« LIXIL BOOKLET | Main | 月一の横須賀行き »

February 01, 2014

東京芸術学舎講座受講(2014年1月)

ちょっと時間が過ぎてしまいましたが、先週末(1/25〜26)は東京芸術学舎の講座を受講しました。
その週の頭に不意の出来事があったので、講座に参加できないかも、と思いましたが、何とか無事?に二日間を終了。とは言え、二日目の作品制作では、講評会にギリギリ突入という感じで、造形大に在学中と同様に時間配分が悪かったですね...

さて、今回受講した学舎講座は、造形作家の古賀充さんによる「日常造形教室」。日常のあるモノを素材として作品制作する手仕事の二日間でした。

初日は、落葉を使った作品制作。まずは、外苑キャンパスの裏庭で拾った落葉をスタンプ代わりにして封筒を作ってみるイントロダクションと、事前に乾燥してある枯れ葉(古賀さんとともに、空デのK合先生が時間をかけて用意してくれていたもの)を使用した切り絵の制作でした。
枯れ葉の裏側の静脈などを細かく観察したうえで浮かび上がるイメージを切り絵としていく、という古賀さんの作品つくりですが、ご本人はモノの中にある美しさやおもしろさをそのまま引き出しているよというようなことを言われていました。
参加者みんなで枯れ葉を相手に細かな作業をしてみましたが、初日の講評会では短い時間に関わらず素晴らしい作品が提示されました。
ちなみに、私のはこんな感じ。葉の形を見ていたら、雲が水が流れるような感じを思いついたので、風で木がしなっている&それに向かっていく人という情景を。下側は水面にその光景が映っている感じですかね。

140121_2

二日目は、それぞれが持ち寄った素材による造形作品を箱に入れるという内容でした。なんとなく、空デの専門スク「素材の探求」を思い出しました!?
私は糸を使ってみましたが、一番シンプル(単純?)な造形なのに、なぜか一番遅い仕上がり。というか、実際は何とか間に合わせたという感じで、細部が仕上がっていないのですが...(苦笑)
午前中での試作に時間をかけ過ぎたのと、糸を針に通すのに手間取ったのが敗因でした。
古賀さんからは糸で次の作品を、と言われましたが、次の作品よりもリベンジしたい感じです(笑)
なので、二日目の制作作品の写真はパス!!

最後の制作作品でのやり切った感は少ないけど、講座以外にもいろいろとあった二日間で楽しみましたね〜


« LIXIL BOOKLET | Main | 月一の横須賀行き »

「学問・資格」カテゴリの記事

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ