« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

January 31, 2012

スク明けで一息

この週末の土日は京都でのスクでしたが、「会社から年次を取れ」と言われていることも有り(絶対出席しなければいけない会議などの予定も無いので)、スク明けの月曜日を年次休暇にして、いつものようにスク終了後に新幹線に飛び乗るのではなく、のんびりと帰宅することにした次第。
で、何をしようかと思っていたら、去年観れなかった都内で開催された展覧会が関西に巡回されているとのことで、それをメイン企画にして月曜日を過ごすことにしました。
でも、スク明けで気が抜けていたのか(はたまた、普段のボケがそのまま発揮されたのか!?)、いろいろとドジっている一日なのでした...(苦笑)
その辺りの出来事については又の記事で。

ともかく、久しぶりに訪れた場所もありましたが、そういう場所も再発見できたかもしれませんね。

January 30, 2012

今年度最後のスク終了

今年最初と言うか、今年度最後の専門スクが終了しました。
この週末は空デの専門スクでした。

事前課題を前日の金曜日に仕上げて、初日の土曜日に久しぶりの京都当日移動。
まだ朝日が登っていないし、手袋無しでは滅茶苦茶に手が冷えるし...
新幹線では岐阜鳥羽駅を過ぎてから京都駅の手前まで積雪で徐行となり7分遅れで京都へ到着しました。(地震があったけど、こちらのついては運行に影響無し)

今回のスクは、まずは京町家をリノベーションしたギャラリーを見学するというフィールドワークの後に午後から学校に移動して、そのギャラリーに対するプロダクトの提案とプロダクトのパンフレット制作をするという流れ。実は、2010年度の夏に受講済みのスクを特別履修で受講したのでした。
なんせ、担当教員が情デ時代からずっとお世話になっているN先生なので、この機会を逃す手は無い、という訳です!?(笑)

とは言え、初日は朝移動で寝不足だったせいか、午後から時折眠気が襲うし、浮かぶアイデアは凡庸だし…
東京から参加したメンバと学校近くの一膳屋でケーキ付きランチセットを食べたから、満腹感でまったりしてしまったとの話もあるけど..(苦笑)

この日は空デの特別公開講座が夜に開催されたけど、寝不足のリカバリとホームセンタへの材料買い出しをするため、スク終了で学校を後にしました。鬱々としたまま初日は宿へ戻り、早々に寝て、翌日少し早めに起床してアイデア出し。何とかイメージがまとまったので、模型の制作を開始したという次第。
いろいろありましたが、プロダクトとしては何とか着地できました!?
でも、一緒に作るパンフレットは完全には程遠い状態だったけどね…

今回は当初12名参加予定だったけど、実際の参加者は10名でした。
このくらいが多すぎず、少なすぎずで良いのかな。
合評会でもそれぞれの作品に対してN先生からいろいろなコメントを聞くことが出来て(自分だけしゃべり過ぎですね、と言っていた)、良かったですね〜
でも、スク終了時間が押したのは去年と同じなのでした!?

ともかくも、今年度は後は最後のテキスト課題提出を残すのみとなりました。
さて、ちゃんとゴールを迎えることが出来るか!?

January 25, 2012

事前課題が...

自分のテンションが上がらずに先送りにしている(言わば怠けている!?)状態にあるのが、今度の週末にある専門スクの事前課題...
とは言え、一応、アイデアを考え続けてはいるんですけどね。
事前準備無しで当日スクに行ったら、その場で「お帰りください」と言われるのかなあ、などど不埒なことも考えてしまうのでした...(苦笑)
まあ、今更キャンセルできないので、なんとか残りの期間でカタチにしたいと思います!?

ところで、都内の展覧会をチェックしていたら、こんな展示を見つけました。

■ 虎屋のお雛様
 ・ 会期:2012年2月25日(土)~4月8日(日)
 ・ 時間:午前10時‐午後5時
 ・ 場所:根津美術館

和菓子の老舗の虎屋さんが所有する雛飾りを展示するとのことで、精緻な造作が見られるようです。
そういう制作への精度が足りないのは把握しているので、気になります!!

January 24, 2012

卒業制作最終審査の聴講

この前の日曜日は午後から空デの卒業制作最終審査を聴講してきました。
土曜日も情デの方の最終審査があったんだけど、日程が重なる可能性があるのと(聴講申し込み時点では土日のどちらになるか判らない)、申し込み締め切り当日に気が付いたので、情デの方はパスしました…
まあ、一応、土曜日はテキスト課題やっていたけどね。
まだまだメドが立たないけどね…(苦笑)

で、空デの卒業制作着手者は京都が17名、東京が5名。
東京の方が少ないし、しかも東京では2009年度生が誰もいない状態。2010年度生は二人いたのに!?

空デの聴講は初めて、しかも今年度から初めて東京と京都の同時開催になったので、どんな感じで進むのかと思っていたけど、ネットワーク経由の実況中継(無論、わずかなタイムラグ有り)と言うことで、カメラが大変そうでした。(そこか!?)
東京での開催では外苑キャンパスのオープンな環境のせいか、場から受ける緊張感が少ないですね~
そのせいか、参加者からもそれほどの緊張感があるようには見受けられませんでした。

合否結果や各作品への個別の講評を聴講者は聞くことは出来なかったけど、いろいろと考えさせられましたよ!!
その辺りのことについては、又の機会に…

January 21, 2012

「カフェのプロデュース」対策!?

2月の最終提出に向けて、平日でリカバリーだ、と思っていたけど...
全然進まないままに週末になってしまいました!?
上野の東京国立博物館で展示中(24日まで、だったよな...)の「清明上河図」、週末には滅茶苦茶混んでいるらしいですが、課題の区切りが付いていたら観に行きたかったなあ〜
仕事も余裕があったら、半休とってたかもね。(笑)

ともあれ、最近は「カフェのプロデュース」の第二課題の最終提出に向けて、総力を注がなければいけないのですが、ゼロクリアして、来年度に改めて着手しようかな、と言う気持ちも出てきました。
卒制の本着手と考えると、「カフェ」課題は今年度中に終わらせておいた方が断然に負荷が減るんだけどね...
まあ、残り三週間ほどあるんで、頭の中を整理しますよ〜

January 15, 2012

軽く(?)衝動買い

この土日は、返却されてきた空デのテキスト課題「五感の空間デザイン」(第一課題)添削結果を元に第二課題へ向けた修正作業をしていました。
と言っても、先の記事に書いた通り指摘事項が多くて、すんなりと進まないので、ついつい横道に逸れてしまいます...
ストレスが溜まっているのか、週末で何冊か本を買ってしまいました!?

「今和次郎 採集講義」(今和次郎著、青幻舎)
「感じる服 考える服〜東京ファッションの現在形」(高木陽子/成実弘至/西谷真理子/堀元彰編、以文社)
「名作椅子の由来図典〜歴史の流れがひと目でわかる」(西川栄明著、誠文堂新光社)
「ロラン・バルト モード論集」(ロラン・バルト/ちくま学芸文庫)

4点のうち、最初の二点は展覧会の図録でもあります。
今和次郎の展覧会は、汐留のパナソニック・汐留ミュージアムで開催中なので、要チェックですね〜
「感じる服 考える服...」の方は、東京での展覧会は終了しましたが、神戸のファッション美術館へ巡回中。
簡単に行ける場所ではないですねえ...

こんな本も気になったけど、占いで衝動買いは避けるようにとのことなので、セーブしましたが、やっぱり衝動買いですね!?

「京都 大阪 神戸 [名建築]ガイドマップ」(円満字洋介著、エクスナレッジ)
「鎌倉の西洋館 (コロナ・ブックス)」(柴田泉著、平凡社)

積読にならないように気をつけないとね〜(苦笑)

PS. 先週返却された「五感の空間デザイン」の添削結果の追加が郵送されてきました。最後のページの返却が漏れていたそうで。気にはなっていたけど、そういうものだと思ってました!?
で、受領した内容を見て、指摘事項が増量してしまったので、一層凹んでしまうのでした...(泣)

January 13, 2012

「五感の空間デザイン」の第一課題

先日返却されてきた専門テキスト課題「五感の空間デザイン」の評価について。
この課題は二つのテーマから選択することになっています。
そのテーマは、A: インテリアなどの空間デザインだけでなく、メニューやフライヤーなどの提案を含めたカフェのプロデュースと、B: ブランド紹介を含めた雑誌への掲載を前提とした日常の生活空間で使用するアフタヌーンティー・ファニチャーの制作というもの。
今になってシラバスを読み返していたら、プロダクト制作系のBの方が良かったかも、と思ってしまったけど、カフェという空間を総合的にやることができるので、Aの方を選択次第です。
まさか、前回提出したテキスト課題「もてなしのカタチ」と同じM山先生になるとは思わなかった...

で、この課題については以下の評価基準での評価となっていました。

・課題の理解
・企画の独創性
・五感に対する提案
・計画の論理性
・プレゼンテーション

いろいろと指摘が多くて(多過ぎ?)、個々の事項については全部書ききれないですが、下記の指摘事項は、この課題の目的(カフェのプロデュース)に限らず共通する事項なので、今後も忘れないようにしたいと思います。

・条件に数値の規定がある場合には±10%を目安とする
・家具の素材・デザインと空間との関係性を考慮する
・展開図は本来壁面を表現するのが基本なので、切断位置が壁際でない場合には切断位置を平面図等に明記する

総評で述べられたことは、提案要素が多くて寄せ集め感が強いので、要素を削ぎ落とす必要があるとのことです。そのためには、コンセプトを明確にし、この店が何で勝負しようとするのかを決め、邪魔する要素は排除するようにとのコメントでした。

ということで、修正点てんこ盛りなので、まずは改善アイデア出しからスタート。
残りが一ヶ月を切ったけど、図面修正/模型制作/プレゼンテーション資料化(メニュー表とフライヤーの制作含めて)とスケジュール考慮して進めないとね。途中で専門スクの受講もあるし...
来年度持ち越しで第一課題からやり直すのもありかな??(苦笑)

January 10, 2012

12月提出の専門テキスト課題

12月下旬の締め切りにした空デ専門テキスト課題「五感の空間デザイン」の第一課題ですが、今日返送されてきました!!
11月に提出した「もてなしのカタチ」は、ポストに入らないということで不在郵便として郵便局に持ち帰られてしまったので「お持ち帰り」を想定していたけど、今回は宅配ポストに入れてくれたので、郵便局まで引き取りに行く必要がなくなりました。ワンコイン(500円)以内とは言え、交通費がかかるので、ありがたいです!?

で、添削結果を見ると、
今回も「もてなしのカタチ」と同じくM山先生が評価をされていましたが、前回同様に細かい指摘を頂きました。
どんな内容かは、別の記事で整理したいと思います。
ともかく、第二課題に向けての改善点が見えたので、次の週末から見直しをしていかないといけませんね〜
あと、一ヶ月で今年度の学業も区切りとなるので、何とか良い方向でゴールを迎えたいものです。
あっ、空デ専門スクの事前準備もしないと!!

January 09, 2012

「コンパクトデザイン」振り返り

先の記事に書いたように、12月に提出した第一課題の添削結果がサイバーキャンパスに提示されたので、この三連休で作品が返却されてきたら第二課題のための練り直しが出来ると思っていたけど、この月曜日には郵便は届かず...
と言うことで、結果を受領するのは連休明けになりました...
何もしないよりは良いだろうということで、少しづつ模型準備を始めましたが、どんな添削結果が返ってくるのやら!?

ところで、
年末のクリスマスの連休中に受講した専門スク「コンパクトデザイン」も、年内に評価点数がサイバーキャンパスに提示されていたのですが、振り返りをしていなかったので、ちょっと書き込みしたいと思います。

このスクも2010年度に受講したので、特別履修枠での受講でした。
担当のD先生も去年受講したことをちゃんと憶えてくれましたね。
去年はコンパクトデザインの範囲を設定せずに自由に取り組めるようにしていたけど、今年は「折りたたむ」ということをキーワードに制作を進めるいうのが課題となっていました。
なので、「折りたたむ」ということがどのようにコンパクト化に繋がるかを、各自で考察した上でモノのデザインへ落とし込むことになったため、いろいろな観点/視点で作品を見ることができたように思えます。先生からは、「何のためにコンパクトにするのか」という目的を明確にしようというコメントがありましたね。

ただ、実制作期間が1.5日では試作を繰り返す時間が少なく、精度が上がらない訳で...
私も、基本的なコンセプトは早めに見えてきたけど、実際にカタチにするには試行錯誤を繰り返すことになり、デザイン的な部分をブラッシュアップできなかったですね...
前回同様に仕掛けに拘ってしまったと言うのもありますねえ。

私の作品はこれ。
「折りたたみ」と言えば、使わないときに折り畳んで、使う時に広げる、などというものが多いですが、使う時に折り畳もうという感じで考えたのですが....(ちなみに、ペントレイです)

Img_1858


January 08, 2012

第二課題へ進む!?

当初は、この三連休で2月の最終提出期限に向けた準備をすることで考えていましたが、12月に提出した第一課題の添削結果如何で大幅な見直し(場合によっては不合格で年度内に第二課題まで進めない可能性も...)を強いられると言うことで、第二課題へのモチベーションが上がらない状態でした。
なので、この三連休の残りは、1月末(1/28〜1/29)にある専門スクの事前準備だけにしようと思っていました。
でも、念のため、と思ってサイバーキャンパスを確認してみたら....

何と、12/25受付の第一課題の評価結果が出ていました!?
通常の課題では提出の次の月の20日以降に評価が出るので、それを元に2月までのスケジュールを立て直そうを思っていたのですが。
まあ、自分でもいろいろと不備な点があると思っていた通り、評価点数は低いので、見直しポイントが満載のようです。間に合うのか...
ともかくも、先生達も気を使って頂いたようで、短い時間で返却して貰えたので、今後のスケジュールを勘案して、最終提出期限に間に合わせたいと思います。

ところで、三連休の初日の土曜日には、今更ながらの初詣に出かけてきました。
川崎から横浜に引っ越してから恒例となった鎌倉の鶴岡八幡宮です。
午前中に鎌倉入りしたときには、平素の週末くらいの人出かなと思っていたけど、祈願が終わり、お札を貰うときには人出が多くなり、小町通りは混雑していたので、観光せずに早々に鎌倉から離脱しました!?
祈願も1/4までは本宮と若宮の二ヶ所で行われるけど、それ以降は本宮だけで行われるので、待合室は満員状態だったしね。

Ts3w0487_2

12月に空デの遠足で訪れた鶴岡八幡宮の境内にある神奈川県立近代美術館(鎌倉)では、この三連休まで展覧会が開催中。この後は広島へ巡回するそうです。

Ts3w0485_2


January 04, 2012

休暇も終わり...

帰省先から戻ってきました。
北陸などは大雪とのことですが、秋田は昨日ほど雪が降っていなかったので、無事に飛行機が飛びました。搭乗待合室への入り口が一つしか無いので、混雑で出発が遅れましたが...

Ts3w0481

秋田では元旦からイメージアップキャンペーンを展開していますが、空港内でもフライヤーが掲示されていました。

Ts3w0482

「あきたびじん」ではなく、「あきたびじょん」
故木村伊兵衛による作品「大曲 おばこ 昭和28年」がキャンペーンポスターに使われています。
(2011年12月31日付けの記事で載せた写真の酒蔵の蔵人たちもキャンペーンポスターになってます)
どんな展開になっていくのでしょうか?

ところで、2月上旬までは今年度の学業の追い込みになりますが(と言っても年末年始は何もしてないけど...)、早く済んだらということで気になる展覧会の備忘録。

■ ウメサオタダオ展 -未来を探検する知の道具-
会期: 2011年12月21日(水)~2012年2月20日(月)
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
場所: 日本科学未来館

さて、明日から通常運転に切り替えないとね...


January 02, 2012

2012年がスタートしました

新年、明けましておめでとうございます。
皆様にとって良い一年となりますよう、お祈りしております。
また、今年も更新間隔が開きそうな気配ですが、出来る限り記事をアップしたいと思います。(ネタ次第、という感じもありますね...)

さて、今年は予定通りに進行すれば、卒業制作(二度目!?)の着手することになります。
そう言いつつも卒制のテーマ/コンセプトや最終形態のイメージも何も浮かんでいない状況ですが...
まあ、卒制よりも、まずは2月10日の締め切りにむけて専門テキスト課題「五感の空間デザイン」(第二課題)の準備を進めない。無事に第一課題が合格していないと意味無いですけどねえ...(苦笑)

写真は、この新春に撮ったのではないですが、去年の秋に行った京都嵐山の車折神社です。

Img_1259a

パワースポットとして有名なそうですので、縁起物ということで!?(笑)

« December 2011 | Main | February 2012 »