« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

February 27, 2012

3月の展覧会備忘録

ちょっと気になったので備忘録...


「田中敦子 - アート・オブ・コネクティング」
(東京都現代美術館)
■ 会期 2012年2月4日(土) ~ 5月6日(日)

「京都」や「現代美術」というキーワードも気になりますが、「管球約100個と電球約80個」というのも理系(電気系?)には気になるところ!?(笑)

それともう一つ。
こちらは学業繋がりで、先日参加した納会でご案内頂きました!!

「加藤弘子 オブジェ/アートジュエリー展」(space TRY)
■ 2012年3月15日(木)~ 3月25日(日)

近くにある東京都庭園美術館はリニューアル工事中。再開が待ち遠しいです!!

横浜からだとちょっと遠出になりますが、千葉のDIC川村美術館やホキ美術館にも足を伸ばしたいと思うこの頃です...

February 26, 2012

お雛様と空デの納会参加

昨日の2/25も先週に引き続き都内へ。
最終的な目的は、空デの2011年度生のお誘いで夜に開催される納会への参加でした。

と言うことで、午後から横浜を出て、渋谷まで電車で移動して、渋谷から青山まで徒歩で移動しながら、買い物したり、展覧会へ行ってみたりしながら納会の開始時間までを過ごしました。

まずはABCで本を物色。何店か気になる本があったけど、今回はセーブ。
Found MUJI 青山も、先週と同じくチェック。こちらもセーブ。
でも、LISN 青山でインセンスをちょっとだけ購入。セレクトをミスった感アリ...(苦笑)
ここまでは先週と同じパターンですが、その後は根津美術館へ気になっていた展覧会を観てきました。時節柄の内容となりますが(笑)、こんな展示がこの土曜日から始まりました!!

「特別展 虎屋のお雛様」(根津美術館
■ 会期 2012年2月25日(土)~4月8日(日)

お雛様なので、雛壇があって、お雛様が飾ってあって、という展示形態ではなく、雛人形や雛飾り・雛道具が個々に展示されていました。ミニチュア造形と言ってしまえばそれまでですが、精緻な造形に職人技の凄さを感じてしまいました。単なる工芸品では収まらない!?

Ts3w0601

そのあとは、納会の開始時間まで時間があったので、乃木坂のTOTOギャラリー間で開催中のこちらも観覧。

「長谷川豪展 スタディとリアル」(TOTOギャラリー間
■ 会期 2012年1月14日(土)~3月24日(土)

模型や提案書だけではなく、実物がギャラリーの中庭に展示されているのがいつもの展示とは違うかも。既に日が暮れていたのでしっかりと見えませんが、ギャラリー前の外苑東通りからも見ることができました。
何の予備知識もなくギャラリーに入場したんだけど、この日は出版記念でご本人が来場してのサイン会やトークイベンドが開催されていました。
でも...、スミマセンが知識無く、加えて納会の開始時間にバッティングしてしまうのでトークイベンドの整理券が入手できるタイミングだったけど、一通り展示を観たら退去してしまったのでした...(苦笑)

Ts3w0604


さて、納会はと言うと、スク参加中の2011年度を中心に、教員、卒業生、2011年度以前の在校生も参加するという盛況な集まりでした。二時間半ほどで参加された全ての方々とまんべんなく話をすることはできませんでしたが、いろいろな方と話をさせて頂きました。
初年度を終えられて、次年度への期待だけでなく、戸惑いや不安があるとは思いますが、和気あいあいと交流している2011年度生の皆さんにパワーを頂いた感じです!!

February 21, 2012

デザイン論からスプーンへ??

平日でも精力的に学業をしていた2月の最終締め切り前とは様変わりして、会社から帰宅するとダラダラ過ごして、そのまま就寝という状況が続いています...(苦笑)

さて、今日は、あるツイートをキッカケにちょっとだけデザインについて考えさせられました。
どちらかというと、目に見えるアウトプットではなく、デザインという行為のバックグランドというか思想/思考での観点ですが...
トリガはコレになりますが、自分への備忘録としてリンク貼っておきます。

で、この流れで調べているうちに、コッチも気になってしまいました!?
アイスクリームスプーン、横浜みなとみらいにある店でも気になりましたが、こちらの方がクールです!!
予算があれば...(泣)

February 19, 2012

自宅からちょっと足を延ばして

今日は、全く生産性の無い一日でした!?
午前は、とりあえずは掃除/洗濯という日常のルーティンワークはするものの、そのあとは低迷状態...
加えて晴れているけど部屋が寒い、と言うことで、自宅を脱出して関内周辺まで出かけてきました。

で、馬車道でコーヒーを飲みながら、MacBookのデータ整理したり、積ん読くだったデザイン本を読んだり。そのあとは、BankART Studio NYKのショップで本を探してみたり、横浜に引っ越してから結構時間が経ったのに今になって初めて大さん橋に行ってみたり、とちょっとフラフラしてみました。

Ts3w0563_2

Ts3w0582_2

で、上の写真が大さん橋(ターミナル)。
デッキを思わせる床とともに曲線による表面の表現に惹かれてしまいます。
夕日がキレイな時間帯だったので、三脚にカメラを設置してシャッターチャンスを待っている人が多数居ましたね。

Ts3w0586

と言うことで、生産性はないけど、気分転換になった一日でした〜

February 18, 2012

公開講座へ

先週末は都内に出かけようと思いつつ横浜を脱出できなかったので、この土曜日は都内に。
ちょうど、外苑キャンパスで芸術学コースの公開講座があり、内容的に気になったので出かけてきました。

でも、その前に所用があって自宅のある磯子区から隣の南区へ。
天気が良かったので、日頃の運動不足解消のために歩いて行ったけど、風が強くて冷たい...
しかも、横浜在住の方はご存知の通り、意外と丘が多い横浜なので、直線距離だとそれほど長く無いけど、丘を越えるか、丘を回避して廻り道するか、という感じ。
結局は丘を越えたので、久しぶりに丘の上にある三殿台遺跡に立ち寄ってみたり。風が強いので富士山がキレイでしたね〜

Img_2111a

Img_2118a

横浜で用事を済ませた後、渋谷から徒歩で外苑キャンパスまで。
途中の青山にある国連大学前で「ファーマーズマーケット@UNU」が開催されていたので、ちょっと立ち寄ってみたのでした。で、豆腐クッキーをゲット!?

Img_2136a

外苑キャンパスでの公開講座は、

■「イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア 」(とんぼの本)

などの著者である金沢百枝さんによる中世教会美術における非キリスト教的要素という内容でした。
取材された写真が豊富でしたね〜
空間演出という部分で繋がりがあったように思え、いろいろと考えさせられた感じです。

また、公開講座のあとに、スク中の2009年度生に会えたのもプラスになったかな〜
と、そんなこんなの一日なのでした!?

February 15, 2012

気になる展覧会(2012年2月)

課題の締め切りにヒヤヒヤする事も無くなったので、休日に展覧会へ行きたいなあ、と言うことで、備忘録として書いておきます。

■ イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに(森美術館

■ 抽象と形態:何処までも顕れないもの(DIC川村記念美術館

■ 和のよそおい ―松園・清方・深水―(山種美術館

他にも、エスパス ルイ・ヴィトン東京や原美術館、パナソニック汐留ミュージアムなどの展示も気になっているんだけど...
日本科学未来館で開催中の「ウメサオタダオ展 -未来を探検する知の道具-」も今度の週末が最後の機会!?

でも、ちょっと出無精状態なので、会期中に行けるかのかなあ〜(苦笑)

February 12, 2012

横浜美術館へ(2/11)

今年度最後のテキスト課題提出締め切り日(2/10)が過ぎ、またスクについては1月末の受講分で終了済みなので、2011年度の学業は一通り終了しました。
でも、最後に提出した課題の結果が出るまでは安心できない訳で...

ともあれ、2月の週末はほとんど予定が立っていないので、ちょっと展覧会を観に行こうかと。
一泊でもいいから旅行したいという気持ちもあるけど、今月末は来年度の学費引き落としなので、それが過ぎて残った分で余裕があればと言うことで。
でも、3月は卒業制作展を観に行きたいのでムリかなあ〜

で、昨日の土曜日(2/11)はもっと近場となる(?)みなとみらいの横浜美術館へ。


■ 松井冬子展 世界中の子と友達になれる 

Ts3w0536

私は昼前に観に行ったんだけど、この日は15時からご本人によるトークイベントがあったそうで。後で知ったのですが、大盛況だったらしいですね。
以前、九段の成山画廊などで幾つか生の作品を見たことが有ったけど、これだけの規模で観るのは初めて。完成した作品よりも制作過程のスケッチや構成案のほうが興味深かったりして。
いずれにしても、技法だけでなく、絵の題材に対する深い思慮(自己の精神/思想を反映させた世界観も含めて)がなされて生み出された作品であるというのを感じました。
一見したときに受けるイメージではインパクトだけが伝わってしまい、反語的な部分を捉えることが難しいように思えてしまんだけど、どうでしょうか?

当初は、横浜美術館を見終わったあとは都内に出かけるつもりだったけど、そのままみなとみらいを徒歩で北上。
日産横浜ビル(日産グローバル本社ギャラリー)では「SUPER GT 2011総合優勝記念イベント」というのが開催されていました。

Ts3w0537

ちなみに、このビルに入るのは初めて。(でも、素通りです...)

横浜駅に連結する地下街で昼ご飯を取ろうとしたけど、13時過ぎても全部の店が満席(あるいは店外で待ち)だったので、うろうろと店探し。ということで、昼ご飯を食べたら都内に出かけるのが面倒になってしまったので、YバシカメラやT急ハンズなど廻って買い物をして帰宅した次第。

下の写真は伊勢山皇大神宮。こちらも素通りレベルですが...(笑)

Ts3w0540

February 10, 2012

先月末の空デ専門スクのこと

ちょっと時間が経ってしまいましたが、先月末に受講した空デ専門スク「空間とプロダクトデザイン」の振り返りを書いてなかったので、メモ的に書いておきます。

このスクは2010年度の夏に受講済みで、今年度は特別履修枠で再受講したもの。
昨年末に受講した「コンパクトデザイン」に続くプロダクト系のスクとなります。
不器用だけど、モノづくりは嫌いではないし(一応メーカ勤めだし!?)、何よりも情デ在学中にお世話になったN先生が担当教員なので、ちょっと脳にも刺激を与えてもらわないと、という感じでの再受講となりました。
なお、N先生は、通学の情デ学科がメインになってしまったため、通信の情デの方はほとんどタッチしておらず、スクの主担当となっているのは空デのこのスクのみなのかな。

今回の参加者は10名。当初の受講予定者から数名不参加でした。
人数的にはこれくらいが良いかな。
昨年度と同じく、京町家をリノベーションしたギャラリーを初日の午前中にフィールドワークして、そのあと学校に戻ってギャラリーに相応しいプロダクトをデザインするという課題だったんだけど、前の自分自身の作品だけでなく、他の方々の作品を見てしまっている分、それらとかぶらない、違った視点でのプロダクトを作ろうという気持ちで身構えてしまったのか、なかなかアイデアが纏まらず、初日は頭の中が漠然とした状態のままでスクが終了したのでした...

初日は、スク終了後に空デの特別公開講座や他の空デ専門スク受講者を含めた懇談会(飲み会)があったけど、制作用の材料を買い出ししながら頭を整理しようと早々に学校を後にしたのでした。(久しぶりの当日移動で寝不足だったしね)

二日目は前日早く寝た分、早めに目がさめたのでホテルでアイデア整理をしてから学校へ。
前日、四条通りのジュンク堂書店で買った

■「まばたきとはばたき」(鈴木康広/青幻舎)

を読んだことも良い方向に向かう一因になったみたいです。

初日で一番の悩み(課題)になったのは、N先生と制作物について会話をした(数分間だけでしたが)ときに話題となったことでした。つまり、このギャラリー特有の要素が浮かび上がってこないと、他の町家やギャラリーへのプロダクトと変わらないということ。
前回は、京町家だったから格子を要素として取り入れたけど、今回指摘された点についてはそれほど踏み込んでいませんでしたね。
そこで、今回は、ギャラリーにある一つの要素を、本来の目的から「あえて」逆のことにすることで、このギャラリーのコンセプトや活動との繋がりができるようにしてみました。
その解釈が良かったようで、講評のときにはN先生から「前の作品よりいいんじゃないですか」とのコメントがありましたね。
二日目の朝に早起きして考えたのが報われたかな〜

でも、作品のなんとか形にできたけど、そのあとに作ったパンフは時間不足で完成せず、完成度/アイデアともイマイチだったのでした...(泣)
他の方々はプロダクト、パンフともしっかりと完成させていたのに。
時間配分(スケジューリング)も悪いと言うことか...


February 09, 2012

「五感の空間デザイン」(第二課題)提出完了

この前の週末で終了させようとしていた空デ専門課題「五感の空間デザイン(カフェプロデュース編)」の第二課題ですが、結局は土日では模型制作までしか終わらず、プレゼンシートの作成とフライヤー制作は火曜日まで引きずってしまいました...
で、月曜日は、シートを作成(図面や写真のレイアウト作業)して、火曜日はフライヤー(+α)制作を。
ちょうど火曜日は会社の社員教育で早く帰宅できたので、なんとか終わらせたという感じ。あいかわらず手が遅い!?
昨日の水曜日に学校へ郵送したので、今年度の課題制作/スクーリングなどの学業は全て終了しました。

来年度に向けて、卒制のテーマ考えたり、最初の専門スク(予定)対策として作品集の準備をしたりしなければいけないけど、2月は少しゆっくりと週末を過ごせるかな。なので、積み上げている本を読みたいし、会期が3月までの展覧会も観に行きたい。
あとは、「お疲れ様会」の開催だけど、こちらは他の空デ仲間と調整しないとね。

あっ、先月末に受講した空デ専門スクの合否結果がサイバーキャンパスに出てました。
二日間ちゃんと出席したので「合」。気になる素点は月末に提示かな?

February 06, 2012

今年度最後の課題提出にむけて

この土日は、今年度最後のテキスト課題を目指していろいろやってました。
自宅から半径500m位しか出歩いていない感じなのですが、結局は土日で終わらずに持ち越し状態です。
平日の帰宅後は、今までの感覚では、それほど課題の進捗は望めず、しかも集中力が散漫でイマイチの出来にしかならないのだけど。
ともあれ、2010年度生の方のつぶやきで、この課題はサイバーキャンパス提出が可能なことが判明したので、今週の金曜日の昼までに足掻いてみようと思ってます。
この月曜日も帰宅してから、ちょっと作業してたので、全然ダメという状況では無いみたいですからね!?

February 03, 2012

「カフェ」第二課題

スク直前などの切迫状態にならない限りは、平日に帰宅したあとに学業をするパワーが無くなってきました...(苦笑)
でも、あと一週間で今年度のテキスト課題の最終締め切りになるので、本来だとそうも言っていられない状況なんだけど、なかなか集中できない訳です!?
実は、第一課題はクリアしているんだけど、先生からのコメントを受けていろいろと見直しをしているうちに当初のコンセプトからブレまくって、どこに落としどころを持って行こうかなあという感じになってしまっているので、いっそのこと今年度は第二課題を提出せずに、来年度ゼロクリアで始めようかという思いが頭をよぎる状態だったりして...
卒制着手の仮条件はクリアしているし、課題内容が来年度も変更しないというのもあるけどね。
まあ、情デで卒制していた年度のことを考えると、卒制以外のテキスト課題は前倒しで済ませて、負荷を減らした方がいいんだけど...

ともかく、やりかけの第二課題を投げ出さずにまずはカタチにしたいと思います。
最後の最後で提出回避、になるかもしれないけどね!?(笑)

February 01, 2012

月曜日は(ちょっとだけ)神戸体験

この月曜日に休暇を取った際に、京都から神戸に足を延ばして行ってみたのは、こんな展覧会でした。


■「感じる服 考える服〜東京ファッションの現在形」

・会期:2012年1月14日(土)~4月1日(日)
・開館時間:10:00 - 18:00(入館は17:30まで)
・休館日:水曜日

東京では12月まで初台の東京オペラシティアートギャラリーで開催されていました。
会場が違うので、展示構成を変えているのですが、神戸ファッション美術館の所有する展示物や空間と、今回の展示作品を上手く組み合わせようとしていたように思えます。
大規模な展示ではないので、集中力が持続したままで一気に観れるが良いかも。と言いつつも、朝食食べずに京都の宿から移動していたので、ブランチとして神戸牛を食べたいという雑念が頭の中の大半を占めていたのは否めないのですが...(苦笑)

当初は、神戸ファッション美術館がある六甲アイランドからそのまま三宮へ移動しようと思ったけど、六甲ライナーの途中駅である南魚崎駅に「酒蔵の町」という言葉が掲げられているのが気になったので、三宮へ阪神電車で移動しようと魚崎駅で途中下車したのを契機に周辺の散策をしてみました。
駅近くの案内板を見ると、この辺りはまさに「日本酒生産量日本一の灘」。
なので、著名な日本酒の酒蔵が点在している訳です!?
と言うことで、記念館、資料館がある蔵元を幾つか巡ってみました。
伏見とは違って、コンクリート造りの近代的な建物が見受けられましたが、たまたま、観光バスのツアー客に説明していた某蔵元の方の話を聞いて、その理由を納得しました。
つまりは、この地域が阪神淡路大震災で多大な打撃を受けたことから再生したこと。
確かに、あの時期には、灘の蔵元が他の蔵元と協力しながら製品の提供を存続させようとしていたのを、おぼろげながら思い出しました。そして、ツアー客に対する解説からは当時の苦労は感じさせず、おもろい話を効果的におりこんでいた某蔵元の経理責任者(だったかな?)の話術に感嘆した次第でした。
と言うことで、ここで少し時間を過ごしてしまったので、当初は何となく三宮で神戸牛を食べるという計画は頓挫し、定食屋さんでボリュームのある「そばめし」を食すことになりました!?

その後は、阪神電車で三宮に移動して、元町、中華街、旧居留地などをサラ〜っ。
夕方に新大阪からの新幹線指定席を確保していたので、それほど長く滞在できずに、ホントにサッと見て回ったという感じで、次の機会への「のりしろ」と作ったようですね〜
さて、次の機会はいつになるのやら???
ともかく、神戸牛は食べたいな〜!?(笑)

« January 2012 | Main | March 2012 »