« 京都での展覧会見学 | Main | »

March 02, 2014

ボレマンス展巡り?

先週末に京都に行ったのは、建仁寺の塔頭、両足院での展覧会を観に行くためでした。
展覧会のコンセプトは深いけど、こちらはそれ程深く考えておらず、そもそも、勉強不足で、ミシャエル・ボレマンス氏の作品はおろか、氏の名前すら初めて目にするような状況でして...(苦笑)
ともあれ、今回の見学のトリガを研究室にかけたこともあり(それだけが理由では無いですが)、京都まで足を運んで、先生/在校生の皆さんと作品を観てきました。

と、言いつつ、作品を近くで観れなかったので、近眼(もしかして老眼?)の私にはディテールは掴めなかったのですが、白と黒のコントラストを活かした作品のように思えました。個人的は、黒の濃淡のグラデーションが墨の魅力だと思うのですが、それがこの作品ではどのように表現されていたのかは、視力が追いつかず...

そんな京都での作品鑑賞のあと、この週末は原美術館での展示を観て、さらには展示最終日となるギャラリー小柳での展示を観てきました。
原美術館の展示は現在までに至る作品の流れの全容を提示するというもので、小柳での展示は一つのテーマに向かい合って作品を提示するというもの。
あくまでも個人的な感想ですが、アプローチは違っていても、一筋縄ではいかない独自の視点を感じました。観るものの心をザワザワさせる作品があるんですよね。京都の作品を観ただけだと、そのような思いにはならなかったような気がします...
また、ケントリッチの「時間の抵抗」を観た後だからかもしれませんが、時間(というか時間の経過)を作品に織り込めようとしているようにも感じました。
と、京都〜東京品川〜東京銀座と巡った展覧会も区切りを打つことができました!!

■京都での展示 ※写真撮影可能とのことで掲載しております
Img_8023

■原美術館
Img_6975

■原美術館の図録
Img_4116


« 京都での展覧会見学 | Main | »