« 今日からディスプレイデザインのスク | Main | いろんな「猫」!? »

July 27, 2010

専門スク「衣食住のディスプレイデザイン」

先日の週末7/24〜25は、外苑キャンパスでの空デ専門の3年次スクーリング「衣食住のディスプレイデザイン」でした。

去年までは「ディスプレイ基礎」と言う1〜2年次スクがあったけど、今年度からは、カリキュラム変更で1年次から3年次までの間でディスプレイ系のスクーリングはこれだけになりました。
そのため、担当されたT先生も基礎編と応用編の区切りが無くなったんで、進め方を悩んでいたらしいですね。

ちなみに、受講者三名と言う少人数。その分、先生と学生とのやりとりが増え、進行が混乱することもなかったので、先生の試行錯誤をリカバリーしてたようですが…

このスクでは、ディスプレイの事例調査、コンセプトシート作成、それらに基づき自宅でディスプレイした写真の撮影までが事前課題で、スクではブラッシュアップ(あるいはゼロクリアからのスタート)と制作と言う流れでした。

で、私はと言うと、ディスプレイの対象物とコンセプトは事前課題で決めていた通りだったけど、イメージスケッチがなかなか進まず…
受講者が少ないんで、先生の様子見の周期が短く、ディスカッションも濃くなってくると、締め切りまでの時間が短い焦りもあり、先生のアドバイスが色濃く反映されたものになってしまいました…(苦笑)
イメージスケッチの時間がもう少しあったら、違うアイデアが出てたかは保証できないけどね。

結局は、写真を立体的にコラージュして、コンセプトの持つ世界を表現すると言う(無難な?)方向でまとまった感じ。
しかも去年のディスプレイ基礎とは違って、今回はウィンドウディスプレイのように前面から観られる空間を構成すると言うことだったんで、気持ち的には平面のグラフィックに近い訳で。

制作では、初日は、帰宅途中の買い出しや帰宅後三時間ほど写真素材の選択やトリミングなどの出力加工、コンセプトに合わせた紙の選択とか、作業はあったけど、二日めはイメージスケッチと用意した出力素材を空間的にどう配置するかをトライし続けて、それぞれの最終的な形状とサイズを決めたと言う感じで、実際にモノを作ったのはアクリル板の張り合わせと、写真素材をスチレンボードに貼り付けた後のカッティング、下地として使用した布のアイロン掛け(笑)くらいでした!?

最後の講評では、世界観が出ていると言われましたが、写真素材は既存のものを後処理したもので、空間構成のアイデアももう少し捻りを入れたかったんで、ちょっと物足りない感じでしたね…
著作権があるんで、実物の写真は載せられませんが…

制作の方は大仕事をした感は無いけど、雑談を含めて、先生からデザインの考え方などいろんなことを聞かせて貰ったのがプラスになりましたね。先日のスクでD先生が言われたこととの共通点もあったし。

やっぱり、あっという間の二日間なのでした!?

« 今日からディスプレイデザインのスク | Main | いろんな「猫」!? »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 専門スク「衣食住のディスプレイデザイン」:

« 今日からディスプレイデザインのスク | Main | いろんな「猫」!? »