« 残りの課題 | Main | ハードボイルド小説 »

January 24, 2010

路上写真の在り方

写真家の篠山紀信氏の摘発に関して、写真評論家の飯沢氏のコメントが載ってました。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/art/325901/

訴訟大国(?)のアメリカでは、路上で撮った写真に無断で顔が写ってたら訴訟されるという話もあったけど、日本もそんな風潮になっていくのかなあ...
個人情報保護法が制定されたときもそうだけど、日本人は規制については過敏だし。
路上写真は、時代をそのまま写し撮るという側面もあって、記録としての価値もあったと思うんだけど。
でも、木村伊兵衛氏やアラーキーなどのストリートスナップショットが好きだけど、自分の写真で通行人の顔が写ったスナップショットが少ないのは、路上の撮影行為でのトラブル回避をしようとしているかもしれないですね...
じゃあ、路上写真でもモデルを使わないといけないのか?
なかなか難しい問題です。

« 残りの課題 | Main | ハードボイルド小説 »