課題制作・単位試験

February 23, 2013

「ファイナルプレゼンテーション」添削結果

今年度の作品課題提出最終締め切り(2/12)に送付した空間演出デザイン演習4の第二課題「ファイナルプレゼンテーション」ですが、先日サイバーキャンパスで確認したら既に結果が出ており、今日作品とともに添削結果が返送されてきました。
いつものことですが、なかなか手厳しい...

この科目の評価基準は下記のようになっていました。

・情報編集力
・情報伝達力
・独創性
・ブックデザイン
・プレゼンテーション

初めて見る人に伝わる内容/流れになっているのか、という点が一番大きな指摘事項でした。その視点で考えると独りよがりというか、不明瞭な部分が多々あります。
以前スクで作品を作ってプレゼンしたとき、「説明し過ぎるのはどうか」という指摘を貰ったことがありますが、それは作品を見た人に考える/興味を持たせる余地を与える必要があるのでは、という主旨からのコメントでしたが、あまりにも突き放し過ぎるとダメな訳で、その辺りのサジ加減を考えなければならないということでしょう。
そう言う意味では、第一課題もそうですが、自分の作品を客観的に見つめるという部分がまだまだ弱いですね...
最後に添削担当の先生から「納得のいく集大成となりましたか?」というコメント(問いかけ)がありましたが、これでは納得いかないので(笑)、まだまだ精進していかなければならないかと。
とは言え、この先どんな形で進めていくかは全然考えてませんけどね〜

February 13, 2013

最後(?)のテキスト課題提出

この12日は今年度最後のレポート/テキスト課題の提出締め切りでした。
で、残っていたのは4年次課題の「空間演出デザイン演習4」第二課題。
この課題は、卒制最終審査に望んだ作品/テーマ/コンセプトを織り込んで作成する必要があるので、必然的に(?)最終審査後に着手することになります。
そこで、最終審査の次の週末にガーッとデータ作成して、80%以上作業が完了していたのに、プリントアウトで手間取り(余白無し印刷が上手く行かず...)、しかも、急に思いついて追加作業までしてしまったので、先日の三連休まで作業がずれ込んだのでした...
三連休の初日でさっさと終わらせるつもりが、結局は締め切り前日の11日に宅配便の営業所に持ち込みとなって、余計なお金までかけてしまう次第。

そんな経過があり、課題提出は完了しましたが、卒展の準備がおざなりになってます。
準備作業としては、使用方法等の説明用パネルとブックレットのデータ作成&印刷(パネルをA2サイズにするなら業者へのお願い)、Web卒展用のデータ準備(作品撮影込み)、そして最終審査後の展示相談での宿題も。で、出来れば作品の一部を作り直したいという思いも有り...(こちらは材料を準備済み)

卒展開始前にWeb卒展のデータアップロードと搬入物の発送を済ませなければならないのだが、無事に終わるかなあ!?

ところで、久しぶりに右の「空デ課題部屋」にデータ追加しました。
「空間演出デザイン演習4」の第一課題となります。

November 26, 2012

「卒業制作研究ノート」添削結果

ちょっと遅くなりましたが、空間演出デザイン演習4の第一課題の添削結果について。
この科目の添削を担当された先生が卒制4のスクの担当だったのに、演習科目のことは何も言われなかったのはちょっと残念...

で、この科目の評価基準は下記のようになっていました。

・調査分析力
・情報編集力
・情報伝達力
・プレゼンテーション
・ブックデザイン

総じてみると、そこを見ているのか、というような、細かな部分に注視していることに驚かされたかも。自分だけが納得している(納得してしまっている)部分が無いか、客観的に見つめるのが必要なんですよねえ...
いずれにしても情報を整理して、優先度を付け、何を伝えようとしたいのか、という情報デザインの立ち位置を再認識させられた感じです。
で、一部ですが、こんな内容です。

Kennkyu121021_3

Kennkyu121021_7

October 28, 2012

空デ演習テキスト課題「卒業制作研究ノート」

先週末は卒業制作3スクの事後報告と空デ演習テキスト課題「卒業制作研究ノート」をやってました。
なので、製本用の紙購入と食事の買い出しなど最低限の用事以外は外出せずに作業してました。

でも、スク事後報告のほうは、締め切りの日曜日24時に対して、土曜日の夕方で早々に終らせたのに、アップロードした資料が前回報告のもので、先生からの指摘で気が付いて提出期限後に差し替えさせてもらった次第。
テキスト課題の方も土日で6〜7割くらいしか完了しなかったので、月曜日と火曜日の夜にやろうかと思ったけど、帰宅時間後の作業ではそれほど進まない...
徹夜をする体力(気力?)も生まれず、来月に持ち込もうとおもったけど、たまたま仕事のタイミングと合致したことから水曜日を年次にして残り作業をしました。(うちの部署は年次取得実績が悪く目を付けられているので、取得機会を狙っていたのでした!?)
で、水曜日(10/24)は、宅配営業所への持ち込み目標を18時にして作業開始。途中、日曜日に買った出力用紙では紙厚が薄いと言うことで、近くの家電量販店へ再度買い出しに。とりあえずエプソンのフォトマット紙(A3サイズ)があったので助かりました。
でも、目標時間過ぎて慌てて作った表紙が斜めに出力されており、それに気付かないまま最終作業に突入してしまったので、後戻り出来なくなってしまったのでした...(泣)
営業所の終了時間と当日配送閉め切り時間を間違っていたので、表紙の作り直しができたんだけど。ちょっとそれが悔やまれましたが、ともかくもテキスト課題を提出したことで、ここ暫くは来月の学業イベント(中間...)に専念、というところでしょうか!?

といいながらも、昨日(10/27)は東京都現代美術館に行ってしまったのですが...

October 20, 2012

無人さん第二課題の結果

先の週末のスク明け。
『空間演出デザイン演習Ⅲ-2「無人コミュニケーション制作編」』の添削結果がサイバーキャンパスに掲示されていました。
この課題における評価ポイントは下記の通り。概ね第一課題のときと同じ観点での評価となってました。

■ 課題の理解:A 
■ 企画の独創性:A
■ イメージ表現:A
■ 完成度:A
■ プレゼンテーション:B

通りがかった人が、なぜここで売っているのか、どんな人が売っているのか、と興味や好奇心を持つことがコミュニケーションの原点になっているのでは、ということと、周囲の樹木や看板を取り込むことで界隈がまとまった3次元空間としても成立していることが、評価されていたようです。
でも、Sには到達していませんけど...(苦笑)

July 23, 2012

「無人コミュニケーション」第一課題の添削結果

この記事に書いていた、今年度最初に提出した空デ専門テキスト課題「無人コミュニケーション」(通称:無人さん)の第一課題「企画編」の添削結果が学習メニューにアップされました。
課題をweb提出すると添削結果もweb上でしか提示されないので、何か寂しい...
でも、しっかりと(厳しい内容の)講評を頂きました!?

この課題の評価基準は下記のような項目となっていました。
1.課題の理解
2.調査情報量
3.計画の論理性
4.独創性
5.プレゼンテーション

多くの指摘事項があるので(汗)、全部を書き出せませんが、主な部分を整理してみると、
・無人販売とする説得力が弱い
・設置場所の設定理由とその説明のための調査が不足している
・当たり前のビジネスシステムの説明でしかなく、無人でコミュニケーションを取るという状況まで至っていない
・無人販売所があることで、そこにどのような「空間」が立ち現れてくるのかを考えて計画すべき

というところでしょうか。
最終締め切りが7/25だったので、6月提出として練り直ししていたとしても、指摘事項全てをクリアしていた気がしないので(苦笑)、自分に足りない部分が把握できたと思って、第二課題に頭を切り替えます。でも、卒制と並行作業なので、7月提出ではなく、8月提出を目指すことになりそうですが...
提出した課題は「空デ課題部屋」へアップしておきます。

評価結果と言えば、5月に受けた総合科目スクの「都市空間研究a」が合格となってました。
「無人くん」は二つの課題の合格後、卒制は一年分の一括判定なので、この総合科目スクが今年度最初の単位取得となりました。

June 25, 2012

この週末で「無人くん」第一課題提出完了

この週末は、土曜日の外苑キャンパスでの独り学習会&オープンゼミ相談で何とかエンジンがかかったので、日曜日もその余韻を引きづってモチベーションが維持できたみたい。
なので、朝昼兼用のブランチ買い出し以外はプチ引きこもり状態となりながらも、何とか専門テキスト課題を提出することができました!?

でも、実はWeb提出できることを気付かずに、宅配便の受け付け締め切りをタイムリミットとして作業をしていたので、制作完了となった時間からWeb提出の締め切りまではまだまだ余裕があり、じっくりと見直しができたんだけど、一通り作業完了した時点で提出してしまいました...
ブレブレの要素が多々あったので、見直しを始めたら大規模な修正作業に突入して、Web締め切りもタイムアップしそうな気がしたんですよねえ〜(苦笑)

ともあれ、この課題提出で卒業制作の本着手条件をクリアしました。
後は、卒業条件を淡々とクリアするだけ。と言っても、期限の制限に加えて、長期間の戦い(?)となる卒業制作が残っているので、まだまだ苦難が続く感じです...
どのタイミングで制作が「楽しみ」に転換されるのかなあ〜

下の写真は、岩手銘菓の「かもめの玉子」ですが、りんご味は初めて知りました!?

Ts3w0984a

とある個展のDMとコラボされてしまいました!!

Ts3w0985a

とある展示会とはコレ。空デ繋がりで紹介頂きました。

■ 出口春菜 作品展 「手のひらのノクターン」
■ 会期 2012年7月16日(月)〜21日(土)
     11:30〜19:00(最終日は17:00まで)
■ 場所 GALLERY HOUSE MAYA
     港区北青山2−10−26

June 10, 2012

スクレポ&スク事後報告の提出完了

更新頻度が更に下がってきました...

5月の後半は週末のスクが二週続いて、会社休みでもいつもと変わらず起床時間だったけど、6月はスクが無い月なので、週末は少し(かなり?)遅くまで寝ていることができます。
と言っても、課題はやらなければならないので、のんびりとはしていられないのですが...

そこで、先週の週末からは総合科目スク「都市空間研究」のスクーリングレポートを作成していました。A4サイズで、三日間で廻った日本橋、上野公園、そして横浜山手のそれぞれの場所から最低一つの近代建物を取り上げ、それに加えて自分の近所の建築を取り上げるという条件を満たしていれば、どんな内容・形式でも構わないと言うことで、冊子状にまとめてみることに。
土日でさっと作ってしまおうというもくろみが、先週の日曜日は午後から所用があったので中断。その分、平日の帰宅後に一時間程作業を続けることとなり、結局は金曜日に郵送した次第です。
文章の内容薄いのを写真でごまかした感アリ...(苦笑)
11日が締め切り(消印有効)だったので、もう少し粘れたけどねえ。
中身はこんな感じです。

Toshikukan01_2

Toshikukan02

Toshikukan03

Toshikukan04

Toshikukan05

Toshikukan06

Toshikukan07

スクレポの次は、この日曜日(6/10)の24時までに専門スク「卒制1」の事後報告をWebサテライトから提出する必要があったので、昨日はその作業をしていました。
テーマ発表とその後の教員相談で方向性が見えてきたような気がしたけど、時間を置いて考えると、テーマの必然性の弱さが見えてきました。テーマ/コンセプトをすっ飛ばして、こんな作品が面白そうというところに走ってしまい、発散しているという状況ですね...

直近の締め切り分の作業が終わったので、次は25日の締め切り提出を目指して専門テキスト課題「無人コミュニケーション(無人さん!?)」の第一課題です。並行して卒制も考えなきゃね!!

March 08, 2012

「五感の空間デザイン」第二課題の添削結果

先日の記事で書いた空デ専門課題「空間演出デザイン演習3−1」(「五感の空間デザイン」)の第二課題の添削結果について。

この課題では、和菓子を気楽に楽しめる場をコンセプトとしたカフェとしたのですが、添削コメントを総括すると、「総論」(方向性)は良いけど詳細が練れていないということと、いろいろなアイデアを盛り込んでいるけど、その分主題がぼやけているということでした。
ちなみに、この課題での評価基準とコメントは、下記の通り。

■ 課題の理解:第一課題より要素を絞り込んでいるが、新しい魅力へ昇華できていない。(B)

■ 企画の独創性:個々のアイデアは良いが、主題への貢献がなく、バラバラの印象がある。(B)

■ イメージ表現:ロゴやカラーリングはまとまって、フライヤーも良いが、主題が明確でないので進展がない。(B)

■ 完成度:一定の完成度はあるが、模型の制作精度を上げて欲しい。(B)

■ プレゼンテーション:解りやすくまとまっているが模型の精度が残念。(B)

最近は、一本芯が通ったアイデアが生まれたら、それに枝葉をつけていくという感じではなく、断片的に浮かんだアイデアを肉付けして、なんとか同じベクトルに持って行くというやり方になってしまっているので(専門科目の作品も総合科目のレポートも)、なんか寄せ集めのようになっているんですよねえ...
良い部分はあると言われているのは嬉しいけど、それ以上に改善要素が多いとのことで。
でも、前回同様に、提出物のコピーへ細かい指摘事項を朱書きした形で返却して貰い、改善事項が明確となりました。
スクのようにテキスト課題も特別履修で同じ科目を受けることができたら再チャレンジしてみたいものですが、現実的には卒制などで時間が取れないでしょうねえ...
なによりも三年次課題は課題のボリュームがあり、片手間では対応できませんから。
心の中では、卒制スクの課題作品集を作ると言う観点では、何かしら見直しをしたいという気持ちもありますが...

March 06, 2012

今年度の最終提出課題の返却

2月の最終締め切りに提出した空デ専門課題「空間演出デザイン演習3−1」(「五感の空間デザイン」)の第二課題が返却されてきました。
正確には、返却されたけど、ポストに入らずにJP(N本郵便)が「お持ち帰り」してしまったので、この火曜日に不在郵便として引き取りに行った次第。書留などではない普通郵便なら宅配ポストに入れておいて欲しいと言うのがホンネなのですが...

で、添削コメントなのですが、詳細は別の機会で記載しますが、
「総論」(方向性)は良いけど詳細が練れていないということと、いろいろなアイデアを盛り込んでいるけど、その分主題がぼやけているということが一番の指摘事項でした。
文頭で「この部分は良い」と言って頂いているんだけど、その部分を突き詰めて行くと単なる言葉の羅列になっていたり、他の要素と相反するようなものになっていたり、というのが残念というようなコメントなのでした...
時間が短くても、キッチリと整理する人もいるのに、時間的に余裕があっても整理できない自分にもどかしさを感じてしまいます。成長してないですね...(泣)
頂いた添削コメントを次へと活かせるようにしたいものです!!

ともあれ、反省含めて、詳細を又の記事で書けたら、と思っている次第です!?

より以前の記事一覧

February 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

情デ課題部屋

  • ここでは、過去に提出した専門課題の作品を掲載しています。 必ずしも評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。 ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の 英字4文字を入力してくださいね!!

空デ課題部屋

  • ここでは、空デ専門課題の作品を掲載しています。(未整理です) あいかわらず、評価は良く無いですが(苦笑)、反面教師としてください。ユーザ名/パスワードが必要ですが、本学生なら良くご存知の英字4文字を入力してくださいね!!
無料ブログはココログ