« 都内の展覧会巡り(3/17) | Main | 2012年度突入 »

March 25, 2012

「久しぶり」と「初めて」

昨日3/24は、情デ卒業生のOさんが所属している絵画教室の合同展が開催されているということで、千葉県柏市まで。場所は柏駅前にある「いしど画材」さんの特設会場。
案内状がポストに入っていたのが金曜日3/23で、開催期間は3/24(土)〜3/31(土)だったけど、Oさんが在廊している週末はこの土曜日しかなかったので、急遽足を運んできました。
途中、JRで何度か線路点検による運転見合わせがあったので、30分ほど遅延してしまったけどOさん在廊のコアタイム内に到着して、お顔と作品を拝見してきました。

そのあとは、折角都内に出たので、上野でこれを観てきました。

■ ユベール・ロベール−時間の庭 (国立西洋美術館
■ 会期 2012年3月6日(火)〜5月20日(日)
■ 時間 午前9時30分〜午後5時30分

新聞のアート欄でのコメントが気になったので。
単なる風景画家で収まらず、写実的な要素と空想の要素を巧みに組み合わせた「奇想の風景」を生み出すとともに、実際の庭園のデザインも手がけたということが空間演出(というより卒制テーマ?)を考えて行くうえでプラスになりそうだと思った次第。
実際に展示を見ていると、着色された油彩画の作品よりもイタリア留学中などでの素描の方が生き生きとしているように思えました。建築デッサンの参考になりますね〜

Ts3w0738

Ts3w0739

実は初めての西洋美術館なのでした!?

折角なので、御徒町と秋葉原との間のJR高架下にある2k540にも初めて足を運んでみました。
内部は写真禁止なので入り口の看板だけ。実は最初気付かずに内部で撮ってしまったのでした!?

Ts3w0750

気になる商品はあったけど、給料前なので我慢なのです...


« 都内の展覧会巡り(3/17) | Main | 2012年度突入 »