« 北鎌倉のギャラリーへ(4/24) | Main | バリ島で... »

May 01, 2011

GW前半の三連休

GW前半の三連休ですが、特に旅行などの事前の予定は無く、連休初日の金曜日は図書館へ行って、「空間論」レポートの下調べをしてみたり、借りている本の延長をしてみたりという感じの過ごし方でした。
でも、主題が絞り込めずに、どんどんと発散して行くのみ...
と言うことで、土曜日は都内の美術館に行って気分転換してきました。

■「森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶」(東京都庭園美術館)

「森」をキーワードとした多彩で広範囲な展示内容となっていました。表現する媒体は絵画、版画、彫刻から絵本、工芸品などなど、写実的なものもあれば、宗教的なもの、幻想的なものもあります。
まさに様々な視点で「森」を捉えて表現しています。
私は、エミール・ガレの花紋棚やポール・デルヴォーの作品が気になりました。どうやら見落とした作品があるみたい…
私の実家は、小さな町なので、市街地からちょっと離れたら森や林があったので、子供の頃は、そういう森の中に足を踏み入れた時に、何かが出てきそうな怖さを感じていた記憶があるなあ。

Ts3w0038

そのあとは、目黒から恵比寿まで徒歩で移動してコレを観てきました。

■「芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展」(東京都写真美術館)

どちらも東京都の美術館でしたね。

« 北鎌倉のギャラリーへ(4/24) | Main | バリ島で... »