ 中村綾緒「夜の魔法」

中村綾緒氏のwebの方にも作品が掲載されてますが、同様の手法を使いながらも、どのようなテーマ/コンセプトの違いが存在しているかが気になります。「けはい」や「すれちがい」という、私の作品でもキーワードとなっている言葉が書き連ねてましたね〜
まあ、結局は悩み初めの元旦となってます...
例年のように連休中で片付けておく課題が無いだけラクかなあ〜(笑)

« December 2008 | Main | February 2009 »

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ