« N経新聞の芸術欄から | Main | 残りあと僅か... »

February 11, 2009

またまたN経新聞から

昨日のN経新聞の文化欄には、本学情デで映像系のスクーリングを担当されているH先生(最終プレゼン担当では無い方)のユニット活動が紹介されてました。(私はH先生のスクーリング受けてないんでだけど、いろんな人からこのスクの話は聞きますね〜)
ここでは、2人のアーティストが何かの機会にコラボレーションして作品を作ったというのではなく、ユニットとして作品を作り続けて行くことが近年多く見られるようになってきたとの観点で記事が書かれてました。人付き合いが悪くて他者とのコミュニケーションが希薄な私にはユニット活動は向かないな...(苦笑)

そういえば、入学当初は映像系のスクーリングを取って行きたいと思ってたのに、結局は1つ(映像表現1)しか取れなかったですね〜
初年度に「映像表現2」を取ろうとしたら、募集が多くてスクーリングに抽選漏れになったような気がする。(最近物忘れが...、苦笑)その後に特別履修で受けようと思ったけど日程が合わなかったり、履修条件が合わなかったり...
映像のスク受講って、情デでやり残したもののうちの一つかなあ?

« N経新聞の芸術欄から | Main | 残りあと僅か... »