« 空デ専門スク終了(7/30〜7/31) | Main | 「写真ファイル」の結果 »

August 02, 2011

曼荼羅とリアリズム絵画

この火曜日は会社が休日となったので、都内の美術館へ。
まずは土日が混雑していると想定される上野のこの展示へ。

■「空海と密教美術展」(東京国立博物館・平成館)

国宝8体が一堂に展示される第四展示室の「仏教曼荼羅」も壮観ですが、五鈷杵などの密教法具の精緻さも魅力的でした。
ただ、平日でも結構混雑していて、教典など平置きの展示は、他の観覧者の方々が壁になってじっくり観れないので、ザッと観ただけになってしまいましたね...

Ts3w0159

そのあとは、MOT(現美)で「名和晃平─シンセシス」を観ようかと思ったけど、こちらの展覧会を思い出したので、上野から練馬へ。

■「磯江毅=グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの異才」(練馬区立美術館)

今見返してみたら、現美の展覧会より開催期間が長かったですねえ...(苦笑)
磯江毅さんの作品は画集でしか観たことが無かったんだけど、実際に作品を観てみると平面のキャンバスの中に浮かび上がってくる奥行きを強く感じることが出来ました。
そして、彼の探求した「リアリズム絵画」が、単に忠実に対象を写実するだけではないということを、キャプションから伺えたように思えます。
これだけの数の展示(ほぼ生涯の作品を網羅している)に関わらず、学割なら300円で観れますよ!?

Ts3w0160

« 空デ専門スク終了(7/30〜7/31) | Main | 「写真ファイル」の結果 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ