« 4月の気になる展覧会 | Main | 4/10はMOT(東京都現代美術館)へ »

April 04, 2010

土曜日は写真展へ

昨日(4/3)は午後から写真の展覧会を幾つか観てきました。

まずは、BankART Studio NYKで開催中の展覧会から。

■ BankART school 飯沢耕太郎ゼミ受講生有志・写真展「みる、つなぐ、ひらく」

こちらには、ゆるゆる学習会の総長も作品を展示されているとのことで、最終日(4/4)前日に駆け込みで観てきました。
撮影の手法としては見受けられるパターンですが、コンセプト/テーマの解釈や展示形態は興味深かったです。ちょっとご本人に意図を聞きたいですね〜

そのあとは、恵比寿の写美で先日の記事に書いた展覧会を含めて、二つの展覧会を観てきました。
家を出るのが遅かったし、BankART近くまでバスで行ったら、その路線がちょっと渋滞していて(根岸森林公園を経由)、結果的に恵比寿に着いたのが16時半過ぎということで、駆け足での鑑賞となりました。

■ ジャンルー・シーフ写真展「Unseen & Best works」
■ 森村泰昌展「なにものかへのレクイエム − 戦場の頂上の芸術−」

森村さんの展示の方では映像作品があったけど、幾つかは完全に観れませんでした。
でも、ユーモアを交えつつも時代を振り返り、批判(あるいは反省、期待)するという意図があぶり出されていました。
シーフの写真はモノクロによるコントラストの表現が良かったです。今まではポートレイト(ファッション写真)しか観ていなかったので、スナップショットや風景写真が観れたのが収穫かな。そのなかで幾つか気になるものがありましたね。

その後は、夕方の雨が通り過ぎるのを待って、恵比寿から六本木を経由して新橋まで夜の散歩。最近運動していないので(ちょっと体重が...、苦笑)、六本木のA山ブックセンタでの本の物色を兼ねて歩いてみました!?
こんな本が気になったけど(笑)、衝動買いは回避...

「天国は水割りの味がする ~東京スナック魅酒乱~」(都築響一著/廣済堂出版)

この本の著者は、いつも意外なところを突いてきますね〜

で、六本木のスペイン坂と桜坂で街路に咲いている桜を見てきました。徒歩移動中で、しかもお腹の具合が今イチだったので団子は無しでしたよ。

Img_3215a

Img_3256a


« 4月の気になる展覧会 | Main | 4/10はMOT(東京都現代美術館)へ »