« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

January 31, 2010

テキスト課題のフィールドワーク

先週の終盤は仕事が黄信号状態だったけど、なんとか土日をしっかり休めるということで、その二日間で空デ専門テキスト課題の「器の世界」(前編)に対するフィールドワークをしてきました。
まあ、朝早く出かけたら日帰りでも大丈夫な場所なんだけど、折角なんで土曜日は平日の寝不足解消のためにもゆっくり出かけることにしました。
目的の場所は、かなり昔に行ったことがあるけど、電車の乗り継ぎの場所という感じで、街の中を歩いたことは皆無でした...
そんな状況だったんで、いろいろと期待してたんですが、行って正解だった、と言う思いとともに、調査不足で失敗したな、と思うことも。
まあ、そんなもんでしょ!?
でも、調査不足の部分をテキスト課題としてどのようにリカバリするかが、思案のしどころですねえ...


Img_2157


January 28, 2010

ハードボイルド小説

今年も年頭からいろいろな方の訃報を目にしますが、先日は、ハードボイルド小説の私立探偵スペンサー・シリーズの作者であるロバート・B・パーカーの訃報を新聞紙上で知りました。
元ボクサーでありながら、多読家で料理もするという私立探偵(サム・スペンサー)を主人公としたシリーズは、シリーズを知った時期も遅いし、近作は未読のものが多いけど、主人公のみならず、脇役やしチュエーションが魅力的でした!!
もっと、いろんな角度で主人公や脇役を魅せて欲しかったんで、非常に残念ですね...

January 24, 2010

路上写真の在り方

写真家の篠山紀信氏の摘発に関して、写真評論家の飯沢氏のコメントが載ってました。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/art/325901/

訴訟大国(?)のアメリカでは、路上で撮った写真に無断で顔が写ってたら訴訟されるという話もあったけど、日本もそんな風潮になっていくのかなあ...
個人情報保護法が制定されたときもそうだけど、日本人は規制については過敏だし。
路上写真は、時代をそのまま写し撮るという側面もあって、記録としての価値もあったと思うんだけど。
でも、木村伊兵衛氏やアラーキーなどのストリートスナップショットが好きだけど、自分の写真で通行人の顔が写ったスナップショットが少ないのは、路上の撮影行為でのトラブル回避をしようとしているかもしれないですね...
じゃあ、路上写真でもモデルを使わないといけないのか?
なかなか難しい問題です。

January 23, 2010

残りの課題

一つ前の記事で、専門課題「器の世界」(前編)を乗り切る際のリスクについて書いてみたけど、この週末の土曜日が急遽休日出勤になってしまったんで、フィールドワークに出かけられるのが、1月末の週末のみとなり、リスク度高くなってしまいました!!
週末に仕事が入ってしまったのは、例によって自分の不手際なんで仕方ないんで、来週でリカバリして、1月末の週末はしっかり休んでフィールドワークに行けるようにしたいですね〜

ところで、Web授業を経て1月の三連休の最中に受けた「光」スクの結果が出ました。
この時期ではスクの素点は提示されていないけど、合否結果は表示されてました。
合格したけど、素点は低いんだろうなあ...

January 21, 2010

リスク回避?

来月の10日が2009年度最後の課題提出締め切りなるんで、最低専門課題の「器の世界」(前編)を提出しようと細々と準備をしているけど、現地フィールドワーク日と考えていた今度の週末にケーブルテレビ会社が受信レベル調査が入ることになったんで、予定を見直さないとダメそう...
1月最後の週末に現地フィールドワークに行って、その翌週に内容まとめをして郵送して、という日程も考えているけど、全然マージンが無いんでリスクが高んですよね〜
飛び込みで休日出勤が入ったらアウト!?
なので、現地フィールドワークを今度の土曜日一日で日帰りというのも検討中。
他県だけど、それほど遠いところではないしね。
ともかく、この課題だけは来年度に持ち越ししたくないんで、なんとか日程やりくりしたいです!!

ところで、東京国立近代美術館ではウィリアム・ケントリッジの展覧会が開催中だけど、こちらの展覧会も気になります。

■ 早川良雄 “顔”と“形状”

2月中旬まで開催しているんで、課題が終われば2/11に行きたいなあ〜

January 19, 2010

テキスト課題の下調べ

この日曜日は、今年度最後のテキスト課題提出に向けて下準備をするつもりだったけど...

残念ながら、昼近くまで寝てたり、午後はプリントアウトなどの雑事をしてたりしたんで、あまり進展が無い一日になってしまいました!?
うだうだと過ごしていると、時間が過ぎるのがアッと言う間ですねえ...
とは言え、何とか今年度中に空デ専門課題の「器の世界(前編)」を終わらせられるようにと、本屋さんへ地図やガイドブックを物色しに行ってみました。
でも、マイナーなところ(?)だったんで、ガイドブックにはさわり程度しか載ってませんでしたね〜
なので、ネットを駆使して下調べして、この週末には日帰りでもいいから現地でのフィールドワークしたいと画策中です!!
大丈夫かなあ..

January 17, 2010

土曜日1/16もサテキャン

昨日1/16はサテキャンに行ってきました。(二週連続)
と言っても、スクなどの学習ではなく(建デの特別講義もあったけど)、ゆるゆる学習会メンバとの新年会を人形町で行ったので、サテキャンを待ち合わせ場所にしたのでした!?(笑)

新年会は参加者5名というこじんまりした感じとなりましたが、たわいのない話をしながら、楽しい時間を過ごしましたよ〜
今回は、開催通知からの期間が短かったんで、卒制着手中の方や最近音信が無い方は無理に誘わないことにしたことや、当日でどうしても都合の付かない/体調不良の方が居たこともあり、少ない人数となりましたが、卒制期間後の春には打ち上げを兼ねて拡大版(?)でやりたいと思ってますので、ゆるゆる学習会他、皆さんの参加を楽しみにしています!!

ところで、昼近くまでうだうだと寝ていたせいで出足が鈍かったけど、人形町に向かう途中に銀座のギャラリーに寄ってみました。

「田中一光ポスター1953-1979」ギンザ・グラフィック・ギャラリー
「櫻井康弘展」グレリア・グラフィカ
沢渡朔 「Kinky」BLD Gallery

グラフィック、彫塑、写真と、脈絡の無さが私らしいですが...(苦笑)
田中さんの伝えたいことが明快なシンプルなポスターデザインと、櫻井さんのコンセプトに捕らわれていた時期から解放されて好きなことを表現された精緻な作品とは、スタンスとしては逆かもしれないけど、「表現方法」を模索した結果を見せられた感があります。
沢渡さんの作品は70年代のようなテイストと思ってたら、撮影が1968〜69年だったんですね。
日本での撮影なんだけど無国籍っぽく撮影したり、不思議の国のアリスのオマージュ?だったり、洗練されていない荒々しさが良さなのかな?

もう一つギャラリー行こうと考えていたけど、土曜日は17日閉廊でしたね...
と、こんな感じで充電中の土曜日でしたが、この日曜日はゆるゆるモードになりそうな気配です(苦笑)

January 15, 2010

そろそろやらなきゃ!?

天気予報では最低気温が0度近くということで、朝起きても、なかなか布団から出られないこの頃ですねえ...(苦笑)

さて、学業の方はスクが終わったんで、今年度最後のテキスト課題提出締め切りに向けてラストスパートをかけなければいけないのに、平日の帰宅時間が遅いのもあって、全然スタート切れない状況ですねえ〜
しかも、一月の週末にいろいろと予定を入れてしまったので、その合間を縫って課題着手しなきゃいけないしね!?
ベストなのは、「器」(前編)と「迷宮」+「球」の三つの課題提出だけど、今は最低ラインの「器」(前編)だけでも確実に終わらせたいですね〜
そのためには事前リサーチしなきゃね!!

ところで、銀座のgggでは「田中一光ポスター1953-1979」という企画展が開催中だそうで。
「空間」で足掻いているところだけど、「平面」でリフレッシュしますか!?(笑)

January 13, 2010

今年度の最後の専門スク終了

ブログの更新、空き過ぎですねえ...(反省!?)

ところで、12月の空デ専門スク「プレゼンテーション」の途中からwebスクが始まった専門スク「光」ですが、この三連休で終了しました。

う〜ん、正直言って、サテキャンでの二日間は悩みまくった割には、「轟沈した」、と言う感じですね...
片手間でスタートしたせいか!?(苦笑)
webスク中で、パッと思い浮かんだイメージをそのままずっと持ち続けていたけど、結局はそのイメージに捕われて、そこから抜け出せなかったということでしょうね。
そのイメージをある程度は具現化したかもしれないけど、それと他の要素との統一が図れない状況に陥った感じかなあ〜
この二日間は気持ちが一杯一杯だったせいか、連休明けて一日時間をおいて、冷静に、客観的に考えてみたら、今更ながら修正事項が見えてきました!?
遅過ぎです...(笑)

とは言え、今回は2009年度生が私独りだったんで、上級生の作品を見ることで参考になったし、先生の「デザイン・オリエンテッド」な視点での作品へのアプローチもプラスになりました。
自由といいながらも、きっちりと「デザインの領域」に居る空デ生のスタンスを感じましたよ。
同じ課題を情デでやってたら「デザイン」ではなく、「アート」な視点での作品が多く出ていたと思いますね〜
空デは、具体的にイメージできる空間や躯体を相手にしているせいですかねえ?

今年度のスクはコレで最後になりますが、反省点などの振り返りを来年度に繋げていたいです。
でも、記憶の奥底に閉じ込めて、無かったものにしてしまうかもね...

January 08, 2010

写真の展覧会

最近は(不本意にも!?)仕事モードになってて帰宅時間が遅いのに加えて、ネタが無かったので更新が滞ってました...

この木曜日に、私の卒制作品の方向性を示して頂いたN原先生(今は本学の先生では無いけど)から、新年の挨拶とともに、東京と京都で開催される展覧会のお知らせを頂きました。


■ ポーランド/日本 現代写真交流展− Towards the Essence 2009-2010

開催期間が短くて、東京と京都で出展する作家が違っているみたいですが、都合をつけて観に行きたいと思ってます。
写真がメインの展覧会で、本学の卒業生も参加してますしね。
久しぶりにN原先生に会えたら、ちょっと頭をシェイクして貰いたいです!?(笑)

PS. 「空デ課題部屋」をちょっと更新してみました。

January 04, 2010

1月の努力目標

年末年始休暇が終了して、明日から仕事初めです。
帰省中は、11時位に起きて、25時頃には寝ていたような感じなんで、一日が過ぎるのが早かったような...
しかも、起きているうちの何時間を食事&飲酒に費やしていたか!?

そんな自堕落な生活も一旦終止符を打って、この三連休のスクと2月の課題提出締め切りに精力を注がないといけませんね〜
あっ、帰省中に増量した体重も元に戻さないと...(苦笑)

と言うことで、一月中では、こんなことをしたい!!

■ 1/10〜11のスク参加(そのためには事前準備!?)
■ テキスト課題「器の中の世界」の現地リサーチ&第一課題制作(候補地絞り込み中...)
■ テキスト課題「三次元の造形」(球と迷宮)制作(ぼんやりとしたアイディアしかないけど...)
■ うらわ美術館「オブジェの方へ−変貌する「本」の世界」&横浜美術館「束芋 断面の世代」の見学(うらわ美術館は1/24まで!!)
■ ゆるゆる学習会の新年会!?

これからの週末でクリアできるんですかねえ??
ともかく、進めて行くしか無いですね...

下の写真は雪の秋田空港です。東北の冬景色!?
ノスタルジアを噛み締めてます(笑)

100103_193501

January 02, 2010

今年もよろしく

あけましておめでとうございます。
旧年中にお世話になった方々、今年もよろしくお願いします!!

さて、年末年始は実家に帰省していますが、
まあ、いつもの如くグダグダとした日々を過ごしております。
日本海側といってもそれほど雪は積もっていないですが、結構風が強そうな感じ。
なんで、元日は一日中実家に籠ってました。(体重増加が心配!!)
今日も今のところ外出予定が無いんで、元日にちょっとやってた「器」の事前リサーチと、三連休にある「光」スクの準備をしようかと。
「光」の事前準備としてスチレンボードのカットとか、材料買い出しとか、やらなきゃいけなければいけないことがあるけど、これは1/9の土曜日になりますかね〜

「器」の現地リサーチ、いつにしようかなあ〜??

« December 2009 | Main | February 2010 »