« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

April 30, 2009

再トライ!?

卒業してから、いろいろと今後の進む方向を模索してましたが、一つの方向を選択することを決めて、いろいろと準備を進めてました。
で、一部の方々は既にご存知とは思いますが、本学に再入学します!!
25日が今年度募集の最終締め切りだったのに、口座振替手続きの不備があったりしたけど、この月曜日には書類受領の葉書を貰い、そしてこの木曜日に入学許可を受領しました。審査早過ぎです!?
T村先生、U田先生、そして旧知のK合先生と既に面識があるせいかなあ〜
何でこの方向に進むことにしたのかについては、いろいろとあるけど、まずは、平面中心のグラフィックデザインの延長として身体の置かれる空間と言う視点でデザインを捉えてみようということと、情デ在学中の後半で興味を持ったアートディレクションの観点でも、もう少し足掻いてみようかと。
情デ領域の大学院があったら、そっち行ってたのは否定できませんが...(笑)
何時までも外界に出ず、モラトリウム生活が続きますが、実際には情デ在学中よりも仕事関係がキビシい状況なんで、うまく両立させながら、焦らずゆるゆるとやっていきたいと思います。

090430_232401

April 29, 2009

汐留&丸の内へ

結局は、丸の内にある行幸地下ギャラリー(丸ビルと新丸ビルの間の連絡通路を無料のギャラリーとしているところ)へ「アートアワードトーキョー丸の内2009」を観に行ってきました。
その前に汐留へ。天気が良いんで東京の手前のJR駅下車して散歩してて、汐留ミュージアムで何かやってたよなあ、と思い出してむかってみると、「W.V.ヴォールズ〜恵みの居場所をつくる」展が開催中だったんで、早速観てきました。そもそも、英語教師&キリスト教の普及活動のために来日したということで、建築設計は独学で憶えたと言うことは今になって初めて知りましたよ!!
最近、東京の高島屋百貨店が重文になったけど、氏の設計による大丸心斎橋店も良いですよね〜
あっ、一番良かったのは設計図に記載する建築物の名称のレタリングだったりして。(笑)

そのあとは丸の内の行幸地下ギャラリーへ。

090429_163401

デザイン系の作品が少なかったけど、各校選抜の卒業生による力作を楽しませて頂きました。
時間とお金がかかってるんだろうなあ、と妙なところに感心したりして...(笑)
ちょっと不思議だったのは、引っかかった作品には本学の卒業生の作品が多かったこと。
学風なのか土壌なのか、コースが違えどもテイストが似てくるのかなあ...
本学からの参加者は大学院卒業生が多かったけど、一人先端アートコースの方が居ましたね。もしかして、N之木先生の教え子!?
そうそう、今日は初日で最終審査があったせいか、審査員となっている本学の通学/芸術学部のG藤先生を見ました。1メートル以内のニアミスでしたが、特に何も無いです。サインくださいとミーハー発揮する訳でも無いしね。このまえ著書を処分しちゃったで、ちょっと気まずかったりして。(苦笑)
17時からオープニングパーティーや表彰式が丸ビルであったみたいだけど、17時前には退去してきました。
でも、短い時間でしたが、卒業制作に込めたパワー(荒削りな部分があったりするけど)を感じて、久しぶりに刺激を貰いました!!
これを何かに繋げると言う具体性が無いんですけどね...

まずは丸の内へ

GWが始まったけど、5/2に「ゆるゆる学習会」へ乱入(卒業したのに!?)するのと、同じ卒業生のごまさんが出展される展覧会を観に行く以外は予定無しです...
卒制やたびたびの京都行きで出費がかかったし、先月は勤務形態の変更で一次的に給料が減ったんで(固定の勤務手当から通常の残業手当に切り替わる月がずれていため)、旅行など遠出はやめて近場で済ませようかと。
で、今日は休日出勤の可能性があったけど、無くなったんで何をしようかと検索していたらこんなイベントがあるそうで。


■ アート アワード トーキョー 丸の内 2009

みなとみらいのワールドポーターズで日曜日に気になったブックシェルフを再チェックしようと思ったけど、昨日から横浜150年祭が始まって人が多そうなんで、とりあえず都内に出かけてみますよ。
さて、その他は何しようかな?

April 26, 2009

とりあえず近所で済ます週末

土曜日は一日中雨だったんで、ウチの周辺のスーパーやコンビニへ買い物に行くくらい。
と言うことで、晴天となった日曜日はいろいろと出かけてみようとしたけど、昼ご飯を食べに関内に行った後、一旦自宅に戻ってきました。来月のカレンダー作んないといけないということで...(笑)
いやいや、自宅に戻ってきて正解でした!!
ベランダが強風でぐちゃぐちゃになってましたよ...

カレンダーを作って、Fマのモンブランを食べた後は、運動不足解消のための散歩を。
根岸、山手、元町、中華街、関内、みなとみない、野毛とさ〜っと歩いてきました。
最近、根岸駅に行く途中に「根岸なつかし公園旧柳下邸」という施設があることを発見しました。
残念ながら邸内は既に閉館してましたが、無料とのことなんで、機会があれば入ってみようと思ってます。

090426_165301

そのあとは不動坂を登る裏道を通って、久しぶりにドルフィンの前を通ってみました。そう、ユーミンのアノ曲のモデルになった場所です。入ったことは無いですが、確かに海は見えないかもね。(苦笑)

090426_171001

中華街では、小型の中華鍋(正確には北京鍋)を衝動買いしそうになったけど、思いとどまって、みなとみらいへ。赤煉瓦とワールドポーターズにあるインテリアショップで本棚(ショップではブックシェルフと言っている...)を物色してました。現品処分のシェルフが気になりました...
そうそう、みなとみらい地区では、近々横浜開港150周年記念テーマイベントが開催されます。

090426_184901

遠目ですが、鎮座している「ラ・マシン」を見ました!?
動いているのを見るのが凄く楽しみ!!

締めは野毛で一杯!?
日曜日も開いてる店があるんだ〜(笑)
と言うことで生産性は無いですが、小さな発見をしてみた日曜日でした。

April 23, 2009

最近気になった本

例年だと、今頃は初回レポートの締め切り間近なんで、「出す(出せる)」「出せない」でバタバタしていたけど、今年はそんなこともなくダラダラと過ごしてます...(苦笑)

そんな状況ではありますが、本屋さんでこんな本を発見しました。

■「クリエイティブ業界に就職するためのポートフォリオの教科書」(ワークスコーポレーション別冊書籍編集部編)

本の内容・感想については、さらっとしか見てないので控えますが、ポートフォリオを単なる作品集とせずに、自分というものを他者に見せるためのコミュニケーションツールと考えるということらしいです。(紹介文より)
うちのスクでも、自分らしさ(そのときは「俺様度の高いもの」と言ってた)が伺えるものを望んでましたね。

と、こんな話題を挙げたのは、卒制着手者の間で今年度の「ポートフォリオ」スクーリング日程の話が出てたのを思い出したからです。
私がポートフォリオを使うことは今のところ予定無いですので...(笑)

April 21, 2009

次のステップは...

一緒に卒業した方々が(と言っても二人です)、自分が所属されているアトリエの展覧会準備で制作したり、あるいは知り合いとのコラボレーションが出来ないかと展覧会を観られたりと、入学前、あるいは入学中からやられていたことを、卒制という一つのステップを経て、次のステップとして繋げて行こうと活動されてます。
そういうのが無い私は、卒業したから何をするという明確な目標も無いんで、単に「卒業できて良かった」という状態かもしれませんね〜(苦笑)
と言うことで、自分にとっての次のステップを模索してて、とりあえず一次解を出そうとしてます。
勿体ぶることではないですが、その結果については確定してから後日報告したいと思います!?

April 19, 2009

またまたサテキャンへ

今日はサテキャンに行ってきました。
東京での入学ガイダンスの後に「情報デザイン概論」があるんで、担当されるU原先生に挨拶して、ついでに、うちの「ゆるゆる学習会」を始め、「だるま会」と京都の「ビビット会」の宣伝が出来ればと思った次第。まあ、卒業してから他にすることも無い暇人なんで...(笑)
でも、昨年度は月一ペースでU原先生に逢ってたんで、久しぶりという感じがしなかったんですよねえ〜

卒業生には開催時間の情報が提供されてなかったせいで、時間を間違えて芸術科のタイムスケジュールでサテキャンに来てしまい、日本橋界隈を散歩してしまいましたよ〜
おかげで運動不足解消になったかな?

「情報デザイン概論」では、関係無いのに学習ガイドと紫シラバスを新入生とともにしっかりとチェックしてました。途中、仕事帰りのO田さん夫妻がサテキャンに来たんで、抜け出して談笑。ずっと頑張ってた仲間と逢うと、気持ちが和らぎます〜
GWに所属しているアトリエ展に作品を出されると言うことで楽しみです!!

「情報デザイン概論」は、本来、卒業生の聴講制度は無いですが、U先生が快く受けれてくれました。学習ガイドとシラバスもちゃんと貸して頂けたし。でも、卒業生としてどうですか、と急に振ってきたりしてするんで、対応に焦ってしまいましたよ。お陰で気の効いたコメントが出来ませんでした...(苦笑)
最後の一言はイメージしてたんですけどね〜(笑)
卒業したら、ハイ終わりではなく、これからも、いろいろと関与していきますよ!?

April 17, 2009

サイバーキャンパスの研究室ページ

サイバーキャンパスというと、多用するのは課題提出や履修状況などの確認を行う学生メニューと自分の所属コースの研究室メニュー、電子シラバスと書式ダウンロードくらいだけど、他コースの研究室にも有効な情報があったりします。
例えば、総合教育科目(これは他コースではなく学部共通だけど)では、過去の雲母に掲載されたテキスト課題の学習アドバイスが読めますし、他コースもテキスト/スクーリング科目を紹介しているんで、技法系のテキスト課題(所謂、青シラバス)やスクーリングを進めるときの参考になるかもしれませんね~
ちなみに情デ、建デ、空デ、アニメ以外はサイバーキャンパスと同じデザインで、オリジナルのデザインを取っている4コースの中では、建デが卒展をweb上で実施するなど一番内容が豊富かなあ。情デもここ数年は学習支援の内容が増えてきたんで、以前よりは良くなっていると思います。でも、学習メニューの使用に対して情デ研究室へのアクセスはかなり少なそうです...(悲)

April 16, 2009

読んでみたけど

在学中に履修しようと思って着手しなかった科目のテキスト。折角だから読み物として読んでみようと昨日帰宅の電車内で読んでみたけど...


15分持ちませんでしたよ...(笑)
ちなみに読んだのは「美学概論」です。
450ページくらいあるんで、持ち歩くのも面倒...
卒制期間中はテキスト課題をやんなかったんで、専門書が読めなくなったような。って、最近「頭脳労働」してないからか?(苦笑)

ところで、豊田市美術館ではヤノベケンジ氏(本学の情デ教授)の「ヤノベケンジ~ウルトラ展」が開催中とか。
「春の顔見世」を観にいけないまま先週末に終了したけど、豊田なら京都より交通費が安いし、行ってみようかとどうしようかと思案中です。(GWでもあるし)
ジャイアント・トらやんもデカかったけど、今度のウルトラもデカイらしいです!!


April 13, 2009

この土曜日も宴!?

この土曜日は、先の週末に引き続き、ゆるゆる学習会メンバとの宴となりました。
目的は情デ2005年度生であるM本さんの歓送会です。
海外の企業に就職することになり、今月末には現地に出発されるということで、急遽歓送会を開催しました。
とりあえず1年は現地生活されるとのことで、今年度は休学とのこと。その後は来年度の契約次第とのことです。
見つけた新しい道に進んでいかれるとのことで、みんなで笑顔で送り出しましたよ。(ちょっと寂しい部分もありますが...)
なかなか良い環境で、周囲の人々も親切そうな方ばかりで安心しましたね~
なんで、格安チケットが入手できたら皆で遊びにいくよ、なんて話をしてました!!(笑)

その土曜日ですが、宴会場所が銀座だったんで、gggで「09 TDC展」を観て、ギャラリー小柳で内藤礼の「Color Beginning」を観てきました。(Appleストアや松屋のDesign Collectionでも買い物したけど)
海外の有名ブランドのビルが建って街が変化していったせいで、以前あった店舗が無くなっているのに今更ながら気がつきました。(探してたのは製紙会社のショウルーム)
小さなギャラリーが集合している某ビルの隣も解体中でしたね...
日本の都市の変貌度合いにはちょっと複雑な思いがします。

April 10, 2009

学習時間

昨日新聞を読んでて、大学生が自宅など学外で行っている学習の時間が減ってるとの記事が載ってたんで、ちょっと調べてみたけど、あるサイトの調査では、某大学での一日の学習時間(学内のみ)の平均が5時間弱(理系の平均5時間半くらい、文系の平均は4時間弱)らしいです。で、全国平均は4時間弱とか。(出展:http://www.ut-life.net/guide/life/time.php
通信生が、これと同じ時間を毎日に捻出するのは大変だけど、土日の二日間で、昼から深夜まで集中的に学習して20時間費やしたとすれば、平均学習時間は3時間弱やっていることになるんですよね。
やっぱり通信制大学生は努力しているよねえ...

ところで、本学の入学説明のFAQや入学ガイダンスでは、テキスト科目として一番先に着手すべき科目として「学術基礎」を指定しています。これは、共通科目や専門科目のテキスト課題の中にはレポートを提出するものがあるんで、そのレポートの書き方に学ぶということを目的しているからですね。
なので、今まで学術レポートを書いたことが無い人は是非受けてくださいね。(テキストも極めて薄い)
このテキストだけでは不安なら、新書や文庫でその類の本がありますので、参考にしてみると良いかと。
ちなみに私は「大学生のためのレポート・論文術」 (小笠原喜康著/講談社現代新書) を読んでました。
と言っても、暫くレポートを書いていないので、文章の構成や参考文献の引用の仕方などがイマイチになってます。
それ以前に中身がダメか...(苦笑)

April 09, 2009

モードの本

ずっと本棚に収まってた本を読みました...

■「 20世紀ファッションの文化史—時代をつくった10人」(成実弘至著/河出書房新社)

1年以上前に買ってたんですね。(苦笑)
ちなみに著者は本学の准教授です。

ファッション(あるいはモード)のデザイナの軌跡を紹介するだけではなくて、各章の後半では、それぞれのデザイナが活躍した時代/社会に対してどのようなアプローチをしたのか、と言うような観点で述べられていて興味深かったですね。
モードという範囲に収まらずに、例えばポストモダンという観点でファッション/モードというものをデザイナがどのようなアプローチをしていったのかというような論説になってたし、ファッション/モードに捕われずに、デザインという広い範囲で言及されてたと思うんで、情デ生も参考になると思いますが、どうでしょうかねえ...

ところで、この水曜日はちょっと早めに帰れたんで、一つ前の駅で下車。
桜の名所である大岡川では、ちょっとだけライトアップ(苦笑)してましたよ〜

090408_215301

April 08, 2009

ケイタイとクサマトリックス

某通信キャリアさんが、今までのデザイン戦略を更に押し進めた新しい携帯電話のブランドを発表したけど、その一環で、現代アートの草間彌生氏によるデザイン携帯電話が三種類発表されましたね。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0904/07/news037.html

このプロジェクトには、携帯電話を現代アートへ昇華させるというようなコンセプトもあるそうですが...、
やっぱり水玉でしたねえ〜(笑)
でも、携帯電話を、単なるコミュミケーションツールから、もっと違う方向へと展開するためのアイデアとして、興味深いプロジェクトですね。
でも、草間さんは強烈すぎます...(苦笑)

April 05, 2009

花見パーティー

昨日4/5の土曜日は、ゆるゆる学習会仲間との花見パーティーがありました!!
場所は卒業メンバのOさん宅。夕方から雨が降るとの天気予報で、ちょっと雲が多い空模様でしたが、晴れ女Oさんのパワーのおかげか、電車で移動途中に降ってた雨も、駅から外に出たら止んでて、自宅に帰るまで傘が要りませんでしたよ。
今回のパーティーは、情デ+染色(旧情デ)の昨年度(つまり、うちら)卒業者が5名、今年度卒制着手者が2名、今年度三年次最終プレゼン予定者が2名、在校生が1名、プラスその家族と結構な人数が集まりましたね。
10人揃ってたから教員派遣できたかなあ!?(笑)

宴では、卒展の際にF田さんがH先生から頂いた韓国のお土産と、卒業式での理事長の祝辞が話題のメインに。
H先生のお土産、なんとSilkwormの水煮の缶詰でした!?
Silkworm、つまりは蚕のさなぎです。あとでちょっと調べてみたら「ポンテキ」というそうで韓国では普通に食べられているそうで...(美肌効果有り!?)
私も一個だけ食べてみましたが、思った程ゲテモノという味や食感ではなかったです。でも、自ら進んで食べようとは思いませんねえ...(苦笑)

090404_141601

090404_140801


その後は、T田さんが持参してくれた那須牛を頂きました。柔らかくて美味しかったですよ〜
O田さんの自家製野菜を使った白菜と豚バラの鍋も美味しかったです。
と、そんな楽しい時間もあっという間に過ぎて、順次解散しましたが、またの機会を楽しみにしてます!!

例年ならば、こういう催しによって、今度は学習を頑張るか、となるんですが、今年はそれが無いんですよね〜
さて、何を始めようかなあ...

April 01, 2009

今日から4月なので

今日から4月ですねえ...
自宅(横浜)近辺は桜の満開までは未だ時間がかかりそうです。

さてさて、学生証の有効期限が昨日までだったんで、5年間の社会人学生生活が終わり、今日からは単なる(!?)社会人になりました。
でも、K都造形大(特に情デコース)にはプレゼン聴講とか、学業抜きでも関与し続けますので...(笑)

ところで、年度の始めと言うこともありますので、今年度情デに入学される方々もこのブログを読んでいるかもしれないんで(ホントか?)、ちょっと学習のアドバイスなど。

■ 4月/5月に京都と東京で開催される「情報デザイン概論」に出席する。
このスクーリングは、「情報デザインとは」という内容だけでなく、「情報デザインコースで履修を進めていくには」ということについても講義をします。
なので、今後の学習計画を考えるうえで参考になります。
他コースはステップ・バイ・ステップで履修順序が決まっているところもありますが、情デは選択肢が多肢に渡っているので、自分が何を学ぼうとしているのか、そのためにはどのように進めていくかを有る程度定めて学習計画を立てておかないと、後で後悔することになります。特に最短で卒業したい人は最初の計画が全てですね。
勿論、途中で計画が変わってしまうことがありますが...(私がそう)  
それに数時間の座学とレポート提出で単位取得ができるというお得感もあります!!

■ 着手中の課題のシラバスは常に携行する。
課題に着手し始めたら、シラバスのその部分をコピーして、テキストとともに持ち歩いたほうが良いです。
と言うのは、課題にのめり込んでいくと、知らず知らずのうちに横道に逸れてしまうことがありました。また、その課題で何を求めているかを誤読していることや、必要な提出条件を把握していなかったことも。
それに、シラバスが手元にあれば、モチベーションの持続にも繋がるかと。
5月くらいからはサイバーキャンパスでダウンロード可能ですので、そちらも利用してください。

■ 学習の仲間を見つける。
新入生のスクーリングは大抵7月開講分からになると思いますが、そのスクーリングでは仲間を見つけましょう。専門スクで同じコースの人だけでなく、一般スクで他コースの人と知り合いになるのもいいでしょう。同じ新入生だけでなく、先輩とも知り合いになるのがベターですね。タイポ基礎などは新入生だけになる可能性が高いんで、最初の頃は難しいかな...
課題やスクーリングの情報入手したり、学習の不明点や悩みを話し合ったり。一人で悶々とするよりは解決の糸口が見つかりやすいですしね。
情デでも幾つか学習会がありますので、サイバーキャンパスの告知や、My Kuad(本学有志によるSNS)、研究室に問い合わせてみれば情デ関係の学習会情報が入手できます。

■ 卒業までの計画は大雑把でも年間計画はキッチリと立てる。
情デだと、グラフィック(平面・立体)、映像、広告企画、WEBなど領域が多肢に渡っているので、在学中に方向転換することが多々あると思います。私もそんな感じでした...
なんで、「これしかない」という確たるものがあって、それ初志貫徹しようという人でなければ、興味が生まれた方向へ進むよう、計画を柔軟に見直していくのが良いと思います。在学期間を延ばすともありますからね。

反面、一年単位では、スクーリング日程や単位修得試験日程を考慮して事前に計画を立てておきましょう。
その際、テキスト課題については、不合格となった場合にリカバリできる計画にしておきましょう。
また、課題の提出順序や期限が設定されているものなど、履修条件も抑えておく必要があります。
蛇足ですが、スクーリングが京都の場合、受講したいスクが決まったら、受講可の通知が来る前に京都の宿を確保してしまいましょう。秋の観光シーズンは、受講通知が来るのを待っていたら多分取れないと思います。不可になったらキャンセルするという感じで早めに動きましょう。

社会人の場合、職場や家庭との両立は難しいとは思いますが、楽しい学生生活を送ってくださいね~

« March 2009 | Main | May 2009 »

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ