« あと一週間 | Main | 作品搬入完了!? »

February 08, 2009

イメージトレーニング?

昨日の土曜日は最終プレゼン作品のチェックをしたあと都内に出かけてきました。
国立近代美術館で写真関係の展覧会が開催されてたんで、プレゼン時の展示のイメージトレーニング(?)も兼ねて観に行くことに。ついでに、京橋のギャラリーでも写真展があったんで、それも観てきましたよ〜

近美では「高梨豊 光のフィールドノート」を観てきました。
街を歩きながらスナップショットを撮るのが好きな私と共通するところが多いですが、私は車や電車での移動中に撮ることは少ないですね〜
フィールドノートという展覧会の名前の通り、主に東京というフィールドをいろいろな視点で切り取った写真は、普段見過ごしてしまっている、あるいは見ることの出来なかった空間を垣間みることができて、興味深かったですね。それらの作品のなかでは、1960~1970年代に撮られた「都市へ」という作品群が特に気に入りました。モノクロの荒れた感じの写真ですが、光と影のコントラストの具合が好きです。荒れ具合も私好み!?(笑)
近美では、「コラージュ〜切断と再構築による創造」展と横山大観の「生々流転」(全長40メートルの巻物)もサラッと観てきましたよ。
以前は、年賀状を作るときには、Photoshopで雑誌から集めた素材をコラージュみたいにしてやってたんで、ダダ辺りの作品群よりも横尾忠則作品などの作品のほうが好きかな?

近美の後は、大手町で一息ついてから京橋のギャラリーPUNCTUMで展示中の「倉田 精二 都市の造景」を観ました。首都高の建築現場の写真だけの展示です。
私は首都高マニアではないですが(笑)、webで展覧会を検索していた時にシャープなモノクロ写真が気になったんで観に行こうかと。で、これらの作品は長時間露光によるものでした。
曲線や直線で生み出される光景によって、高速道路という無機的な存在に不思議な魅力を与えていると思わせる作品がありましたね〜

帰りは銀座を経由したのに、gggに行くのを忘れてしまいました!!
後でチェックしたら「Helvetica forever: Story of a Typeface ヘルベチカ展」という展覧会をやってたらしい...
残念!?

ところで、この日もデジイチ(Canonの30D+20mmレンズ)を持って歩いたんだけど、400枚以上撮ってしまいましたよ〜
しかも、卒制パターンの撮り方が結構多かったりして。
そういえば、M嶽先生から、テーマ相談後に「この1年のためのテーマではなく、その先(7,8年だったっけ?忘れた...)を見据えたテーマにしないとしんどいし、自分のためにならない」というようなことを言われたっけ。
そう言う意味では、街と人と自分という関係で生み出されるコミュニケーションというテーマは、三年次の最終プレゼンのときからずっと変わってなくて、卒制ではテーマに沿った表現として何が最適かをセレクト(模索)したような感じかなあ。なんで、卒制が終わっても変わらず撮り続けるんだろうなあ...
ただ、スナップショットって、肖像権や迷惑条例に抵触しないように気をつけないといけないけどね。(笑)

« あと一週間 | Main | 作品搬入完了!? »

「通信学生生活」カテゴリの記事

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ