« 友人たちの展覧会情報など | Main | 文化の日なので(?)世田谷美術館へ »

November 02, 2010

神保町のギャラリーへ

この月曜日は、昼休み時間に神保町のギャラリーへ行ってきました。

■ 福田尚代展〜言葉にまつわる連作の新たな展開(ないこと)についての試み(ギャラリー福果

移動時間があるので在廊時間が短く、しかも作家さんが居たのに接客中だったので、ささっと作品を観ただけになってしまいました!?
一見すると何のことは無い作品に感じてしまうのですが、それらが架空の文章を全て頭の中で想像した上で作品を作られているとしたら凄いな、と思ってしまいました!!
原稿用紙一枚ならまだしも、結構枚数が多い読書感想文を全て頭の中で想像しているとしたら??
あるいは短編小説を全て頭の中だけで想像しているとしたら???
加えて、DMで見られるように、穴を明けられた升目によって生み出される影がキレイでした。
素材としては最低限なのに、いろんな要素を見ることが出来たという感じです。
そう言えば、これって、なおぞさんの逆アプローチ?

101101_231701

« 友人たちの展覧会情報など | Main | 文化の日なので(?)世田谷美術館へ »