« 今年度の最終提出課題の返却 | Main | 週末は卒展へ(多分続く...) »

March 08, 2012

「五感の空間デザイン」第二課題の添削結果

先日の記事で書いた空デ専門課題「空間演出デザイン演習3−1」(「五感の空間デザイン」)の第二課題の添削結果について。

この課題では、和菓子を気楽に楽しめる場をコンセプトとしたカフェとしたのですが、添削コメントを総括すると、「総論」(方向性)は良いけど詳細が練れていないということと、いろいろなアイデアを盛り込んでいるけど、その分主題がぼやけているということでした。
ちなみに、この課題での評価基準とコメントは、下記の通り。

■ 課題の理解:第一課題より要素を絞り込んでいるが、新しい魅力へ昇華できていない。(B)

■ 企画の独創性:個々のアイデアは良いが、主題への貢献がなく、バラバラの印象がある。(B)

■ イメージ表現:ロゴやカラーリングはまとまって、フライヤーも良いが、主題が明確でないので進展がない。(B)

■ 完成度:一定の完成度はあるが、模型の制作精度を上げて欲しい。(B)

■ プレゼンテーション:解りやすくまとまっているが模型の精度が残念。(B)

最近は、一本芯が通ったアイデアが生まれたら、それに枝葉をつけていくという感じではなく、断片的に浮かんだアイデアを肉付けして、なんとか同じベクトルに持って行くというやり方になってしまっているので(専門科目の作品も総合科目のレポートも)、なんか寄せ集めのようになっているんですよねえ...
良い部分はあると言われているのは嬉しいけど、それ以上に改善要素が多いとのことで。
でも、前回同様に、提出物のコピーへ細かい指摘事項を朱書きした形で返却して貰い、改善事項が明確となりました。
スクのようにテキスト課題も特別履修で同じ科目を受けることができたら再チャレンジしてみたいものですが、現実的には卒制などで時間が取れないでしょうねえ...
なによりも三年次課題は課題のボリュームがあり、片手間では対応できませんから。
心の中では、卒制スクの課題作品集を作ると言う観点では、何かしら見直しをしたいという気持ちもありますが...

« 今年度の最終提出課題の返却 | Main | 週末は卒展へ(多分続く...) »