« February 2011 | Main | April 2011 »

March 2011

March 30, 2011

春の顔見世2011

今年も開催される本学瓜生山での展覧会!!

■瓜生山 春の顔見世 デザイン系学科教員作品展
・会期:2011年3月28日(月)〜4月20日(水)10:30〜18:30 *日曜休館
・場所:ギャルリ・オーブ(京都造形芸術大学 人間館1F)
・料金:無料

行きたい!?
でも、旅費&宿代が...
先に京都へ行った時には、ホテルチェーンの宿泊ポイントが溜まっていたので、宿泊費が浮いたんだけどねえ。
観に行った人の報告を待とう...

March 29, 2011

今更ながら「おみやげ...」課題添削結果

いろいろあって時間が過ぎてしまいましたが、2010年度制作課題の最終締め切りで提出した「空間演出デザイン基礎2(器の中の世界/私のまちのおみやげ)」の添削結果について...

この課題は、2009年度までは「器の中の世界」として前編(選ばれた土地のフィールドワーク)/後編(フィールドワークした場所でのお土産を考える)の二つの課題に分かれていたものが、一つの課題に統合されたもので、フィールドワークからお土産企画までトータルで考えるものになっています。

実は、課題が統一される前の2009年度のうちに、静岡県三島市でのフィールドワークが完了して添削結果も受領済みなので、その内容を転用できたんだけど、折角なので、2010年度も自宅(横浜市内)周辺のフィールドワークをして、それをベースにお土産企画までやってみました。

でもねえ...
フィールドワークまでは何とか形にできたけど、その後の締め切りまでの期間が厳しく、企画内容が練り込めないまま最終提出期限が来てタイムアップ...

で、この科目の評価指針と大まかな評価内容は、以下のようなものでした。
■ 課題の理解:着眼点/視点はまずまず
■ 現地取材や文献調査などの分析:過不足無く纏まっている
■ 企画書の表現、編集:後半のやり方が新鮮
■ 作品の発想と表現:微妙な味わいのあるアイデアはあるが、ターゲットをしっかりと決めることが重要
■ 方法・・・素材の考察:細部の考察が必要

私の場合は、後半の2つへの評価がダメでした。と言っても、前半の3つの評価もそれほど高いものではないです。
時間を割いて「企画書の表現と編集」だけでも悔いが無いようにすればよかったかなあ。
先生はこちらの考え不足の部分はオブラートに包んで、良いポイントを探してコメントされていますが...

やっぱり、私の場合は、追いつめられると「火事場の...」が出る方ではないようなので、2011年度はそのようなことを繰り返すことが無いようにしないとね!?

March 28, 2011

2010年度の履修状況

履修状況表の送付は4月になってからだと思うけど、とりあえずの総括。

去年の2月の記事で、2010年度は「テキスト課題がキモ」と書いてたんだけど、まったくその通り...
取得単位数はそれなりだったけど、肝心の専門のテキスト課題の進みが悪かったです!?
結局、2年次配当分の半分(2/4科目)までしか終了していない訳で。

で、2010年度の履修状況はこんな感じ。
専門のスクーリングについては、以前仕事でキャンセルするケースも多々あったので、「取れるうちに取る」と進めてしまったのもテキスト課題が進まなかった要因の一つ。
今になってみると焦らなくても良かったかなと、思ってみたり...
総合科目のスクーリングは、全科目とも京都市内フィールドワークか、学外を会場にしているかいづれかに絞り込んでしまった感がアリアリです!?(笑)

---
■専門テキスト(レポート)課題(8単位)
・建築計画論1(※)
・マーケティング論(※)

■専門テキスト(制作)課題(4単位)
・空間演出デザイン演習1-1(※)
・空間演出デザイン基礎2(※)

■総合科目テキスト(レポート)課題(2単位)
・情報基礎(パソコン入門)

■専門スクーリング(8単位)
・空間演出デザイン3-2(空間構想・デザインプロセス)(※)
・空間演出デザイン3-3(空間構想・実空間の想像と創造)(※)
・空間演出デザイン5-2(ショップデザイン)(※)
・空間演出デザイン5-3(VI)(※)
・空間演出デザイン5-4(衣食住とディスプレイデザイン)(※)
・空間演出デザイン5-5(デザインマネジメント) (※)
・空間演出デザイン5-7(空間とプロダクトデザイン)(※)
・空間演出デザイン5-9(コンパクトデザイン)(※)

■総合スクーリング(5単位)
・鑑賞表現基礎
・京都発見
・技法研究3:精進料理
・芸術環境演習3〜8(京の継承文化/京町家の暮らし)
※:必修科目

---

2009年度に2年次で空デに編入したので、年間20単位で4年という考えが漠然とあったけど、2009年度は33単位、2010年度は27単位と、何故か年間30単位のペースになってます。
でも、2010年度から異分野3年次編入として修得単位数が見直されたので、62単位以上なら卒業条件に合致することになるで、単位取得の方はペースダウン。あとは専門科目の残り18単位のうち、卒制着手のための単位取得が最優先ですね!!

March 27, 2011

東京都現代美術館へ(3/26)

この週末は計画停電の予定は無いし、風が強かったけど天気が良かったので、東京都現代美術館へ行ってみました。
現在開催中の二つの展覧会を観てきました。

110326_162301


■「MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方」

■「田窪恭治展 風景芸術」 

MOTアニュアルは知っていたけど、実際に展示を観に行くのは今回が初めて。
今回展示されている作家さんでは、池内晶子さんは東京都庭園美術館での「ステッチ・バイ・ステッチ:針と糸で描くわたし」展で、八木良太さんは原美術館での「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」展で作品を観たことが有るけど、それ以外の方は初めて。
池内さんは「糸で空間を編む」、八木さんは「偶発的に生まれて再現できない音の世界」という感じで、今迄の作品の文脈に沿いながらも、新しい表現によってがそれぞれの作品世界が展開されていました。
今回気になったのは、残念ながら地震の影響で調整中だった木藤純子さんの作品と、関根直子さんの展示。関根直子さんの展示スペースにはある場所にスピーカが設置されていて、作品を制作中の音が聞こえてくるのですが、それを聞きながら作品を観るといろいろな気持ちが沸き上がってきました。
また、冨井大裕さんの作品における素材との向き合い方や、表現(一定のリズムを持つのかどうか)も気になりました。
とことで、冨井大裕さんの作品ですが、ミュージアムショップ(NADiff contemporary)のなかに、さり気なく作品が展示されていました!?
あれは気付かない...

田窪恭治の展示では、「林檎の礼拝堂」で実現できなかった敷地の整備プランを実寸で再現したり、「琴平山再生プロジェクト」の茶所(レストランとカフェ)を飾っている磁器板による壁画の別バーションを、茶所の空間を再現しながら展示したり、同じく「琴平山再生プロジェクト」で進行中の白書院の室内を再現し、そこにオイルパステルによる襖絵を配置したり、と大掛かりな展示が行われ、実際の空間を意識(体験)しながら鑑賞することができました。

現美の後は、清洲橋近くのシュウゴアーツなど複数のギャラリーが入っているビルへ行こうかとも思いましたが、墨田川を渡って人形町方面へ散歩していきました。
なお、シュウゴアーツでは、3/19から藤本由紀夫さんの展示が行われる予定だったけど、延期されたそうです...

110326_165501

March 24, 2011

MIZUMA ART GALLERYの展示

ちょっと前のことになりますが、勤務先(飯田橋)から程近い"MIZUMA ART GALLERY"でこんな展示を観てきました。

■ 鴻池朋子展 「隱れマウンテン  逆登り」

この方はパワーあるなあ、と再認識させられました!?
作品の根底にあるものは「インタートラベラー」などで以前から展開されていたテーマ/コンセプトですが、想像力によって生み出された世界の上で、ある一点に視点が集約したかと思うと、違う視点へと移り代わっていくというように、まるで振り子のようです。表現方法も、平面作品ではありますが、時には襖絵だったり、本だったり...
ただ、世界地図が提起されているので、同じ世界での「物語」ではありますが、それにしても空想の世界で全てを構築して行くパワー、そしてそれを表現するパワーはスゴいです。
来月、「焚書 World of Wonder」という本が出版されるそうなので、こちらも気になります!?

March 22, 2011

気になった本

この3/22は自宅待機明けの初日でした。
でも、計画停電による通勤の影響などが判っていないせいなのか、平常通りと言う訳では無く、今週は残業無しで様子見という感じですね...
と言うことで、ちょうど探しているもの(文房具類)があったので東京駅前のM善へ寄り道してきました。横浜駅直結の店舗だと18時位で閉店してしまう可能性が高いだろうということで。(実際、早々に閉店していました)
で、書籍のコーナーに立ち寄ったら間違いなく何か本を買ってしまうだろうと避けようと思っていたのに、やっぱり立ち寄ってしまい、しかもこんな本を買ってしまいました!?
火急で必要なものではないのに...

■ 「未来ちゃん」(川島小鳥著/ナナロク社)

雑誌ブルータスの写真特集の表紙を飾った「あの子」の写真集。
子供の笑い顔の「無邪気さ」だけではない、時には泣いたり、拗ねたりと様々な表情から、何かパワーを貰えそうな気がして。祖父江慎さんの装丁も面白い本です!!

110322_233401

110323_000801


給料前でお金をおろしていなかったのに...(苦笑)

March 21, 2011

何とかやってます

この度の震災に関連される方々へのお見舞いを申し上げます。

暫くぶりの記事です。
震災では、他の首都圏の方々と同様に発生当日の帰宅で苦労したりしていますが、横浜の自宅は物的被害がなく、計画停電も影響無し。勤務先から自宅待機を言われていたのが一番大きな影響でしょうか。

さて、この三連休のうち、土曜日は、ある「ミッション」を携えて、京都本学での通信生卒業制作展の見学&情デ卒業生の謝恩会へ出席してきました。
10人以上の方々の協力を得て進めた「ミッション」の方は成功でした!!
計画推進頂いたIさん、ご協力頂いた皆さん、ありがとうございました。

翌日は烏丸のLisnへ。
某銀行のATMがシステムダウンのため、財布の中身が危うい状態だったので今回の買い物はパスしましたが、店内でこのような展示がおこなわれていたため、それを観てきました。

■ 三好祐一 ペーパーアート展「One day -あの日、路地裏で-」

繊細な仕事で作られた作品が店内の至る所を飾っており、彩色していないにも係らず、華やかさを感じさせました。

Img_6164a

Img_6165a


ところで、3月は、月の始めの頃は精神的にネガティブな感じになっていて、少しテンションが上がって来たかなあ、という時に震災があって、またネガティブ状態に戻ってましたが、震災から一週間過ぎて何とかポジティブに考えようとしているところ...
罹災している兄弟から、逆にそっちは大丈夫かという声をかけられたりすると、被災にあってない人間まで落ち込んでいてはいけない、出来るところから少しずつでもやっていこうと思うようになってきました。
自宅待機だった仕事も明日から再開です。
シラバスも届きました。
義援金も節電も少しずつですがやってます。
少しずつでも前向きに、ですね...

March 01, 2011

今年度の最後提出課題の結果

2月の最終受け付けに提出した空デ専門課題の結果が出ました。
期日に間に合わせた感の高い内容だったので、結果は一応合格でしたが、やはり評価は低いです。
自分としても、いっその不合格で来年度再提出したい気持ちが強いですねえ...
とは言え、年度内に提出した課題と受けた試験が滞り無く終了したのを喜ぶべきなんだろうけどね!?

課題の出来以外にも、いろいろな要因があったせいで2月はモチベーションが低下してたので、3月はテンション上げたかったけど、2月の低下要因を引きずっているみたい。
気温の変化も激しいので、ちょっと喉の調子が悪くなりかけていて、更にモチベーションを低下させてます...
心の起爆剤が欲しいなあ〜

先日2/26は都内でブラブラと

いつも通る道であっても、時間帯や曜日、天候が変わると違った表情を見せてくれることがあります。
あるいは、視線をちょっと上に上げてみるとか。

と言うことで、この2/26の土曜日は、いつもは平日のランチタイムの一時間しか歩かない飯田橋&神楽坂辺りへ。まずは、印刷博物館内のP&Pギャラリーに店頭デザインに関する展覧会を観に行ってきました。

■店頭デザイン大解剖展〜つい買いたくなるお店の「しかけ」とは?

110226_143801

瞬時に人の目を引きつけなければいけないというのは大変なことです!?

その後は、神楽坂の赤城神社の裏手にある三つのギャラリー(MORI YU GALLERY TOKYO/Ohshima Fine Art/IMURA ART GALLERY TOKYO)へ。
ギャラリーが入っているビルは、最後の一段の踏面が三角形になっている階段があったり、手動扉のエレベーターだったり...

110226_153001

神楽坂の後は、初台のオペラシティへ。
まずは、2/27の日曜日が最終日だったNTTインターコミュニケーション・センター[ICC] での展覧会「みえないちから」を観ました。
閉館時間を勘違いしていて、一部の映像作品は最終受け付けが終わってて観れなかったけど、志水児王の《クライゼンフラスコ》という作品には、永遠に続いて行くような光の変化を感じることができて、嵌りまってしまいました!?
その後は、アートギャラリーで「曽根裕展 Perfect Moment」も観ましたが、大理石を削って精緻な表現をしていく「時間」の重みを感じました。だから展示作品が少なかったのかなあ...
ビデオ作品(のうちの一本)は、映像表現というよりもコンセプトが全てという感じがしました。そのコンセプトで周りを巻き込んで、楽しい映像となってました。

そんな感じでいろいろと廻ってみた土曜日でしたが、よく考えてみると新宿区(P&Pギャラリーは文京区だけど)辺りをうろうろしていただけですね〜

« February 2011 | Main | April 2011 »

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ