« July 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

October 29, 2012

MOTでの「アートと音楽」展

先の記事でMOTに行ったことを書きましたが、MOTではこんな展覧会を開催中です。

■「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」(東京都現代美術館)

土曜日が初日で、トークイベントもあったんだけど、その後の予定を考えて前倒しで入館。でも、同時開催中の「MOTアニュアル2012ーMaking Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」も観たので、結局トークイベントの開始時間まで在廊していました。これなら、最初からトークイベントに併せて時間を組み立てていたほうが良かったと後悔してます...

展示では、最初の部屋にあるセレスト・ブルシエ=ムジュノの作品が一番印象的でした。
展示内容全体としては、ちょっと物足りなさも感じたけど、セレスト・ブルシエ=ムジュノの作品は自分の卒業制作に対して、いろいろと考えさせたかなあ...
音とアートというと、メディアアート的なアプローチ(テクノロジと音楽との組み合わせ)を感じる作品があったけど、この作品についてはアナログ的・偶発的なアプローチを強く感じました。

■「MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」

こちらの展覧会は、「自らの手で造形を行うのではなく、他者を介在させ、人々の想像力に委ねる」という、自分で制作しないアーティストによる展示でした。会場に作品が存在しないアーティストもいるし...
それぞれの作品のアプローチは判るけど、ちょっと不足感がありました。もしかしたら、会期中に成長していく作品なのかも。とすれば、この時点では完成形では無く、未知数の要素を含んでいるかもね。
ところで、情デ時代は、スクで「あえて作らない」というアプローチに挑もうと思ったこともありますが、小心者(?)の私は結局それなりにモノを作ってしまい、中途半端に終わってしまったのでした!?(苦笑)

Ts3w0227

October 28, 2012

空デ演習テキスト課題「卒業制作研究ノート」

先週末は卒業制作3スクの事後報告と空デ演習テキスト課題「卒業制作研究ノート」をやってました。
なので、製本用の紙購入と食事の買い出しなど最低限の用事以外は外出せずに作業してました。

でも、スク事後報告のほうは、締め切りの日曜日24時に対して、土曜日の夕方で早々に終らせたのに、アップロードした資料が前回報告のもので、先生からの指摘で気が付いて提出期限後に差し替えさせてもらった次第。
テキスト課題の方も土日で6〜7割くらいしか完了しなかったので、月曜日と火曜日の夜にやろうかと思ったけど、帰宅時間後の作業ではそれほど進まない...
徹夜をする体力(気力?)も生まれず、来月に持ち込もうとおもったけど、たまたま仕事のタイミングと合致したことから水曜日を年次にして残り作業をしました。(うちの部署は年次取得実績が悪く目を付けられているので、取得機会を狙っていたのでした!?)
で、水曜日(10/24)は、宅配営業所への持ち込み目標を18時にして作業開始。途中、日曜日に買った出力用紙では紙厚が薄いと言うことで、近くの家電量販店へ再度買い出しに。とりあえずエプソンのフォトマット紙(A3サイズ)があったので助かりました。
でも、目標時間過ぎて慌てて作った表紙が斜めに出力されており、それに気付かないまま最終作業に突入してしまったので、後戻り出来なくなってしまったのでした...(泣)
営業所の終了時間と当日配送閉め切り時間を間違っていたので、表紙の作り直しができたんだけど。ちょっとそれが悔やまれましたが、ともかくもテキスト課題を提出したことで、ここ暫くは来月の学業イベント(中間...)に専念、というところでしょうか!?

といいながらも、昨日(10/27)は東京都現代美術館に行ってしまったのですが...

October 20, 2012

無人さん第二課題の結果

先の週末のスク明け。
『空間演出デザイン演習Ⅲ-2「無人コミュニケーション制作編」』の添削結果がサイバーキャンパスに掲示されていました。
この課題における評価ポイントは下記の通り。概ね第一課題のときと同じ観点での評価となってました。

■ 課題の理解:A 
■ 企画の独創性:A
■ イメージ表現:A
■ 完成度:A
■ プレゼンテーション:B

通りがかった人が、なぜここで売っているのか、どんな人が売っているのか、と興味や好奇心を持つことがコミュニケーションの原点になっているのでは、ということと、周囲の樹木や看板を取り込むことで界隈がまとまった3次元空間としても成立していることが、評価されていたようです。
でも、Sには到達していませんけど...(苦笑)

October 17, 2012

川崎市民ミュージアムへ

この水曜日は休みが取れたので(♪最後の夏休み〜)、いつもより遅くまで寝てました。
土日がスクだったので、ちょっとリカバリです...

夏期休暇の取得期間が今週末だったので、仕事の状況を考えて今日を休日にしたけど、先週の時点では何をするという予定は無かったのでした。総合科目のスクレポと卒制スクの事後報告があるので、自宅に籠ってそれをやるか、という考えもよぎったけど(本当はそれを優先すべきだよな...)、卒業生から無料チケットを頂いたので、川崎の市民ミュージアムで開催されている展覧会を観に行ってきました。


■「スタジオ・アッズーロ展 -KATARIBE-」川崎市民ミュージアム

勤務地の隣の区で開催されているのに、ノーチェックの展覧会でしたが、卒制関係で夏に調べものをしていた観点(=インタラクティブ・アート)と近い内容の作品が展示されていました。
なので、作品展示形態や会場構成とか、自分の作品を今後どのようにしていくかを考えさせられた感じ。こんなことができれば、あんなことができるんじゃないか、と想像は膨らむけど、自分ができることはどんなことかと反芻してしまいます。

この川崎市民ミュージアムですが、一昔前の勤務地と同じ区内なのに初めての入館となりました。ちなみにフロンターレの本拠地である等々力競技場も同じ等々力緑地内にあります。
この等々力緑地は、私は居住していたところとはJRの南武線を挟んだ反対側ですが、ほとんど足を延ばす機会がありませんでした。
なので、今回は時間があったので、東急多摩川駅から多摩川を渡って、小杉陣屋町・小杉御殿町を経由して等々力緑地へと歩いてみました。

Ts3w0210

Ts3w02141

Ts3w0216

Ts3w0219

クランク状に曲がっている中原街道の理由を御殿町のガイド板で読み、川崎市民ミュージアムから急速に開発が進んだ小杉周辺の高層マンション群を眺めたりしながら、時空の移り変わりを思ったりするのでした。

October 15, 2012

「卒業制作3」終了

二日間の下期第一弾の卒制スクが終了。
次回の卒制スクは中間審査になるので、スクの終盤は中間審査に向けての方向性とアクションアイテムの再確認を。
とりあえずは、次回までの「区切り」を先生たちと明確化(やります宣言!?)したけど、スク後に冷静に振り返ると、最終形態となるアウトプットについての要素が大きくなるばかり...
例えて言うと、中盤でいろいろな伏線が張られていて、どんな展開になるか期待させておきながら、最終回で「そんな終わり方?」と、落差一杯が激しいドラマ。そんな感じになる恐れが段々大きくなってきました。(泣)
これからどれだけ巻き返せるかは自分の努力次第なんですけどね...
次の日曜日まで事後報告を纏めねば。

ところで、スクの最終日は空デの特別講義が開催されたので、スク終了後の聴講してきました。
「おべんとうの時間」という本の文章を書かれている阿部直美さんを講師に迎え、加えて阿部さんが取材されたM井先生がネット経由で参加されるという形式でしたが(M井先生は蛸壺の直島スク終了直後の参加!?)、M井先生の取材エピソードを交えて様々な話を聞くことができました。
先生たちのコメントにもありましたが、「おべんとう」の写真と話だけにとどまらず、そのお弁当を持っている方の生活(人生)や周囲の環境なども含めたフィールドワークのアウトプットになっているのがこの本の特色だと思います。お弁当という極めてプライベートな領域を対象にしているのに、その背景にある地域社会や時代などに含まれている課題が浮き彫りになってくると言う感じかも。
取材のエピソードも興味深かったです。
断片的にしか読めなかったので、機会があれば纏めて読んでみようと思います。


■「おべんとうの時間」阿部了著(写真)、 阿部直美著(文)、木楽舎 、2011年

October 14, 2012

下期卒制スク突入

この週末から下期卒制スクの一回目(通年では三回目)がスタート。
と言うことで、土曜日から久しぶりの外苑キャンパスでのスクとなりました。

卒制状況報告として試作品などを持ち込んでK先生&M先生(TV会議システムを経由して会話したことはあるけど直に会うのは初めて!?)と話をしてみたけど、試作品が当初思っていたような効果が得られなかったので、この方向で良いのかと悩みが大きくなるばかり...
結局、この日のスクはテンション低いままで終わってしまったのでした!?
スク後は、先生と卒業生との食事会(飲み会)に声をかけて貰ったので、スク対策品を購入した後に寄らせて頂きました。いろいろな情報が聞けて参考になりましたね。
帰宅してから、その購入品で二日目の準備をしたので、結局はこんな時間になってしまいましたね...

なんかこの土曜日は、スクでテンション低いだけでなく、いろいろなところでミスをしてしまった一日でした。二日目は次回の卒制スク(中間審査)に向けて気持ちを入れ替えるトリガにせねば...

ところで、夕方はこんな空でした。外苑キャンパスの前で私と同じように空の写真を撮っている人がいましたね。

Ts3w0203

Ts3w0206

October 07, 2012

下期突入したけど

二ヶ月以上も記事の更新を滞っているうちに今年度も下半期に突入してしまいました...
記事をアップするのが全然手が付かないほど切羽詰まっていた訳でないですが、週末は卒制対応と専門テキスト課題に手を付けつつ、その合間にちょっと息抜きで外出していたら、更新のタイミングを逸した次第。

この期間中、卒制としては、8/12までに卒制2スクの事後報告、9/16までに前期卒制スクの中間報告があり、そのために資料をかき集めたり、コンセプトモデルを作成してみたりしてました。
また、卒制へのプラスになればということで、9月には空デのT村先生の個展やK下部先生の個展を観るために夏休みを兼ねて京都・大阪に行ってみたり。
月一に外苑キャンパスで開催されている空デのオープンゼミでは、8月と9月の開催日にK合先生と話をしてきました。そこで頭をグルグル掻き回されるのも恒例になってきたかも...(笑)
加えて、卒業生の個展を観させて頂くことで、自分の力量・センスの無さを実感し、外苑キャンパスで初めて開催されたアートブックフェア2012も観ることができました。
そして、先週は総合科目スク「法然院」で卒制テーマを再確認できたような感じです。

ということで、次の週末は下期最初の卒制スク。準備途上なので、どうなることやら...

下の写真は法然院です。

Img_4508

Img_4509


« July 2012 | Main | November 2012 »