« 神宮前のギャラリーへ | Main | 空デ専門スク「デザインプロセス」(その2) »

September 13, 2010

空デ専門スク「デザインプロセス」(その1)

今年度5つめの空デ専門スクーリングが終了しました。
一応、今年度の専門スクの受講計画は8科目なんで、後半戦に突入です!?

今回は2年次スクーリングの「デザインプロセス」。
担当は初めての先生でした。
内容は、市販の雑誌(専門誌では無くライフスタイル全般を扱う総合誌)を元に読者ユーザーを想定して、そのユーザーのための「収納」のある空間(10畳程度の部屋)を提案すると言うもの。
最終的には平面図・断面図など間取り判る図面やイメージがわかりやすいパースなどを付けたプレゼンシートを作るんだけど、スクの根本的な目的は、デザインのロジックを身につけることでした。

事前課題は、選択した雑誌から図版や文字を抽出して、その雑誌の持つイメージをA3サイズに纏めてイメージシートを作ることと、イメージシートを元に「美・用・材」の観点でどのような収容を提案するかをコンセプトシートに落とし込んでくること。
ただし、コンセプトシートは最後の合評までに完成させるとのことで、途中の状態でスクーリングに持ち込んで良いとのことでした。
で、私が選んだのは「PEN」(最初はクウネル)だったけど、材料を選んでいたら課題事例のようにキレイにレイアウト出来そうも無い…
でも、事前資料ではコラージュすること、となっていたんで、事例とは逆に雑然とした感じにしてみました。
コンセプトシートは、収納に関する写真材料が少なかったこともあり、すっきりとしたデザインとなってしまいましたね。
この二つのシートの対比が謀らずも全体のコンセプトに繋がることになったのですが…

と言うことで、残りは別の記事で。(一応、引っ張ってみる…、笑)

« 神宮前のギャラリーへ | Main | 空デ専門スク「デザインプロセス」(その2) »