« July 2010 | Main | September 2010 »

August 2010

August 31, 2010

8月最後の週末は空デ専門スク

この週末は京都での空間演出デザインコースの三年次専門スクーリングでした。
で、デザイン科のスクは土日の二日間だけど、来週の総合スクをキャンセルしたんで(金銭的な理由なのでした、苦笑)、金曜日に京都に前入りすることにしました。
と言っても、京都に行っても何するの、と言う感じで、京都に着いたのに企画無しだったりする訳で。在校年数が長くなってくると、京都で観光という気力が湧かなくなってくるのは私だけかなあ...(笑)
でも折角の機会なので、いろいろな人から良かったということが耳に入っていた河井寛次郎記念館と、今まで中に入ったことが無い国立博物館へ行ってきました。
どちらも学割などの特典で安上がり!(笑)
国立博物館では、間違えて有料で入館したらフレンドリー会員の返金作業に係員の方が奔走してくれました。その心遣いが凄く嬉しかったですね〜!!
ちなみに国立博物館では「雨月物語」の作者の上田秋成展が開催されてて、秋成と同時代に関西で活躍して交流が遭った蕪村や応挙、若冲、呉春などの作品も観れました。なかなかお得な(本学在校生は無料)展覧会ですね!!

スクーリングでは、まずは、初日の土曜日に堀川今出川近くの町家を改装したギャラリー(ANEWAL Gallery)へ集合してフィールドワーク。そのあとは学校に戻って、その町家へプレゼントするプロダクト(あるいはグッズ)の模型制作と、そのパンフレット作成というのがお題でした。

大筋、一昨年まで情デで開講していた「プロダクトコミュニケーション(フィールドワーク)」そのものですが、情デでは京都の伝統工芸の店舗や工場、美術館を見学後にそれに纏わるプロダクトの模型制作でしたが、空デではある意味、町屋と言う空間を擬人化して、「町家くん」に何をプレゼントするのが一番喜んでくれるかを構想するとともに、プレゼントする行為を「プレゼンレーション」と位置付けようとするところに違いがありましたね〜
そんな感じであっという間に二日間のスクが終わり、合評会となりましたが、担当教員のN山先生とは一番長い付き合いなのに、先生から以前似たような言葉を貰ったことを忘れていました…
だから、いつまでもレベルが上がらない訳ですねえ。

ところで、あるスクで、N山先生から、私は「作品として(モノを)作らない」方に分類されていて、それは的を得ていると思っているんだけど、このようなプロダクト系のスクでは、メーカに在勤しているせいか、モノを作ろうとしてしまい、思考が「モノ」に捕われてしまうようなところがありますね...
そう言いつつも、実は基本的に面倒くさがりなんで、きっちりしたプロダクトもできないし、綿密な仕込みも出来ないのです!?
こんな人なので、何年も指導して貰っているN山先生の想定を越える作品を作り出す以前に、その影すら踏める領域にも達していないのを自覚...

と言うことで、ネガティブなコメントで終わるのでした!?(苦笑)

August 27, 2010

バタバタと銀座へ

当初の計画では、来週の週末が三日間スクと言うことで、夏期期間に一日だけ割り当てられた休暇をそこで使う予定でした。
でも、残念ながらキャンセルしたので、この金曜日に回して明日からのスクへ前泊することにしました。
と言っても京都で何かをする予定は無いけど…(苦笑)

そんな感じなんで、昨日は、前の記事で紹介した個展「書庫の静脈」を観に銀座へ行ってきました〜
この木曜日から日曜日までの開催なんで、この日しか無いなと。
でも、会社のグループメンバーに早く寝ると宣言したにも関わらず、お約束通り(?)に退社予定間近にトラブルが発生して、ギャラリーに到着したのは閉廊10分前でした!?
間に合って良かったけどね…(苦笑)


個展の内容は、統一された作者の世界観を充分に感じることが出来ました。
技法やテクニック、精度など、個々の作品に対する要素は有るけど、トータルとしての作品の捉え方や世界観と言うのは作家そのものが出てきますからねぇ。
やり続けていること、拘っていることがあるのは強いですね〜
情デの3年次最終プレゼンと卒業制作作品もありますので、そのレベルの高さを見て頂きたいです!?

August 25, 2010

マーケティング論第二課題の添削結果

月曜日に「マーケティング論」第二課題の添削結果が戻ってきました。

珍しく商品のネーミングで誉められました!?
作品のタイトル付けなど、いつもはセンスの無さに自分でも頭を抱えているんだけど…(苦笑)

改善点としては、商品のコンセプトは良いけど、受け手に伝えようとするキーワードやビジュアルの優先付けが整理されておらず、インパクトが弱くなってるので、商品を明確に表している独自の言葉が欲しかったとのこと。
また、商品の発売時期を加味した提案を折り込んで欲しかったとのことでした。
マーケティングと企画の流れを押さえた内容になっているとは言われたけど、いつも通りに発想の柔軟性がイマイチなのでした…
なかなか打破出来ないなぁ。

マーケティング論第二課題の添削結果

マーケティング論第二課題の添削結果

マーケティング論第二課題の添削結果

August 22, 2010

8/21は空デの学習会へ

昨日8/21は、外苑キャンパスで空デ2009年度生の皆さんとの学習会でした。
うちの学習会(ゆるゆる学習会)は、事実上今年は休止状態なので、学習会に出るのは久しぶり!?
(前回はスク中だったので乱入してましたが...、笑)

人形町で教室を借用していたときよりも1時間早い16時までが借用時間となっているんですよね...
明日8/22締め切りの「精進料理」スクレポや来週の空デ専門スク事前課題など幾つかの積み残しをクリアしようと思ったけど、結局はスクレポが何となく形になっただけで、アウトプットは少ないけど、学習会は、お互いに刺激を与えあいながらモチベーションを継続させることができる、と言う点が一番の利点だと思うので、その点では良かったかな〜
今年度、東京で出席した専門スクでは2009年度生の方に会う機会が無かったしね。それに、久しぶりに会えた方も居て良かったですね!!

あっ、スクレポはさっき中身を見直しして、出力しました!!
本日中に投函しますよ〜

August 18, 2010

新聞記事と気になる展覧会

先週までは夜に窓を開けていると風が入ってきていたんだけど、今週はほとんど無風...
なので、自宅では考える気力無し状態です(笑)

ところで、今日のN経新聞夕刊では、横浜から大阪へと個展が巡回している束芋さんの記事が載ってました。主題となっていたのは「団塊の世代」と「断面の世代」という切り口からの「世代論」。
太巻き寿司を例えにそれぞれの世代を説明していましたが、そういう捉え方もあるのかと妙に納得してしまいました。
横浜で見れなかったんで、大阪で見ようかなあ....

■「束芋〜断面の世代」at 国立国際美術館 

あと、来週から開催される展覧会がこれです。以前横浜で開催されたのを2回観たことがあるのですが、一つのテーマを様々なイラストレータが料理するということでかなり気になってます。

■「182人のイラストレーターが描く 新訳イソップ物語」

あっ、こちらも、ギャラリストの方のコメントでは、2010年8月の締めとなる展覧会だそうなので、お勧めです!!


■ 瀬戸 直 exhibition 『書庫の静脈』

銀座のなかでも、なかなか風情のある建物での開催なので、時間があれば是非どうぞ!!

August 16, 2010

週末はダラダラと

8/14〜15の週末は夏期休暇となっている会社が多かったけど、うちの会社は、残念ながらいつもの週末と同じなのでした!?
ということで、今月末は専門スクがあるんで、事前課題や8月の制作課題の提出準備をしようと思ってたけど、うざったくなった髪を切りに行ったり、情デ関係の方と飲んだりしたんで、結局は7月末に受講したスクーリングのレポートに手を付けただけでしたね...
実は半分も進んでないけど!?
これだったら、美術館に行った方が良かったかなあ〜

で、今気になっているのはこんな展覧会です。
■ 束芋 「ててて」

August 14, 2010

ちょっと逃避&スクをキャンセル

カレンダー通りなんで、この土日は普通の休日。
でも、お店などは夏休みモードでいつもと違うんですよねぇ…
今日は曇っているし、窓を全開にすると結構強い風が入ってくるんで、自宅で「精進料理」のスクーリングレポートをやろうかと思ったけど、やはり暑さで頭が整理出来ない!?
と言うことで、ランチも未だなんで、戸外へ逃亡中…

ところで、当初は来週から4週連続のスク受講計画だったのが、事前課題の準備をする時間が取れないと言うことで来週分の専門スクをキャンセルしました。
今度は、収支状況の悪化で総合科目のスクもキャンセルです。(苦笑)
京都だと旅費と宿代かかるからねぇ…

August 10, 2010

「マーケティング論」第二課題提出

この週末の土日は、自宅に籠って「マーケティング論」の第二課題やってました!?
相変わらず暑い日々でしたが、窓全開だと強めの風が吹き込んでくるんで、なんとか日中をやり過ごすことができましたよ...

この課題、一応事前に構想してたけど、対象物を「女性向けビジネスバッグ」から「旅行好き20歳台女性の2台目のコンパクトデジタルカメラ」に変更してから本格的な作業に着手するのは初めてだったんで、意外と時間がかかりました。
量販店で収集した各メーカのカタログに目を通すのもこの日が初めてだったし。
基本的にモノは壊れるか、支障が出てからどうしようかと考える方なので、最近のデジカメの動向に疎いのでした...
カタログを見ていると購買衝動にかられる部分もありましたが(苦笑)、課題制作ではそれ以外の些細なところにも余計な時間がかかって、日曜日の昼過ぎに終わらせる予定が、結局は16時過ぎになってしまいましたね。
専門の二日間スクーリングでは大抵その辺りが合評開始時間なので、この二日間はスクと同じような感じです...(笑)
昼頃に終わってたら、いろいろとやりたいことがあったけど、棚上げになってしまいました!?
こんな感じで、スケジューリングがイマイチな週末なのでしたが、課題提出が出来たので、ヨシとしましょうかねえ〜

August 06, 2010

マン・レイの展覧会へ

この金曜日は仕事の区切りがついたんで、早々に退社して国立新美術館へ。
マン・レイ 「知られざる創作の秘密」展を観に行ってきました。
金曜日は閉館時間が20時まで延長されているけど、メール送付などでバタバタしたせいで入館したのは40分前。ざっと観るなら十分な時間と思っていたけど、展示点数が多くて最後の方は駆け足になってしまいましたね...
写真だけでなく、絵画、オブジェ、そして設計図(!?)など、多肢に渡る制作活動を観ることができる展覧会でした。ソラリゼーションのように実験を重ねながら数々の写真作品を生み出したのに、絵画を捨てきれず、晩年は絵画へ回帰したというのが興味深かったです。
金曜日の夜でも意外と観覧者が多かったですが、同時開催中の「オルセー美術館展2010-ポスト印象派」の入場待ちの行列には圧倒されました!?(人が多過ぎです!!)
皆入館できたのかなあ...

August 03, 2010

「精進料理」スク終了

この土日は京都での「精進料理」スクでした。
初日は、料理教室では無いので自由な発想でメニューを考えましょうと言われて、本学近くの瓜生庵(本学施設ですが、以前は蕎麦屋さんだった...)でのメニュー作りと錦市場での食材の買い出し、そして日本料理で用いられる漆器を丸太町のアンティーク漆器のうるわし家さんで見せて頂くという工程でした。
漆器のお椀より、蒔絵が施された別のものが気になってしまいましたね...

そして、二日目は、その食材を使っての実際の調理となりました!?
出来上がったのは、こんな感じです。

Img_4670a

汁:焼き万願寺とうがらしと焼きなす入り冬瓜スープ(冬瓜を裏ごししたものを使った冷たいスープ)
菜:えびす南瓜と揚げ麩の湯葉包み揚げグレープフルーツソースかけ(ソースは白味噌を使用)
飯:新ショウガと油揚げの炊き込みご飯(油揚げは軽く焼いたもの)

これに瓜生庵で維持している糠床で漬けた加茂なすと胡瓜の糠漬けを加えた精進料理の一汁一菜という形式でしたが、オプション(?)として、更に、チームメンバーが交替で一時間程かけて擦った胡麻(生の白胡麻と煎った白胡麻)を使った胡麻豆腐(作ったのは先生)と人参菜の胡麻和え、そしてデザートはミニトマトとブドウの寒天寄せを加えると言うものでした。
この胡麻豆腐は上質の吉野葛を使ったもので、スーパーで市販されているものとは違い、表面が真っ白で弾力があり、力強さを感じるものでした!!
胡麻豆腐の概念が変わる、と先生が言ってましたが、まさにその通りでしたね〜

料理を作るだけでなく、食と芸術との関係や日常における食の役割なども問題提起されることもあり、なかなか深いスクでしたね。
今年度は9月のスクで終わりだそうですが、エクステンションなどが開催されるようなので、興味の有る方はこちらを参考してくださいませ!!

« July 2010 | Main | September 2010 »

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ