« ボレマンス展巡り? | Main | »

March 23, 2014

先日、京都に行ってきました。
今年は月一ペースで行っているような感じですが...

メインの目的は本学通信教育部の卒業制作展を見に行く事でした。
当初は3月最初の週末に行こうと思っていたんだけど、仕事でいろいろあって翌週へシフト。
結果的にはシフトした分、いろいろ楽しめたんで良かったけどね。
楽しめたうちの一つは、これが見れたことかな。

■ 角屋もてなしの文化美術館

実は、勉強不足で去年になってから知ったところ。よく調べずに足を運んで、休館日(月曜日)だったり、冬期休業期間だったりと、なかなか館内に入れませんでしたが、先週京都へ行った3/15が、ちょうど冬期休業明け初日なのでした。ただし、二階は事前に電話連絡で予約が必要なことと、案内時間が決まっており、タイミングが合わなかったので、今回は見学しませんでした。
もっと早い新幹線で京都に入れば初回で見れたかもしれませんが、入館料以外に特別料金がかかるので、ケチったという話もアリ...(苦笑)
説明員が定期的に説明をしてもらえるので(拝観者が増えると舌も滑らかになる?)、角屋がどのような使われ方をしたのか、揚屋の役目とはなにか、など、いろいろと聞かせてもらいました。
茶室が間近で見れないのは残念でしたが...

Img_8627

Img_8675

Img_2596

ところで、大宮通りから島原大門まで向かう道は嶋原商店街となっていますが、意外と和菓子屋さんが多くて、目移りしてしまいました。
3/15〜3/17まで京都にいたんだけど、3/17は午後から会社に出勤するので、朝に宿を出たら新幹線乗るために駅に直行だったので、実質二日間。そのうち、観光地らしいところに入ったのはココだけかもしれない。
あっ、伊東忠太設計の本願寺伝道館を工事終了後に初めて見た気がする!?

Img_8600


« ボレマンス展巡り? | Main | »